ちなみに2009年の文芸春秋から出版された秋篠宮が天皇になる日という記事を国会図書館から取り寄せてみました。この時期は上皇さまが天皇陛下になられ20年が経過していましたが胸部の異変を感じられて公務を休まれた時だったようです。

それで羽毛田宮内庁長官が記者会見をしてポリープが大きくなっていたということでその中で雅子さまに対するメディアの論調に傷つかれたことも発表されたようです。この頃は雅子さまへの最後通告といった記事が出ていたようです。

雅子さまへの人格否定発言が2004年だからそこからまだメディアの雅子さまへの批判的な記事が止まらなかったんでしょうね。実は2009年2月にも羽毛田宮内庁長官が皇太子一家が天皇皇后のもとへ参内(さんだい)する回数が増えていないと記者会見で述べたようです。

宮内庁長官が現在の天皇陛下にもっと上皇ご夫妻に会いに行かんかいと苦言を呈したわけですね。当然宮内庁長官が独断で言うわけがないから恐らく美智子さまが会いに来いと言ったのかもしれませんね。

ただ2006年の誕生日会見でも天皇陛下が皇太子一家に参内が少ないと言及していたようです。まぁ人格否定発言の犯人が美智子さまということでなるべくあいたくなかったんでしょうね。

ただそれが秋篠宮ご夫妻は天皇家とよく会いに行ってるし皇太子一家は会いに行かないのかと批判的な記事になっていたようです。天皇陛下も高齢になってきて皇太子に代理公務でお願いする気もあったのかもしれないですがいろいろ複雑な事情があったんでしょうね。

実は2006年に秋篠宮さまは天皇の公務について天皇という立場でないと出来ないものも数多くあると思いますが年齢的に見てもそれらの多くのお務めをされるのは非常に大変ではないかということを感じた一年でしたとのべたようです。

まぁ何なら私が出来る公務はしますよと言った感じでしょうね。さらに翌年も天皇陛下のお仕事の全体を把握しているのだろかということと年齢が上がることで負担を減らす必要がという発言もしているようです。

それに対して皇太子は陛下の年齢を考えるとお仕事全体の量をよく把握しながらご公務の調整をしていくことは大切なこととして私としては陛下がもう少しお休みになれるお機会をお作りしごゆっくりしていただくことを周囲がよく相談して陛下の気持ちに沿う形で進めていくことが大切と考えますとのべたようです。

これが具体的なことは何も言っていないと批判的な記事が出て秋篠宮さまの方が評価が高かったようですね。そりゃ皇族は政治的発言が出来ないから私が代わりに公務をやるんで休んでくださいねとかは勝手に言えませんからね。

それが積極性に乏しということで批判的な記事でした。ちなみにこの時の天皇陛下も誕生日会見でオランダに静養に行った時に苦言を呈したものと一方的に解釈した報道がなされて私の意図と全く違うような解釈が行われるとこの度の質問にもこれ以上お答えできないと答えたようです。

この時は公務を休んで運動会を応援したり乗馬や高級レストランで食事をすることに対して国民への納得いく説明はされていないと批判していますが乗馬って今では馬アレルギーって報道されていることに対しても反論してほしいですよね。

しかも公務と言っても国事行為以外の公務は宮内庁の手柄になるだけで本来は公務でも何でもないですからね。新しい公務を持ってきたら各省庁の出向組の官僚の宮内庁職員の手柄になって公務が減ったら原点になるから文句を言ってるだけでしょうね。

ちなみに天皇陛下と秋篠宮さまの幼少期の頃の記事も書かれていて天皇陛下はなかなか友達の集団にはいっていかないけどもひとたび中に入ればやさしさと思いやりで誰からも好かれるようです。

逆に秋篠宮さまは動物好きで羊にまたがって歩き回ったり何種類もの両生類を飼っていたが時々脱走騒動を起こしていたようです。そして小学校低学年のエピソードは有名ですよね。

冬に秋篠宮さまがペットを飼っているときにテンジクネズミを池で泳ぐかと思って泳がせたら心臓まひで死んでしまったようです。それでその時に父が通りかかったから何をしているのか聞くと泳がしたら死んじゃった答えたようです。

