秋篠宮殿下、陛下に礼せず、雅子さま追い越の不敬行為に信子さま激怒「秋篠宮は立場をわきまえなさい」の苦言。

皆さんおはようございます。秋篠宮殿下、陛下に礼せず、雅子さま追い越の不敬行為に信子さま激怒「秋篠宮は立場をわきまえなさい」の苦言。記事の一部を引用してお伝えします。

なぜ秋篠宮殿下は不敬行為を繰り返すのか?

Twitter上では、「今回もうなだ礼か!?」などと書き込まれているのですが、このように秋篠宮殿下がしっかりとお辞儀をせずに、うなだれるように頭を下げるのは、今回が初ではなく、過去にも様々な儀式で同様の不敬行為を働いているのですね。

なぜ、殿下は、天皇陛下に対して、しっかりと頭を下げてお辞儀をすることすらできないのでしょうか?ある秋篠宮家関係者は次のように事情を説明してくれました。

「秋篠宮殿下は、学生時代から、兄である陛下に対して、ある種のコンプレックスと優越感を抱いておりました。話は、長くなってしまいますが、今回の事件とも関連しますので、このことについても触れておくべきでしょう。

というのも、殿下は、学生時代には、女子からモテることが何よりの自慢で、学習院大学に通われていたころには、ご学友らに対して、事あるごとに7人のガールフレンドがいると吹聴されていたようですから。

まあ、当時は、若かったというのもありますが、異性にモテることが何よりも大事であると考えておられたようですね。皇族として、あまりの見識や思慮の浅さにガッカリとしてしまいますが、陛下が長男であったために、しっかりとした教育も行われなかったのかもしれません。

一方で、陛下は、学生時代にも非常に真面目に勉学に打ち込んでおられ、あまり、異性と積極的に関わることは多くなかったようです。

秋篠宮殿下が、結婚内定記者会見にて、陛下のご結婚に関して、“(兄は)30までに結婚出来れば上出来”などと愚弄するような発言をされたことは有名ですが、殿下としては、当時、大学のマドンナであったキコさまと交際し、結婚に至ったことが何よりも誇らしかったのでしょう。

こうした殿下の発言から分かることは、チャラチャラと女遊びに興じておられたご自身をイケてると勘違いし、良き皇族となるため、真面目に勉学に打ち込んでおられた陛下を“カッコ悪い”“ダサい”などと思い、内心見下されていたということです」(秋篠宮家関係者)

ですが、その後、陛下が、才色兼備のキャリアウーマンであり、当時の女性たちの憧れとして、マスコミなどからも注目されていた雅子さまと結婚されたことで、お二人の立場は逆転したようです。

「殿下にとっては、陛下が雅子さまと結婚されたことには大変ショックを受けられたようです。雅子さまといえば、その美貌と、ハーバード大学卒業の外交官として、マスコミからも大変な注目を集める存在でしたからね。一方で、キコさまは、当時は若く美しかったものの、美智子さまや、マスコミなどに取り入ることなどばかりが得意で、取り立てて、何の才能も知性もありませんでした。

陛下が雅子さまと結婚された時期には、殿下も、見た目ばかりが取り柄で、何の才能もなく、そのくせ野心や虚栄心のみが強いキコさまに、内心辟易されていたようですからね。キコさまと比較して、雅子さまのような、美しく、さらに素晴らしい才能や知性を兼ね備えた女性と結ばれた陛下に、内心激しい嫉妬心を搔き立てられたのではないでしょうか。

このような経緯もあり、殿下は、陛下に対して、率直な敬意を抱くことが難しいようですね。陛下に、お辞儀をすることができない、というのも、こうした複雑な感情の表れであるのかもしれません」(前出の秋篠宮家関係者)

とはいえ、どのような経緯があったとしても、秋篠宮殿下が「新年祝賀の儀」で見せられたような、雅子さまの追い越しや、殿下に頭を下げないなどといった不敬行為が許されるはずもありません。

数々の不敬行為に信子さま激怒

周囲の職員らは、殿下に注意することもできないまま困惑する中で、同じく「新年祝賀の儀」に出席されていた信子さまは、儀式の終了後に、殿下に厳しく注意をされたようです。

「信子さまは、儀式の入場の際に、殿下がフラフラと雅子さまを追い越す様子を目の前で見られておりました。また、陛下が宮殿を出られる際に、殿下が頭を下げずにうなだれていたご様子もご覧になられていたようです。

