私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos

こんにちは。4月に筑波大学附属高等学校に入学された悠仁さま。入学して以降、さまざまなトラブルを起こしていることが報じられていますが、今回は、悠仁さまの筑附での成績を聞いた東大の総長が思わずはなってしまった一言が話題になっています。 一体どういうことなのでしょうか。その内容をお伝えしていきます。ぜひ、コメント欄にあなたの感想を記載して下さい。皇位継承順位第一位と、第二位の男性皇族のいる秋篠宮家ですが、秋篠宮邸の改修工事のために使われた費用が高すぎたこと、そして、悠仁さまの伊勢神宮参拝をめぐる問題が、国民からの反感を買っています。

改修工事については、総工費34億6600万円となっており、秋篠宮ご一家が工事中に住んでいた仮新居の工費も含めれば、44億円を超える費用が、秋篠宮家のために使われたことになります。工事の際には、キコさまが「もっと金を使用してほしい」といった注文を、され、関係者たちが驚いたというエピソードもありました。 また、大理石についてはイタリア産が好ましい」という要望もあったことが報じられ、国民からは不満の声があがっています。ネットニュースのコメント欄には、「税金もふんだんに使いましたよね。どうやったら、そんな金額になるのか、内訳を公開して欲しいです。改修工事にしては、あり得ない金額です。 「これだけ、物価高で大変なのに税金をこんなに使うとは驚き税金の使い方真剣に考える必要があると思う」「現代のベルサイユ宮殿ですかね。国民が10円20円でヒイヒイ言ってるのに信じられません」「税金を使うな。ではなくて、こんなに使わなくては秋篠宮様御一家は暮らせない理由があるなら知りたいし、知らせてほしい」といった声が書き込まれていました。

こうした批判の声があがっているにもかかわらず、キコさまは全く気にしておられないようです。というのも、キコさまにとって最重要事項である、”将来天皇となられる悠仁さまを国民にアピールする”ことが、難航しているからです。 秋篠宮家の関係者によると、1.ネットメディアで報じられていますが、悠仁さまは、6月に行われた筑波大学附属高校の中間試験で最下位の成績を取ってしまったようです。 筑附では、生徒の成績順などは発表されないのですが、どうやら、悠仁さまは、ほとんどの科目でゼロ点に近い点数を取ってしまったために、最初は一部の教職員の間で、その後に、一部の生徒らの間で学年最下位の成績だという噂がなされ、その後はあっという間に学校中にその噂が広まってしまったようですね。 もともと、筑附に関しては、悠仁さまにとって分不相応な難易度の学校に、キコさまが無理やりゴリ押しで入学させてしまったという経緯もあり、授業や試験で苦労するであろうことは、キコさまも覚悟されていたようですが、さすがに、ゼロ点に近い点数を取り、学年最下位となったことにはショックを受けられたようでした。

また、キコさまは、なんとか推薦入試で悠仁さまを東大に入学させたいとお考えになられていることもあり、試験の点数が判明した後には、すぐさま東大の総長に電話をかけられ、”筑附でビリの成績を取ってしまったのですが、それでも東大に入れますか?”などと問い合わせをされていました。おそらく、東大の総長も、まさか悠仁さまがそこまで頭が悪いとは思っておられなかったのでしょうね。 実際に試験の点数をキコさまから聞かせられると、思わず”まさか、悠仁さまがそんなにバカだとは”と口を滑らせてしまったようです」と話します。また、宮内庁関係者によれば、「職員の中には、キコさまが声を張り上げて『なんとかして悠仁を東大に入れてください』ど、電話越しに要求しておられるのを聞いたものがいるとか。 どうやら、電話のお相手は東大の総長だったようですが、東大の総長は『学力が低すぎて、話にもなりません。』と一蹴されたとか。キコさまのあまりにも常識はずれな要求に、総長も呆れてたようですよ」と話します。みなさんは、キコさまの要求をどう思いますか。「留年になる可能性もある悠仁さまを、東大に入れるのは無理がある」と感じてしまいますよね。では、続いての記事に移ります。 今回の記事では、司法試験に合格した小室圭さんの争奪戦が法曹界で勃発しており、小室さんの年収が5000万円を超える可能性について紹介していきます。ぜひ、コメント欄にあなたの感想を記載して下さい。ローウェンスタイン·サンドラー事務所に法務助手として勤務している小室圭さん。