それを聞いた上皇さまが秋篠宮さまを池に放り込んだようですね。逆に天皇陛下が高校生の頃は父母面談で担任の先生から作文に喜怒哀楽や感情表現に乏しく気持ちが伝わってこないと担任の先生に指摘されたようです。

まぁこの頃から慎重に言葉を選びながら作文を書いていたのかもしれませんね。その時に美智子さまが私も細かい点まで注意するようにしたためのびのびとしたところが多少不足するようになったのかもしれませんと述べたようです。

それで逆に弟の秋篠宮さまは逆にたづなをゆるめすぎたようですけれどと答えたようです。ちなみに秋篠宮さまはざっくばらんな性格でリーダーシップもあってプロレス好きで当時人気があったスタンハンセンの真似が大得意でしたと紹介されていました。

担任の先生の真似とかも上手かったようです。まぁそういう生徒はクラスの人気者でいましたがそれで普段はしっかりしていれば人間味もあってよかったのかもしれませんがどう考えても不正だらけの一家ですからね。

しかも大学生の頃は宮家の家でみんなでお酒も飲んで夜中二時くらいに酔っぱらって秋篠宮さまから今から来いよって電話をかけてきたりしたこともあったということで常識が全くない大人に育ったことが分かりますよね。

ちなみに天皇陛下がイギリスに留学した時には秋篠宮さまが心配だなぁ兄は変わってきちゃうんじゃないか。兄には5人ぐらい子供を作ってもらわないと心配だと語っていたということで天皇になる気が無かったことが伝わってきますね。

ただこの記事では兄が結婚が遅れたことを考えると人間洞察力があったのだと思いますということと秋篠宮さまが皇統の運命を心配してプレッシャーを十分に感じていたことは間違いないようだと褒め記事になっていました。

そして秋篠宮さまが大人になった瞬間として天皇陛下の人格否定発言であの時に秋篠宮さまは発言する前にせめて陛下とその内容について話をしてその上で話をするべきではなかったかと思いますと述べているわけですね。

ただ人格否定発言の張本人が上皇ご夫妻なわけだから当然相談なんて出来るわけないですよね。それで天皇陛下や皇太子殿下が行事に出席されたら新聞に出ますが秋篠宮さまは報道されないことも多い。

それでも目の前の仕事をひとつひとつ務めてこられたと語られているのでこういった報道されない期間があったから今は公務に出まくってアピールしているのかもしれませんね。ただ逆効果でしかないですけどね。

それで秋篠宮さまの良いところは普段お世話になっている宮務官や女官などを招いてねぎらいの会があるのですがその時に40年前に辞めた元女官まで声をかけて同窓会のようなものをやるようです。

それでOBやOGは楽しみにしているようです。まぁ秋篠宮さまはアルコール中毒だからセクハラとかも心配ですけどね。ちなみに天皇陛下は戦争に対する追悼と異例を続けていかなければいけないという話題でキコさまの母親の意外なことについても書かれていました。

キコさまが那須に行かれた時のことが書かれていて格別な思いがあったのではないかということでキコさまの母親の川嶋和代さんは幼い時に満蒙開拓(まんもう)の引揚者が戦後那須の開拓したして作った千振開拓地(ちふり)があります。

実はここが今の那須なのですがそこにキコさまが行かれた時に格別な思いがあったのではとかかれていました。これは美智子さまがの誕生日会見の時のお言葉だから宮内庁のホームページにも記事が載っています。

ちなみにまた秋篠宮さまの褒め記事でニワトリの研究で国立総合研究大学院大学から理学博士号が授与されたということでここは凄い審査が厳しいのに凄いと褒め記事で天皇陛下に関しては登山やマラソンが趣味で1ヶ月に100キロ以上走ったことも自ら会見で述べている。

登山やマラソンでは孤独が深まるばかりだろうと下げ記事のように書かれていました。ちなみに秋篠宮さまはタイでなまずの研究ということでシリントン王女と共に共同研究のプロジェクトリーダーを務めていると紹介されていました。

なんか怪しいですね。ちなみにこの時愛人と言われていたのはタイの水産局の女性でパノム・ソスクさんという女性のようです。この女性が当時の秋篠宮さまについてはまだ20代で魚類に興味を持ち始めた学生のようでしたと語っています。