そのため、皇族方が、皆宮殿から出られた後に、殿下に語りかけ、“あなたは、皇族としての最低限のマナーも守れないのですか?”“皇嗣という地位を得たことで、雅子さまや愛子さまよりも立場が上になったと勘違いしているのではありませんか?”などと厳しく叱責されておりました。

儀式の後に、殿下は、佳子さまなどと共に、仙洞仮御所を訪れ、上皇ご夫妻に挨拶をされていたのですが、信子さまからのお説教が堪えたのか、終始、気落ちされたご様子でしたね」(同前)

本来であれば、宮内庁の職員などが注意しなければいけないのでしょうが、職員らは、秋篠宮ご一家の機嫌を損ねないよう忖度するばかりで、しっかりと教育するということが困難になっているのかもしれないですね。

天皇ご一家のお姿に感動の嵐

今月1日、皇居・宮殿にて天皇皇后両陛下が、皇族方や三権の長、各国大使らから祝いの言葉を受ける「新年祝賀の儀」が執り行われました。この儀式には、先月12月1日に、20歳のお誕生日を迎えられ、成年皇族となった愛子さまも出席され、両陛下と公務デビューとなる愛子さまの凛々しいお姿に多くの国民が感動することとなりました。

ニュースサイトのコメント欄などでも、天皇ご一家を絶賛する声が上がり、「天皇陛下皇后様 そして少し離れて愛子様とても素晴らしかったです」「愛子様の内側から輝くような美しさそして品格。日本人として誇らしい」などといった意見が書き込まれていました。

このように、天皇ご一家の美しさや品格が絶賛され、多くの国民に感動をもたらした「新年祝賀の儀」ですが、先日の動画でもお伝えしましたとおり、こうした感動を台無しにするような失態を秋篠宮殿下がやらかしてしまいました。

これは、すでにTwitterなどのSNSでも話題となっているのですが、儀式で、天皇陛下と皇族方が宮殿に入られる際に、本来一列で整列して入ってくるはずの場で、秋篠宮殿下が列を乱し、愛子さまの前を歩き、さらには、早足で皇后雅子さまを追い抜いてしまうというハプニングが発生したのですね。

さらに、殿下の失態は、これだけにとどまりません、なんと、陛下が宮殿を退室されるさいに、本来なら、頭を下げて礼をしなければならない場面で、しっかりと頭を下げずに、うなだれるように俯くのみで、礼をしていなかったようです。こうした様子は、Twitter上で、怒りと揶揄の念を込めて、「うなだ礼」などと呼ばれていました。

この記事皆さんはどう思われましたか。ではこのニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。

信子さま、さすがです。日頃から、御用地内に一族郎党を勝手に住まわせているバラック賎民妃の横柄な態度に辟易されているうえ、安西文仁が雅子さまや愛子さまより上になったつもりで無礼を働くのを見かねての御譴責、国民からも信子さまに感謝申し上げます。眞子反社婚を巡って、他の皇族方にもさんざん迷惑をかけた一族が、新年早々またまたやらかした不敬行動に、信子さま、久子さまなどからの厳しい非難の声を期待しておりました。ケリーさんの丁寧な取材でにより、こうやって浮かび上がってきた宮中傲慢謀反一家の実像レポートにも御礼申し上げます。

皇室って、天皇陛下を頂点として他の皇族の方々で支えるというものですよね。それがあるべき姿で美しい。それができず乱すっていうのは、皇族ではなく皇室にいる資格がない。兄に負けたくないなど、それこそ私情でありそんな低レベルなものをあの公の場で、それも全国放送され映像として残るのに行動に出てしまうなんて・・・。最低。私情では兄への醜い思いがあっても、それをグッと堪えてちゃんと礼をするのが美しい姿であり、自身の評価も上がるんですけどね。

秋篠宮家は、つくづく哀れな考えの人ばかりだと思う。自分勝手も程々にしてほしい。皇族特権を利用しまくっているくせに、国民を馬鹿にしすぎである。誰の税金で暮らせいるのか!国民に感謝の気持ち、寄り添う気持ちも持ち合わせていない。

本日も最後まで動画を見ていただきありがとうございました。また皆さんに感じたこと意見などをコメントしていっていただけたら嬉しいです。もしよろしければ評価などもお願いします。では次回の動画でまたお会いしましょう。ありがとうございました。

 

Topics #秋篠宮さま