私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos

こんにちは。眞子さんの結婚騒動以降も、悠仁さまの不正入学疑惑や秋篠宮夫妻の伊勢神宮参拝など、批判の声が相次ぐ同家。こうした秋篠宮家の配慮のなさや、キコさまに命じられたからといって伊勢神宮に参拝してしまう悠仁さまの軽率さに対して、天皇陛下も内心では不快感を表明されているようです。 今回はそちらについて書かれた記事を見つけましたので、紹介と詳しい解説をしていきます。まず1つ目は、愛子さまの大学卒業後の進路に関する話題をお届けします。

ここからは一部引用を含みます。さて、学習院大学に進学された愛子さまですが、2020年4月の入学以来、感染対策の観点からオンライン授業を続けてこられました。それから2年後の2022年12月には、3日間キャンパスへ通学されています。内情に詳しい宮内庁職員は、次のように述べています。「愛子さまは3年時に修了する講義の対面授業や試験、卒業論文の説明を受けられました。 同級生が就職活動の時期を迎える中、愛子さまもご自身の将来について思い悩まれていることは想像に難くないでしょう。大学をご卒業後は大学院へ進学し、学問の道をさらに究めていかれる線が濃厚だどいわれています大学院を卒業したら、数年単位での留学を視野に入れていらっしゃるとか。2022年の『歌会始』にて、イギリスに関するお歌を詠まれたとおり、かねてより愛子さまの海外への関心は高いものがあります。 かつてイギリスのオックスフォード大学で学ばれた陛下と雅子さまのように、若いうちに海外留学したいとお考えになるのは自然なことではないでしょうか」以上が1つ目の記事の内容です。

やはりといいますか、帝王学をしっかりと学ばれた今上陛下の一番近くでお育ちになった愛子さまからは品格が溢れていますよね。昨年の成年会見のお言葉やなさりようからも、愛子にはしっかりと皇室の精神が引き継がれておられると思います。 海外留学の件もそうですが、いずれは愛子さまが皇位継承できる道筋を作るべく、議論をしていただきいものですね。では2つ目の記事に移ります。さて、眞子さんの結婚騒動以降も、悠仁さまの不正入学疑惑や小室圭さんの不正受験疑惑等により、批判の声が収まる様子の見えない秋篠宮家。内情に詳しい宮内庁職員は、次のように述べています。 「去年11月17日の侍従レクでは、成年となられた愛子さまの伊勢神宮ご参拝について質問が出たのです。侍従次長は『今のところ考えていません』と回答し、その理由について『必ずしも新型感染症の影響ではありません』としながら。かつて黒田清子さんが成年の年に参拝していなかったことを例を出して説明しました。 ところが、その清子さんや愛子さまとは対照的に、秋篠宮家では眞子さんはご成年から1カ月後、佳子さまも2カ月後に参拝されています。

また、昨年の10月には悠仁さまもお参リになっている。天皇家および愛子さまは伊勢神宮参拝を控えていたにもかかわらずです実は陛下は、愛子さまが参拝なさることで大勢の人が詰めかけ、万が一にも感染が広がることがあってはならないと、強く懸念されていらっしゃったのですが。 このような事情があったにもかかわらず参拝を強行した秋篠宮家ですが、実はある理由があったのです。というのも、秋篠宮殿下は常々、お子様方には国内の多様な伝統に触れてほしいと願われ、積極的に実践されてきました。昨年のお誕生日会見でも悠仁さまに対し、『各地の文化に直に触れることを勧めている』と仰っていますからね。 そうした願いもあって、皇祖神などが祭られる伊勢神宮にも早いうちに参拝し、理解を深めてほしいと希望なさっていたのです。しかしながら、昨年10月の悠仁さまのご参拝に際しては、同じ日に地方ご公務を再開された両陛下の日程とバッティングしてしまい、波紋を呼んだのは記憶に新しいでしょう。 伝統に触れてほしいという秋篠宮殿下の願いとは別に宮邸では次代の天皇家の子どもたちを立派に育て上げねばという、キコさまの前のめりなお気持ちもうかがえます。ところが、悠仁さまのご成長を国民にアピールしたいあまり、常識外な出来事を指摘されてしまうことも多々見受けられます。

実は、こうした秋篠宮家の配慮のなさや、キコさまに命じられたからといって伊勢神宮に参拝してしまう悠仁さまの軽率さに対して、天皇陛下も密かに不快感を表明されているようなのです。そもそも、陛下が皇嗣家に対して不快感を示されたのは今回が初めてではありません。 以前、悠仁さまが不正入学とも捉えられかねない流れで筑附に入学された際にも、作文コンクールでの盗作問題が発覚された際にも陛下は、秋篠宮家の教育方針に苦言を呈されました。 おそらく陛下は皇位継承者として相応しい言動やご振舞いを悠仁さまに求められているのでしょう。将来、皇位継承して天皇となることが決まっている悠仁さまが、不正なカタチで難関校に入学したり、作文コンクールでの盗作などしていては、皇室の威厳は損なわれてしまう。 さらに、国民の精神にも良からぬ影響をもたらしかねませんからね。最近では、陛下が皇嗣家に対して『このままの状態が続くのであれば、皇嗣家に皇位が継承されることを国民は認めないのではないか』と、お怒りになられる機会も多いのです。 そうしたことに対して、陛下がお怒りになられるなんて』とショックを受ける国民もいるようですが···一般人よりも陛下に近い立場で働く私としては、皇室や国家の将来を憂う陛下の怒りは全くもって、真っ当なものであるように思えるのです。

