私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos

皆さんおはようございます。地平線ニュースです。 ​今日も動画を観ていただき、ありがとうございます! 今回のテーマは ? 悠仁さま中間テスト全成績が流出!数学物理が0点で、キコさまは「もっと簡単にしろ!」と筑附へ猛抗議 さて、 悠仁さま成績不振が物議に 提携校進学を利用して入学を決め、今年4月から都内でも屈指の名門校である筑波大学附属高校に通われている秋篠宮家の長男・悠仁さま。 キコさまは、悠仁さまが、全国でもトップクラスの偏差値を誇る進学校に悠仁さまが入学されたことを大変お喜びになられていたようですが、現在、週刊誌「女性自身」(2022年12月30日号)が報じた悠仁さまの成績に関する記事が物議を醸しているようです。

筑附入学からすでに半年、キコさまのご配慮のかいもなく、学校内での悠仁さまへの注目が減る気配は見られないという。筑附に子供を通わせている保護者は本誌にこう明かした。 「筑附に皇族が入学したのは初めてのことです。また筑波大学とお茶の水女子大学の『提携校進学制度』を利用してのご入学という経緯もありましたので、どうしても注目が集まってしまうのです。最近も悠仁さまの“成績”のことが話題になりました」 筑附は前期・後期の2期制であり10月に前期期末考査の結果が判明した。 「「現代の国語」、いわゆる現国の試験の点数がかなり低く、生徒たちが驚くほどだったのです。一般的には平均点の半分を“赤点〟と呼びますが、そういったレベルの点数だと聞きました。悠仁さまは東京大学進学を目指されているとも報じられています。また中学2年生のときに執筆された作文コンクールで佳作に選ばれていることから、“国語はお得意〟というイメージもあり、それだけに生徒たちの驚きも大きかったようです。 これまでも悠仁さまに関しては”成績が優秀〟という評判は聞いたことがありません。

逆に“深海魚化されているのではないかという心配の声が聞こえてきます」(前出・保護者) この保護者が語った”深海魚”とは受験業界でよく使われている言葉で、学校の勉強についていくことができず、深海に漂う魚のように成績が低迷してしまう生徒のことを指す。 筑附は22年度には4人の東大合格者を輩出した東京都内でも屈指の名門校で、悠仁さまの同級生たちの学力も高いことは間違いない。大手進学塾で講師を務めている女性はこう語る。 「名門とされる中高一貫校に編入する生徒は、特に成績優秀であることが求められます。 中学受験を経て入学している生徒たちに遜色のない学力が必要となるからです。しかし高校編入後のテストで思うような結果を出すことができないうちに勉強の意欲を失い、成績の低迷が続いてしまうケースもあります。 そうした“深海魚〟の親御さんの多くに、見込みの甘さが見受けられます。つまり「名門校に入りさえすればきっと大丈夫」「周りに触発されて勉強してくれるだろう』などと、お子さんのことをきちんと分析できていないのです」 深海魚化の原因はキコさま? こちらの記事で、話題となっている「深海魚」という現象ですが、どうやら、生徒自身の問題に加えて、親の教育方針に問題があるために陥るケースも少なくないようです。「プレジデントオンライン」の記事では、次のように解説されています。 難関中学に合格したのに、入学後に成績不振に陥り、「深海魚」状態になってしまう生徒がいる。大学付属校の場合、そのまま大学へ進めないケースもある。

プロ家庭教師の西村則康さんは「深海魚の子たちは、中学に入った時点ですでに勉強に疲れ、勉強嫌いになっていることが多い。その背景にあるのは親の勉強のやらせ方です」という――。(中略) 子供が中学受験をする家庭の親から受ける進路相談で「ウチの子は付属校向きでしょうか?  それとも付属校には向かないタイプでしょうか?」と聞かれることがある。かなり漠然とした質問で答えるのに困るが、あえて言うならば、付属校に向いている子はマジメにコツコツと勉強ができる子だと感じている。中学受験の勉強を通して身に付けた学習の習慣を維持できる子だ。  ただ、そういう子は付属校に限らず、どこの学校へ進学することになってもうまくやっていけるだろう。一方、同じように付属校に限らず、中学に入学してから成績が伸び悩み、深海魚になってしまう子がいる。  両者の違いは何か。  それは、これまでの勉強のやり方に問題があると、私は確信している。  中学受験はわずか10~12歳の子供が挑戦する受験だ。そのため、子供の力だけで進めていくのは難しい。そこで親がある程度、手綱を引くことになる。

