今回は、元宮内庁職員の方からいただいた手記を掲載いたします。

優しく思慮深く慈愛に満ちた美智子さま——平成のあいだ週刊誌は美智子さまを絶賛し続けました。男性社会の皇室にあって、女性が主役になったことは大変珍しい出来事とも評価できます。しかし晴れ舞台の裏では、不敬を承知で申し上げますが、女帝として30年間君臨していた間、雅子さまとの嫁姑関係はさまざまな物語を生みました。その一部はすでに週刊誌やテレビで報道されている通りです。では、そもそも美智子さまはどうして雅子さまを標的にしたのでしょうか?

やりとりの構造

2004年(平成16年)5月10日、時の皇太子殿下は会見で「外交官の仕事を断念して皇室に入り、国際親善が皇太子妃の大切な役目と思いながらも、外国訪問がなかなか許されなかったことに大変苦労していました。雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」と述べました。いわゆる「人格否定発言」です。物静かな皇太子殿下(現、天皇陛下)が口にしただけに、その衝撃は大きなものがありました。

当時の週刊誌やテレビは雅子さまを擁護する論調を展開し、雅子さまの人格を指定した犯人捜しを連日連夜繰り広げました。当初犯人とされたのは、当時の宮内庁長官や幹部でした。もちろん当時の宮内庁という組織全体が、雅子さまへの配慮が足りなかったことは間違いありません。

ですが私が腑に落ちなかったのは、どうしてこの一連の報道の中で「美智子さまが雅子さまの人格を否定した」という可能性を報じないのかということです。ある皇室ジャーナリストは「美智子さまは弱者に寄り添う優しいお方。ご自身が苦労された分、雅子さまには人一倍優しく接せられたに違いない」と推測しましたが、これは本当なのでしょうか?

今回はこの点について色々多方面から考察していきたいと思います。

秋篠宮ご夫妻と天皇陛下の発言

この皇太子殿下(現、今上陛下)による「人格否定発言」は、当時の天皇皇后両陛下に相談されることなくなされたものです。

ビックリされた秋篠宮殿下は、その年(2004年11月20日)の誕生日会見で「記者会見という場で発言する前に、せめて陛下と内容について話をして、そのうえでの話であるべきではなかったかと思っております」と批判的にコメントし、さらに新しい公務のあり方についても、

「私個人としては自分のための公務はつくらない。公務は、かなり受け身的なものと考えています」
「依頼を受けて、意義のあることであればその務めをする。私自身はそう考えて今までずっと来ています」
と述べ、やはり批判的でした。また時の天皇陛下(現、上皇陛下)は、同年の誕生日会見(2004年12月)で次のように述べます。

「皇太子夫妻の独立性を重んじてきたことが、様々な問題に気が付くことのできない要因を作っていたのだとすれば大変残念です」
「まだ私に十分に理解しきれぬところがあり、細かい言及は控えたいと思います」

この発言では、皇太子夫妻とのコミュニケーション不足に言及し、遺憾の意を述べています。

この一方、キコさまは、時の両陛下とのコミュニケーションが円滑でした。先の秋篠宮殿下の誕生日会見(2004年11月20日)に臨席されたキコさまは、次のように述べています。

「両陛下は私たちの考えていることや感じていることを静かにお聞きくださり、私たちの務めや娘たちの成長を温かく見守ってくださいましたことに大変ありがたく思っております。また、宮様が私の考えや気持ち、おかれている状況を的確にとらえて導いてくださったことは生活する上で大きな支えとなりました」

美智子さま主犯説を取り上げなかったメディア

この宮内庁発表の「公式見解」から次の点が導かれるでしょう。

皇太子ご夫妻は、両陛下と相談できる仲ではなかった。
秋篠宮ご夫妻は、両陛下と相談できる良好な関係であった。
このような当事者たちの発言からも、雅子さまは孤立し、美智子さまとキコさまがタッグを組まれていた事実が解ります。よって、雅子さまと美智子さまの折り合いが悪く、美智子さまが「雅子さま人格否定」の主犯だった可能性が容易に想像できます。

実際、美智子さまはキコさまとは仲良くやれていたが、雅子さまとの間には一種の緊張関係があったことは当時の週刊誌などメディアも報じていました。

まして、キコさまは「両陛下はよく相談になってアドバイスしてくれる」と称賛しておきながら、皇太子殿下は両陛下に雅子さまのことを相談できなかった事実は重いものがあります。

ここまで言えば「雅子さま人格否定」の主犯が誰であったのかお分かりいただけるでしょう。あえて言わなくても、この手記のタイトルがその回答の全てです。

このように、公式情報をつなぎ合わせれば誰が主犯であったのか容易に想像がつくにもかかわらず、どうしてか週刊誌などメディアは「美智子さま主犯説」を取り上げませんでした。美智子さまの「多方面にわたる努力」の末、すでに聖母マリアとなっていた美智子さまを叩くことができなかったのかもしれません。これも美智子さまのメディア支配の一端でしょう。

