先月10月21日に、念願のNY州司法試験合格を果たしたことが明らかになった小室圭さん。これまで懸念されていた経済的問題の不安も払しょくされ、眞子さんとの幸せな結婚生活を歩めることになるかと思いきや、厄介な問題も生じつつあるようです。

「デイリー新潮」は、NY州弁護士の仕事のハードさについて報じ、眞子さんとの幸せな結婚生活に亀裂を生じかねない、として次のように報じています。

「米国のビジネス弁護士は通常、タイムチャージでクライアントに報酬を請求します。案件に費やした実作業時間を6分単位で記録して、1時間あたり700ドルとか1000ドルといった報酬基準を掛け合わせた額を顧客に請求するといったシステムです」

と、NY州弁護士資格をもつ日本人弁護士。

「しかし新人弁護士は報酬基準が低額なので、売上に貢献するには、自前でクライアントを抱えているパートナー弁護士から割り当ててもらった案件について、ひたすら長時間労働に励むしかありません。事務所から課される“ノルマ”をこなすために走り続ける日々を送るのが普通で、深夜12時からが仕事の本番という生活も当たり前です」(同)

心身ともにフル回転の日々が目に浮かぶようだ。

もちろん、タフさも備え持つ小室さんからすれば、そうしたハードな日々をものともしないかもしれない。しかし、寂しがりの眞子さんが、深夜まで小室さんが仕事に追われ帰ってこないような孤独な生活についていけるのか心配になるという指摘が、すでに聞こえてきているのも事実だ。

このように、「デイリー新潮」では、小室圭さんの激務を心配する記事が配信されている一方で、ニュースサイトのコメント欄では、「秋篠宮家が裏から手を回して、架空の仕事を発注するのではないか?」「もういい加減サポートはやめるべき」といった容赦ない批判意見が書き込まれています。

そんなことより元赤坂の主がこの事務所に法律案件を依頼して、この人物に結果的にキックバックを与えないかを監視すべき。彼の司法試験受験に至るまでのキャリア形成の不自然な過程や息子のための提携校進学制度制定を見れば今後も有形無形の支援が続いても不思議ではない。というかこの事務所が簡単なNY司法試験を3回目でやっと合格したような人物を雇うのはそれ以外に考えられないのですが。

結局いつまで経ってもサポートすることになります。とやかく言われたくなければ自分達で自立していただかないと 警備も断ればいいと思いますが、なぜしないのでしょう?親の意向が働いているのでは?将来の天皇になるかもわかりませんし、これまでの経緯を見れば愛子さまにしかるべき方と結婚してついでいただくでも良いのではないかと思います。

佳代さんの同居問題

また、この他に、問題になっているのが小室圭さんの母親・佳代さんのNY移住問題です。現在、小室圭さんは、佳代さんをNYに呼び寄せ、一緒に生活をしたいと望んでいるのですが、眞子さんは猛反対しているようなのですね。

「週刊誌等でも報じられたように、眞子さんは、当初、小室佳代さんのことを心酔し、ほとんど洗脳に近いような状態で崇拝さえしていたのですが、400万円の借金問題発覚以降も、次々に明るみになっていったトラブルに辟易し、尊敬の気持ちも薄れ、次第に軽蔑心すら抱くようになってしまったようです。

さらに、佳代さんが逮捕されるかもしれない、という現実的な問題も関係しているようですね。眞子さんは、日本のマスコミや、ネットメディアによるバッシングから逃れるため、NYへ移住したのですが、佳代さんが逮捕されれば、批判の矛先が小室圭さんや眞子さんにまで向かうことは間違いありません。

そうした事情に加えて、“ママと会えなくて寂しい”“ママと一緒に暮らしたい”などと口にすることも多い、小室圭さんの異常なマザコンぶりにも眞子さんは呆れているそうです。

こうした現実を前に、とにかく、佳代さんとは関りを持ちたくない、と考えているようで、小室圭さんに対しては、“佳代さんと同居するなら離婚します”とまで宣言しているようですね。