また、こうした天皇ご一家と秋篠宮家の対立が強まる中、宮内庁内では秋篠宮家をいよいよ廃嫡して、将来は愛子さまに皇位継承させるべきといった考えを持つ職員が急増していますよ。 もちろん、これまで秋篠宮家が起にしてきた様々な不祥事を思えば、当然かもしれません。職員の中には、『秋篠宮家が天皇家の地位を引き継げば、皇室は終わる』とまで考える者も少なくありません。今後は宮内庁の内部から、秋篠宮家廃嫡の動きが強まっていくことになると思います」以上が2つ目の記事の内容です。 記事にあるように、不正ばかりの秋篠宮家について陛下がこのまま見過ごされることはないと思います。時が来れば、必ず国民の納得のいくようにしてくださるはず。その時がくるまで、国民は全力で天皇家をお守りしていくことが大切だと思います。それと同時に、秋篠宮家が再び不正を行なわないよう引き続き監視の目を向けていくことも重要ですね。 そんな秋篠宮家といえば、昨年4月23日に夫妻揃って伊勢神宮に参拝されているのですが、これに対し高円宮家の久子さまが大激怒した出来事があったのです。続いてはそちらについて紹介いたします。

さて、昨年のことですが、紆余曲折を経た秋篠宮家による立皇嗣の礼も、いよいよ4月23日に予定されている伊勢神宮参拝で、一連の行事が終了しました。 もともと、お代替わり行事の締めくくりを彩るはずだったこの儀式に懸けるキコさまの想いは、格別であったと言われています。秋篠宮家の事情に通じる松山喜久氏は、新型感染症により長い間延期になっていたことに対するキコさまの様子について、次のように述べています。「キコさまは儀式が滞りなく終了した後、宮中祭祀に深く関わるお立場になることを待ち望んでおられました。 いったいなぜキコさまがこれほどまでに雅子さまへの対抗心を燃やしているのかというと、実はキコさまの皇室入りが、雅子さまの経緯とはまったく異なるからだと言われています。キコさまと秋篠宮さまの交際開始時のエピソードについては諸説ありますが、お二人の交際が始まって以来、キコさまは朝日新聞の内藤修平記者から4年にわたり取材を受けられてきました。その内藤氏は次のように述べています。 「学習院大学教職員用の共同住宅に住まわれていたことから3LDKのプリンゼスと言われ、ごくごく一般的な女子大生であったキコさま。大人の記者と良好な関係を築くためには、あくどい手段も使う必要が必要があったのでしょう。時には記者を気持ちよく持ち上げ、良い記事を書いてもらうための接待もあったかもしれません。キコさまの皇室入りに懸けた熱い思いは、それほどまでに強かったのです。

一方の雅子さまは、天皇陛下からの熱烈なプロボーズを受けていたものの一時はお妃候補を追いかけ回す報道取材に対し「私はこの件に関しましては、まったく関係ございません」と完全否定宣言をされたほど、皇室入りを意識されず、世界で活躍することを夢見ておられたお方です経歴も驚愕のハイスペックであり、オールAに近い成績で名門ハーバード大学経済学部に進学し、ご卒業された後は1985年に21歳で帰国されると、翌年に東大法学部にストレート入学。 2カ月後には外交験をパスされるという、常人では到達できない経歴をお持ちなわけです。このように、何よりも皇族となることを強く意識されてきたキコさまが、ご自身では到底届かない実力を持つ雅子さまを強く意識され、羨望や嫉妬などあらゆる感情を抱かれるのも無理はありません。度々隙間風が噂される秋篠宮家とは対称的に、極めて温かな家庭を営む天皇ご一家への妬みもあるでしょう。 敵わぬ相手に認められるために、時には卑怯ともいえる根回しもやってのけ、努力に努力を重ねる姿は、ある意味凄いという声があがるのも不思議ではありません。こうしたことを考えると、キコさまの原動力は、何よりも雅子さまに認められたい、雅子さまに追いつきたい、という野心が根幹となっているのでしょう。

運転手もいたたまれない空気になるのではないでしょうか」以上が4つ目の記事の内容です。本当に、いったいなぜこのタイミングで報告の参拝をする必要があるのか、不思議で仕方ありませんよ。 おそらくキコさまは、一刻も早く立皇嗣の礼が終わったことを報告したいと思っていることでしょう。しかし、国民が新型感染症で苦しんでいるこの時期に執り行うということは、裏を返せば国民のことなんて全く考えていないことになりますよ。「秋篠宮家の立ち振る舞いに反対するデモが頻繁に開催されるのも、当然だ」と思った方は、応援してください。

Topics #KK夫妻 #ニュース #三笠宮家 #上皇家 #上皇陛下 #久子さま #佳子 #佳子内亲王 #信子さま #天皇家 #天皇陛下 #宮内庁 #小室圭 #小室圭さん #小室家 #小室母 #小室氏 #彬子さま #悠仁 #悠仁さま #愛子さま #承子さま #皇室 #皇室ニュース #秋篠宮家 #秋篠宮様 #秋篠宮殿下 #紀子 #紀子さま #美智子さま #美智子様 #陛下