それでその女性は道具をそろえたりアシスタントをしていたようです。休憩時間にはコーヒーを飲んだりタバコを吸ったりリラックスして日本語でジョークを言って笑わせていたということですが日本語が分からないので何と言っていたのかはわからないようです。

さらに次にお会いしたのはイギリスのオックスフォードに留学中ということでその女性はスコットランドに留学していたようですが侍従から電話があり誘われたので夫と一緒に会いましたと書かれていました。

まぁ付き合っていたら不倫になりますからね。付き合っていても言えませんよね。それにイギリスでまた会っているのも不思議ですね。やはりお金を渡してそういう関係だったのかもしれませんね。

ちなみに秋篠宮さまとタイのプミポン国王のことも書かれていました。プミポン国王への面会は通常は10分とか15分しか許されていないのですが秋篠宮さまだけはタイへ訪問するたびに二人きりで1時間以上話をしていたようです。

これはかなり異例のことで何かあるのだろうということですね。まぁこの愛人が噂された助手の話なのでやはりシリントン王女との関係が関わっているのかもしれませんね。こないだ3日間タイの王女と面会したのもその絡みがあるのかもしれませんね。

皇籍離脱してタイへ来る気はあるのかとかそういったことも含まれていたんですかね。ちなみに秋篠宮さまは警察庁刑事局長から進講を受けたり普通は天皇陛下や皇太子が受けられて宮家が受けるのは異例だったようです。

他にも財務省主計局長や総務省や厚生労働省や文部科学省や農林水産省に資源エネルギー庁長官といろんな要職からご進講を受けられたということで今だと外務省と面談されていますがこの時から悪さを企んでいたのかもしれませんね。

それにしても小室圭はインタビューにガン無視でしたね。合格おめでとうってことでインタビューしているのに無視ですからね。別に寄付金とか不正しまくりで国の税金のおかげで合格出来ましたとかそんなこと言えって言ってるわけじゃないですからね。

せめて会釈ぐらいも出来ないもんですかね。一般人でも一応は元皇族の旦那として紹介されているわけだしガン無視したら秋篠宮ご夫妻にも迷惑をかけるとか普通は思ってメディアが嫌いでも会釈ぐらいはしますからね。

去年ニューヨークでのインタビューも不愛想でしたが日本に帰国した時は適当に会釈は出来ていましたからね。まぁ元皇族と結婚した自覚がまったくないようですね。こんな小室夫妻に税金は使ってほしくないですね。

ちなみに不愛想にする理由はもしかすると小室圭の合格が取り消しになる可能性がまだ残されているからかもしれません。実は小室圭の司法試験が出て合格と発表されましたがどうもおかしいんですよね。

本文の記事にPDFファイルがあってその合格名簿に小室圭の名前がありました。ただ正式な毎年合格が発表されている場所にはPDFファイルがアップされていないんですよね。

昨年は10月26日に結婚して10月29日に不合格が判明しましたがその日のうちに私式な合格発表がされている場所にPDFファイルがアップされていたんですよね。これはウェイバックマシーンで魚拓も残っています。

でも今回は合格発表されて1週間以上経過しているのにまだPDFファイルがアップされていないからこれは小室圭への通報が尋常じゃないぐらい来ているからおかしいぞと調べていて正式な場所にPDFファイルがアップされていないのかもしれません。

だからもしかすると小室圭の合格が取り消される可能性もゼロではないかもしれません。ただその場合は小室圭が逮捕というよりも司法関係者がどんどん不正で便宜を図ったということで逮捕されるかもしれないし日本政府も逮捕される大事件に発展するかもしれませんね。

まぁさすがにそこまでなると大事件だからそうならないように人物考査で落とすかどう対処するかかなり上の判断が必要ということで保留になっているのかもしれませんね。さすがに合格取り消しまではいかないかもしれませんがどうなりますかね。

人物考査は通常は15分ほどで事前に質問もわかっているから政府から模範解答を教えてもらっているだろうけどもまだ波乱があるかもしれませんね。それにしても合格してもメディアにはガン無視でここまで印象悪く出来るのも凄いですね。

さすがダースベーダー恐るべしって感じですがこのあと小室夫妻はどんな展開になるのか全然予想が尽きませんね。ただ不正は許せないので悪いことをした人たちはみんな裁いてほしいですね。あなたは誰が最初に逮捕されると思いますか。