また、小室圭さんの方も、すでに政府や宮内庁からの全面的なサポートにより、NY州司法試験に合格し、弁護士として勤務する資格を獲得できる状況になったわけですから、すでに皇室からのサポートは不要と考え、眞子さんを用済みとして切り捨てるという可能性は十分あり得ます」(皇室ジャーナリスト)

佳代さんへの不信感

こうした佳代さんのNY移住問題について、「女性自身」(2022年11月15日号)は次のように報じています。

「小室さんがとても自信を強めており、「どんどんクライアントを獲得して、収入も増やしていく」と、仕事にも熱意を燃やしています。 確かにクリスマスに向けて、パーティも増えますから、新しく人脈を広げるチャンスです。

また収入も増えることから、日本で暮らしているお母さんをNYに呼びたいという気持ちも強まっているようです。 新しい物件を探しているとも聞きました」

そんな小室さんの強気な主張に眞子さんは徹底抗戦の構えだという。2年6月に『週刊文春WOMAN 2021夏号』に佳代さんの“肉声”が掲載されて以来、眞子さんは佳代さんに不信感を抱いているというのだ。

「眞子さんは義母との同居には拒絶反応を強めていました。 それは小室さんが合格したことでも変わらないそうです。 それどころか合格を盾にして、佳代さんとの同居を主張する小室さんの態度にも反発しているとか」(前出・NY在住のジャーナリスト)

また小室さんが本格的に弁護士として活動を始めることで、夫婦関係にさらなる不協和音が生じる可能性があるという指摘も――。

前出のリッキー徳永さんは次のように語る。

「小室さんはLSでは金融・投資関連のセクションに所属しています。 金融系の弁護士の業務は、法律に基づいた契約書作成などで、ビジネスの場における交渉力が必要とされるのです。また大きな案件や顧客をつかむことで出世していきます。

こうした弁護士は、週末も休まずに仕事をしており、顧客のニーズにこたえるために、体力も必要となります。 現実的に、家族との時間を優先することも難しくなってしまうケースも多いのです」

小室さんが望み続けてきた “合格〟が、義母との同居問題を再浮上させ、 夫婦の時間も減少させることにもなりかねず・・・・・・。 眞子さんの心のなかで吹いているのは春風なのか、 それとも秋風なのか。

佳代さんの同居問題に端を発している小室夫妻の離婚危機。皆さんは、実際にお2人が離婚してしまう可能性はあると思いますか?

テーミス2022年10月号45ページから

>ニューヨーク総領事館には夫婦専属の職員が配置されたが、二人は職員を召使のようにこき使っているという。ニューヨーク総領事館関係者が語る。

「領事館側から電話しても相変わらず『いませ~ん』と寝ぼけた声で応答しすぐに切ってしまうが、自分たちが外出するとなると、出迎え時間を細かく指定し、行き先の予約、場合によっては支払いまでさせられる」

同関係者によると、ホットドッグスタンドなどで注文の品を受け取ると夫婦はそのまま食べながら歩いていってしまうという。
「代金は払っておいて」「言わずともそうするの当たり前」との傲慢な態度だというが、支払いは当然、税金だろう。

さらに、職員任せで本人たちが自ら英語でしゃべる場面が少ないため、語学力も全く上達しないというのだ。

「驚いたのは『NEXT』の意味さえ理解できなかったことだ。飲食店で『ソースはどこか?』と尋ね、店員が『NEXT』と答えると、次に話を聞くからと勘違いしたのか、夫妻はじっとそのまま待っていた。だがこの場合、NEXTは『隣』という意味。それがわからないような有様だ」(前出の総領事館関係者)<

正直この程度の語学力、相手に対する気遣いのなさ、無礼な態度を何とも思わない教育では、先が思いやられます。もっちゃんには、この記事のさらに奥深くを掘り下げた記事が出ることを期待しています。