先月10月21日、これまで2回連続で不合格となっていたNY州司法試験に見事合格した小室圭さん。日本のマスコミは、祝福ムードとなっていますが、NY現地では、盛んに不正受験疑惑が取り沙汰され、すでにNY州警察も捜査に乗り出しているようです。

この不正受験疑惑について最初に報道したのは、「月刊テーミス」でした。2022年9月号では、小室圭さんが、試験問題を事前に入手していたことを報道。

しばらくして米国から驚くべき情報がもたらされた。同関係者が語る。

「試験後、小室氏はNY総領事館関係者に『試験では、聞いていた通りの問題が出たのでバッチリだった。今度こそ大丈夫だ』と自信満々に語ったという。もちろん、事前に聞いていた問題が出たなら正答できただろうし、合格点にも達した可能性が高い。だが、これは言い方を変えれば試験問題の漏洩、つまりカンニングで不正行為になってしまう」

法に厳格な米国で果たして試験問題の漏洩などの不正が本当にあるのかと同関係者は戸惑ったというが、同時にあり得ない話ではないとの心証も抱いたようだ。なぜなら、小室氏を巡るこれまでの功績を振り返ると、裏で何かしらの圧力が働いたとしか思えないものが多いからだ。(中略)

結果発表は10月だ。小室氏は多くの人に見せた笑みの通り合格するのだろうか。NY生活を満喫する小室夫妻は出産の準備にも入ったという。皇室を利用し尽くす姿勢は今後大きな問題に発展しそうだ。

その後、「週刊文春」が、小室圭さんが15本もの鉛筆を試験会場に持ち込んでいたことを報じ、この鉛筆に試験の回答を彫りこんでいたのではないか?ということで、試験問題の不正入手と、カンニングという二つの疑惑が生じたようです。

通常、事務所は試験に合格して弁護士になることを前提に、学生を雇う。それゆえ不合格になれば、解雇されてもおかしくないというのがNYの法曹界。しかし圭さんは既に2回、試験に落ちており、崖っぷちのはず。7月の試験を同じ会場で受けた受験生が語る。

「小室さんは会場に15本もの大量の鉛筆を持ち込んでいました。休み時間にスマホを食い入るように見つめ、見直しをしていた」

皇室の関与を週刊誌が暴露

すでに、NY州警察が捜査を開始する中、「女性セブン」(2022年11月17日号)は、「小室圭さん(31)“皇室丸抱え”でセレブ合格 渡米1530日全内幕」と題する記事を掲載し、今回の小室圭さんの不正受験や、不正な就職に、宮内庁がどのように関ったかについて詳細に報じています。

現在、小室さんは、法律事務所 「ローウェンスタイン・サンドラー(以下、LS)」に法務助手として勤務しているが、合格発表前、LSのホームページに異変が起きていた。 突如、小室さんのプロフィール写真が掲載されたのだ。 オールニックのちょんまげヘアで、スーツ姿。白い歯を見せた笑顔の裏にはみなぎる自信が見え隠れする。

「発表の数日前に新たに写真を掲載できるメンタルの強さは圧巻です。よほど合格を確信していたのでしょうね」(前出・皇室記者)

このように、「女性セブン」の記事では、サンドラー法律事務所が、小室圭さんの合格に自信を持っていた、と報じているのですが、実際には、自信などという曖昧なものではなかったようです。

「小室圭さんの試験問題不正入手について、最初に報じたのは“月刊テーミス”ですが、実は、それ以前から、小室圭さんは、知人や友人らに、“試験では、聞いていた通りの問題が出たのでバッチリだった。今度こそ大丈夫だ”と語っており、試験問題の不正入手の噂は、皇室ジャーナリストらの間では公然の事実となっていました。

ですので、間違いなく、小室圭さんは、勤務先であるサンドラー法律事務にも試験問題と回答を事前入手して試験に挑んだという事を報告していたことでしょう。

おそらく、マスコミや週刊誌等のメディアが報じなかったのは、この試験問題の不正入手に、秋篠宮家が関与していた可能性があるためです。

これまでにもひさひとさまの、筑附へのズル入学や、作文コンクールでの盗作問題などで、“秋篠宮家は、特定の団体に圧力をかけて不合格を合格に変えることができるのではないか?”といった疑惑が浮上していましたから、これ以上、秋篠宮家の不正関与について報じてしまえば、取り返しのつかないレベルまで、国民から皇室に対する信用を失墜させてしまうのではないか?といった配慮があったように思えます」(皇室ジャーナリスト)

政府と宮内庁が仕事も斡旋

先の記事では、こうしたサンドラー法律事務所の対応の他に、そもそも就職に関しても、秋篠宮家が仕事を斡旋するという暗黙の了解があったことを報じています。

前出の谷本さんは、「皇族とごく近い関係であるという点もプラスに働いたのではないか」と解説する。

「アメリカにおける、他国のロイヤル(王族、皇族)への憧れはすさまじいものがあります。こと、日本の皇室は「菊のカーテン」がありミステリアスな印象が強く、興味を持つ人が多いのです。激戦の法律事務所業界において、皇族に近しい立場である小室さんを利用しない手はないでしょう。

実務の能力はさておき、知名度アップや、眞子さんの持つ皇族絡みの人脈の紹介で貢献ができると思います」

皇室絡みの人脈で仕事を紹介するとは、秋篠宮家が関連の団体の仕事をサンドラー法律事務所に発注させるということに他なりません。こうした問題についても、実は、以前、同一の国営放送が告発したこともあったのですが、日本のマスコミはだんまりを決め込みました。

今週末の報道では、小室ファミリーが日本の税金をどれだけ負担しているかに焦点が当てられており、政府は小室のニューヨークの法律事務所に、王女の経済的な面倒を見てもらうために有利な契約を約束していると言われています。

まさに、不正と疑惑まみれの小室圭さん。皆さんは、このような不正が堂々とまかり通ってしまっている現実について、どう思いますか?

この問題に関するいくつかのオンライン意見は次のとおりです。

現地で世話をする領事館員も驚く低学力。
とりわけ英語力の欠如が目に余るようでは、夫婦ともアメリカで知的労働にはつけません。試験の合格話も眉唾にみられて当然ですよ。
同じテーミスの記事でも(10月号45ページ)

>ニューヨーク総領事館には夫婦専属の職員が配置されたが、二人は職員を召使のようにこき使っているという。ニューヨーク総領事館関係者が語る。

「領事館側から電話しても相変わらず『いませ~ん』と寝ぼけた声で応答しすぐに切ってしまうが、自分たちが外出するとなると、出迎え時間を細かく指定し、行き先の予約、場合によっては支払いまでさせられる」

同関係者によると、ホットドッグスタンドなどで注文の品を受け取ると夫婦はそのまま食べながら歩いていってしまうという。
「代金は払っておいて」「言わずともそうするの当たり前」との傲慢な態度だというが、支払いは当然、税金だろう。

さらに、職員任せで本人たちが自ら英語でしゃべる場面が少ないため、語学力も全く上達しないというのだ。

「驚いたのは『NEXT』の意味さえ理解できなかったことだ。飲食店で『ソースはどこか?』と尋ね、店員が『NEXT』と答えると、次に話を聞くからと勘違いしたのか、夫妻はじっとそのまま待っていた。だがこの場合、NEXTは『隣』という意味。それがわからないような有様だ」(前出の総領事館関係者)<