10月の下旬に司法試験に合格した小室圭さんは、今後ニューヨーグ州の弁護士として活躍していくことが予想されますが、なんと、小室さんをスカウトしている法律事務所がサンドラー事務所以外に、現れたようです。その事務所は”ウィンデルス·マークス法律事務所”です。 マークス事務所は、規模だけでいえばサンドラー事務所よりも小さいもののマークス事務所とサンドラー事務所は、得意とする分野が大きく異なります。サンドラー事務所は、ビジネスや金融関係に強い事務所である一方で、マークス事務所は、不動産売買や不動産の遺産相続に強い事務所です。 小室さんは、過去に、「ウェブサイトのアクセシビリティーにおけるコンプライアンスの問題と起「業家への影響」という論文を書き、コンテストで優勝したことがありました。この論文のタイトルのような小室さんの得意な分野、もしくは活躍したいと思っている分野の仕事は、サンドラー事務所が得意としている仕事でもあります。 また、サンドラー事務所は以前、投資家や投資業務関係者に向けて、アメリカの証券取引委員会が新たに発表した投資リスクなどに関するガイドラインについての説明文を発表した際、その解説の執筆者に小室圭さんの名前を含めていました。法務助手という立場でありながらも、小室さんが他の法務助手とは異なり、かなりの好待遇を受けていることは間違いありません。 こうした状況にいる小室圭さんにオファーをマークス事務所出すということは、それなりのメリットを小室圭さんに提示する必要があります。おそらく、現在、サンドラー事務所が小室さんに提示している年収以上の金額を、マークス事務所は提示しているのでしょう。

その額は、5000万円にも上ると言われています。 しかし、それでもニューヨークの物価や家賃は他の州と比べても、ずば抜けて高くなっており、元皇族として相応しい生活を送る必要がある眞子さんが、ニューヨークでの生活を続けていくのには、少し心許ない金額と言えるかもしれません。ましてや、今後小室夫妻の間に子供が生まれるということがあれば、さらに経済的なハードルは高くなります。 そうして、経済的に不安を感じる小室夫妻は、秋篠宮ご主妻からの金銭的な援助を頼ることでしょう。

では、続いての記事に移ります。今回の記事では、宮内庁が小室夫妻の妊活サポートのため、本格的に動き出していることについて紹介していきます。ぜひ、コメント欄にあなたの感想を記載して下さい。 小室さんが司法試験に合格する前から、眞子さんの病院に頻繁に通っている様子が目撃され、妊活について報じられていた小室夫妻ですが、いよいよ、宮内庁側が対応するために本格的に動きだしたようです。担当記者は、「圭さんの司法試験が片付くまでは”おめでた”について、対応を考えることはないだろうというのが、宮内庁の人たちの認識だったと思います。 その背景には恐らく、秋篠宮さまと眞子さんとの間で、それを裏付ける話というか約束のようなものがあったということです」と話しています。確かに、物価や家賃が高いと幾度となく報しられているニューヨークでの生活を、小室さんの法務助手としての収入だけでやりくりするのは困難であることから、安定した収入を得ることが決まった今、小室夫妻が次のステップに進んだとしても、不思議ではありません。 仮に、眞子さんが出産するとして、問題はどこで出産するのかということでしょう。ニューヨークで出産する場合は総領事館が、そして帰国した際には宮内庁がある程度のサポートをすることは間違いありません。

また、キコさまが裏から小室夫妻にお金を流していることにも大変ご立腹で、『税金で小室夫妻の妊活やら家賃やら生活費を裏から支えるのは犯罪行為ではないでしょうか』と。」と話しています。 しかし、残念ながらこうした久子さまの発言に気を留めることなく、キコさまは今でも税金を湯水のように使っておられるようです。皆さんは、こうした秋篠宮家の暴走についてどう思われますか。「秋篠宮家の税金の使い方はもはや横領だ」と感じてしまいますよね。最後までお読みいただきありがとうございました。みなさんはどう感じられましたかぜひ、コメントをお願いします。

Topics #KK夫妻 #ニュース #三笠宮家 #上皇家 #上皇陛下 #久子さま #佳子 #佳子さま #佳子内亲王 #信子さま #天皇家 #天皇陛下 #宮内庁 #小室圭 #小室圭さん #小室夫妻 #小室家 #小室母 #小室氏 #彬子さま #悠仁 #悠仁さま #愛子 #愛子さま #承子さま #皇室 #皇室ニュース #秋篠宮 #秋篠宮ご夫妻 #秋篠宮さま #秋篠宮家 #秋篠宮殿下 #紀子さま #美智子さま