先月10月21日、秋篠宮家の長女・眞子さんの夫・小室圭さんが念願のNY州司法試験合格を果たし、ホッと一安心となったかと思いきや、現在、皇室の内情はとんでもない状況になりつつあるようです。

「週刊女性」(2022年11月15日号)は、「皇籍離脱まっしぐら かこさますがる父の名言」と題する特集記事を掲載し、かこさまが、皇籍離脱される計画を立てていることを報じました。

「19年3月に大学を卒業されたかこさまは、大学進学や海外留学などの進路はもちろん、就職先すらも定めておられないようでした。

その年の夏、皇嗣職の定例会見が行われた際には記者から、普段いったい何をされているのか?大卒女性が社会に出ていちばん忙しい時期なのに、ご本人はどのように過ごされているのか?といった質問が上がったほどです」(宮内庁関係者)

21年5月、全日本ろうあ連盟に非常勤属託職員として就職されたかこさま。リモート中心だという勤務の全容は明かされなかった。

新型コロナウィルスの感染者数が減少傾向となった今年の春ごろから、秋篠宮ご夫妻をはじめとする皇族方は地方公務を再開された。

「今年7月、かこさまは全国都市緑化祭に出席するため、北海道へ。首都圏以外へ足を運ばれたのは約3年ぶりでした。以来、お出ましの機会を日ごとに増やされています。ただ、コロナが収束しつつあるとはいえ、この急激な変化には、違和感を抱かずにはいられません」(前出・皇室ジャーナリスト)

皇室制度に詳しい静岡福祉大学の小田部雄次名誉教授は、かこさまの積極的な姿勢について、こう見解を示す。

「近い将来、皇室を離れるにあたりこれだけ自分はやってきたという証拠づくりをされているかのようにも見えます。ご熱心な活動が、公務さえやっていれば結婚は自由といった解釈の延長にあるとすれば非常に残念です」

眞子さんは、約1億4千万円の一時金を受け取らず、いっさいの儀式を行わずに、類例を見ない結婚を果たした。

国民の理解と納得を得られたとは言い難く、昨年11月に行われた秋篠宮さまのお誕生日会見では「皇族としての『公』と一個人としての『私』など、皇族のあるべき姿が議論されましたが、殿下はどのようにお考えですか?」と質問されるひと幕も。

これに対し、秋篠宮さまは「一連の娘の結婚のことが、うまく公と私に当てはまるのか」と反論し、こう続けた。

「彼女は結婚するまでの間、皇族でいる間、公的なものと私的なものとの場合には、常に公的なものを優先してきていると私は思います。これは海外の訪問も含めてですね」

それまで公務に励まれた眞子さんが仮に『私』を優先させているということになれば、「20年た

っても結婚はできない」とも付け加えられた。

「殿下は、記者が尋ねていないにもかかわらず、女性皇族が男性皇族と異なり皇室会議を経ずに結婚できることに触れ、その点でも公と私は格が違ってくる とも述べられました。 女性皇族は『私』が優先されてしかるべきだと念押しされたかったのでしょう。

「皇嗣」としてよりも1人の父親としての思いが前面に出た迷言だと受け止めた人は少なくなかった…… ただ、皇籍離脱を夢見るかこさまが、このご発言にすがりたくなるお気持ちも理解できます」(前出・宮内庁関係者)

公と私に対する秋篠宮さまのご発言が、かこさまが公務をこなされる意欲の源なのかもしれない。しかし、前出の小田部教授は疑問を呈する。

「皇室の「公」とは、国民の象徴としてふさわしい 公的な存在という意味で、欧州貴族の『ノブレス・オブリージュ」に似ています。皇室の権威の源泉は、私生活でも国民の象徴としてふさわしい振る舞いが求められること。 公務さえやっていれば、私生活が自由になるというわけではありません。 ましてや公務の目的が、私生活を充実させるためなのであれば、国民から皇室への崇敬は損なわれていくと思います」

父の言葉と国民の願いを胸に、かこさまは今日も公務に邁進される――。

ひさひとさまも皇籍離脱の可能性

最近のかこさまの公務に対する姿勢の変化は、ネット上でも、「なぜ、突然、公務に邁進されるようになったのか?」と疑問の声が上がっていたのですが、どうやら、今後、皇籍離脱される計画について考えた上で、可能な限り国民からの批判を交わしたいという思惑が裏にあるようです。

また、このように皇籍離脱の可能性が囁かれているのはかこさまだけではありません。現在、皇位継承順位2位のひさひとさまも、皇位継承せず、皇籍離脱される可能性もあるのではないか?と報じられています。

現行法では、ひさひとさまが独身のまま過ごされれば、いずれ皇位継承者は途絶えてしまう。しかし、それ以前に、ひさひとさまが皇位を継承しないまま、皇籍離脱される展開も考えられるという。

「『皇室典範』の第十一条二項では、親王、内親王、王および女王はやむをえない特別な事由があるときに、皇室会議で認められたら皇族の身分を離れることができると規定されています」

条文には《親王(皇太子及び皇太孫を除く。)》とただし書きがあるが、裏を返せば、皇位継承順位第1位(現在は秋篠宮さま)以外には適用されるということ。もちろん、ひさひとさまも該当者だ。

「特別な事由というのは原則として、皇室の品位を著しく損なう振る舞いがあった場合など懲戒的な意味合いが強いです。

ですが、親王が皇籍離脱を希望しますなどと公言された場合も特別な事由に該当するでしょう。皇室会議では、基本的に皇族方の意思が尊重され、否決されることはないと思います。

つまりルール上、ひさひとさまがご自身の意思で皇籍を離れることは可能なのです」

未来の天皇という重責を背負う青年の前には、もう1つの道も存在している─。

お誕生日会見で、一斉に皇籍離脱宣言か?

将来、天皇の地位を引き継ぐことになると考えられているひさひとさまが、本当に皇籍を離脱されることなど、あり得るのでしょうか?

「可能性としては、十分に考えられるでしょう。特に、今年の秋篠宮殿下の誕生日会見では、驚くべき情報が公表されるという不穏な噂が以前から流れています。

宮内庁職員の中には、キコさまに愛想を尽かせた、秋篠宮殿下、かこさま、ひさひとさまが、一斉に、皇籍離脱を宣言し、キコさまを残して、皇室からいなくなる、というような最悪の事態を想定している者すら少なくないそうです」(宮内庁関係者)

注目の集まる秋篠宮殿下のお誕生日会見ですが、皆さんは、一体、どのような発表がなされるのだと思いますか?

「100日後に潰れる秋篠宮家」
5月18日に潰れるはずだったのに、まだ残っているのが残念。

でも、特権依存症の秋篠家の人、皇籍離脱したら生活出来ないから、しぶとく残る感じがする。
安西孝之さんちにいって、昭和電工の役職を貰って判押し位はできるかも。
その時は、美智子さんも一緒にね。

キコさん、もう少しで鬱病になり引き籠るって占いに出てたね
こちらは大いに期待ルンルン(人´ з`*)

馬子が一時金を受け取らなかったという報道は上辺だけ!パラグアイかどっか南米の極貧国から何故か同額のお金もらってたよね、それが一時金!
どうせ鹿子も皇籍離脱しても馬子と同じでなんか理由つけて税金垂れ流し・・・
秋はテンノウになる気はないようだけど特権なくなるしそれを失いたくないし、鬼子のバックにいる輩がそんなの許さない。結局、秋も鬼子と鬼子のバックにいる輩からうまく利用されているだけでしょう。知能があれだからつけこまれやすい