雅子さまが標的にされた原因

このように「人格否定発言」の背景を考えていくと、主犯が誰であったのか明確であろう。実際お傍に使えた身としても、美智子さまの雅子さまへの攻撃性は尋常ではありませんでした。ともかく雅子さまは「ひとりぼっち」を強制させられました。

国際親善(2013年のオランダ国王の即位式)の折、雅子さまにアイロンがけしていない衣装をあえて渡して着させたという驚くべき事件まで起きました。ご存知の方も多いのではないでしょうか。

もっと驚くべきは、2007年12月、雅子さまが晩餐会で食事を残され退室されると、美智子さまは「もったいない」と仰り、側近に命じ、なんとその残飯を東宮職のクラッチバックの中にぶち込まれた。驚いた東宮職に美智子さまは「病は気から、病は食欲から。帰ってから食べて元気出してね」と仰って、満面の笑顔を浮かべられた。『普通、そこまでするか』と多くの方は驚いただろうが、『そこまで徹底的にする』のが優しき美智子さまの深い慈悲なのです。そしてこの美智子さまを慈母と褒めたたえたのが平成皇室の正体に他なりません。

雅子さまと美智子さまの笑顔のために
最後に美智子さまが雅子さまを標的にした原因について考察してみたいと思います。

これは端的に言って、雅子さまに対する美智子さまの嫉妬でしょう。雅子さまの華々しい登場に、当時の美智子さまは心中複雑だったと拝察されます。雅子さまは知性も美貌も兼ね備えた方で、そのインパクトはキコさまなど足元にも及びません。もちろん当時の皇太子殿下ご自身が仰っているように、雅子さまは現代的なお方で、旧来的な皇室のあり方になかなか馴染めなかったのは事実でしょう。だからといって雅子さまにアレコレ横槍を入れても良い理由にはならないと思います。

結局のところ美智子さまは、ご自身以上に雅子さまが輝いて欲しくなかったのです。ゆえに海外親善の仕事を割り振らなかったり、ことあるごとにお茶会で雅子さまを「石女」と揶揄して攻撃し続けたのである。この「人格否定発言」に前後して、時の湯浅宮内庁長官が秋篠宮家に第三子を所望されたことがすべてを物語っています(2003年12月)。

美智子さまは、香淳皇后から小言を言われ続けたことを根深く恨んでおいでだったので(実際に何があったのかは詳しく知らない)、皇后となり頂点となった瞬間、いろいろ弾けてしまったのかもしれません。また雅子さまが皇后となったら、自分が香淳皇后にしたのと同じく、自分が隅に追いやられる番になるという恐怖が「雅子さまイジリ」を加速させたのではないでしょうか。

また、当時、メディアは美智子さまを「国民に寄り添う慈母である。平成は素晴らしい時代だ」と褒め称えました。それに気を良くして美智子さまは「自分は正義で何をしても許される」と自認してしまい、そのことが香淳皇后や雅子さまへの異常行動を加速させてしまったのではないでしょうか。

またキコさまとの関係は良好であったので、将来は長男家ではなく次男家のお世話になればよいと仰っていました。譲位され上皇后となってから、わざわざ赤坂御用地に引越しを希望された理由は、雅子さまと同じ空気を吸いたくなかったからもあるが、強い味方(秋篠宮家)が近くにいて欲しいと願ったに違いありません。

だがここ数年で眞子さまと小室圭さんの一件が表になり、秋篠宮家と上皇ご夫妻の関係も微妙に変化がきている。美智子さまの安寧の日はいつ来るのであろうか。

皿はまだ、アゲ記事を掲載すれば「慈愛の美智子さま」に返り咲けると思っているようで、今日も女性自身に「認知症の疑いのある上皇のサポートのために皿が奔走している」という記事がでましたけど、ぼんやりとした内容で、さぞかし皿は不満足だと思われる、アンチ皿の私からすると、やる気のないとてもいい内容でした。
ヤフコメを確認したのですが皿が望んでいるような賞賛コメはなくて、逆に批判コメが大多数で、今頃皿は「ああ、渡邉みどりさんさえ、生きていてくれれば!」と嘆いているのだろうな、と思うと、とっても嬉しくなってしまいました。
女性誌の記者の皆様、これからも皿賛美記事を書くことを強要されたときには、こんなふうに読み応えのない感じで、どうぞよろしくお願いします。
こうして女性誌では生ぬるい記事を掲載して、ネットでは真実を拡散し続ければ、皿の国民にたいする影響力は急速に弱まっていくはずです。