だが、その引っ張り方を間違えてしまうと、あとあとまで悪影響を及ぼすことになる。  深海魚の子供たちは、中学に入った時点ですでに勉強に疲れ、勉強嫌いになっていることが多い。  「これをやれ!  あれをやれ!」 「なんでこんな問題が解けないんだ!」 「あなたの将来を思って言っているのよ」  と、極端な叱咤(しった)激励を受け、親から無理やり勉強をやらされてきたからだ。中学受験をするからには、子供本人も勉強をしなければいけないことは分かっているし、自分なりに頑張ってもいる。しかし、親からは褒められることも、認められることもなく、たくさんのタスクを渡され、それができないと叱られる。そんな日々が続くと次第に無気力になり、自分で考えることをやめてしまう。そして、ただただ親から言われるがまま勉強するようになる。  そうやって受験勉強をしてきた子は、入試では合格できても、すでに息切れ状態になっていて、中学に入った途端に勉強の習慣を放り投げてしまう。しかも、親の強制力がきかない年齢になっている。そして、一年もすると真っ暗闇の海の底をさまよう深海魚になっているのだ。

キコさまが、悠仁さまを無理やり筑附に入学させたことに関して、一部では、「一種の教育虐待ではないか?」といった批判意見も出たようですが、こうしたキコさまの異様なまでの偏差値重視の教育方針が悠仁さまを深海魚化してしまった原因の一つであることは間違いないでしょう。 数学物理は0点に ちなみに、悠仁さまの中間テストの成績は、すでにネット上に流出してしまっているようです。 択一式の問題がない、数学と物理のテストは0点となってしまったようですが、キコさまは、「問題が難しすぎる」と学校側に抗議をされているそうです。 すでに、成績回復が困難な深海魚となってしまっているという悠仁さまですが、皆さんは、今後成績を伸ばしキコさまが希望されている東大入学を果たすことができると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。 ではこのニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。 もっと簡単にしたら他生徒は全員100点満点は確実なので、結局は最下位に変わりないのではないでしょうか。 自分も実力以上の高校に学校推薦で入って本当に苦労しました。授業について行くのもやっとで、周囲からは「がり勉」と揶揄され友達もひとりも出来ない人生の暗黒期でした。Hくんも自分の居場所のない毎日を送っていると思います。手遅れにならない内に学校の変更に着用した方が良いと感じます。

筑波偉い。出来ない生徒に高得点はつけない。キコさま…問題が難しい過ぎる?それだけ厳しい勉強する為に必死に勉強した子達にそれが言えるのか? 子供の頃は生き生きした写真もあったが、最近精気がないと感じる。無理矢理こんな学校に押し込むからこんなことになるのでは?さすがに可哀想だ、中身が伴わず成績優秀に見せるのが解決策じゃないぞ。 かなり、重症そうですが、早く治療を兼ねた学校へ転校された方が、全員にとって良いのかと思います。子供はロボットではないので、その子に合わせた、生き方をさせてあげた方が幸せかと思います。とても、見ていて不憫です。天皇候補も御辞退されるのが、妥当かと思います。 付属校に向く、向かない以前の問題で、絶えず抗議する母親、おかしいでしょ??子供や周囲の関係者に被害が及ぶし、宮内庁も病んだ方の希望に合わせ動くのはやめたらいかがですか。

ご両親が筑附の卒業証書に拘るなら、筑附の特別支援学校高等部(文京区春日)に転校されたら如何でしょうか? 過剰な電凸を続けると、特別支援学校からも追い出されるかもしれませんよ。 ズルって入学したのに全く授業が理解できないので他者の冷たい眼差しで居た堪れないだろうな。此のままでは根性が曲がってしまうと思いやられるので一日も早く退学して個人授業で人格を磨くしかないと思います。 一般的な深海魚の生徒さんは大多数は一般推薦、入試突破してるのだからポテンシャル持ってるわけでやる気さえ出せば再浮上可能ですね。一緒にすべきでないと思う。 本日も最後まで動画を見ていただきありがとうございました。

また皆さんに感じたこと意見などをコメントしていっていただけたら嬉しいです。もしよろしければ評価などもお願いします。では次回の動画でまたお会いしましょう。ありがとうございました。

Topics #KK夫妻 #ニュース #三笠宮家 #上皇家 #上皇陛下 #久子さま #佳子さま #佳子内亲王 #信子さま #天皇家 #天皇陛下 #宮内庁 #小室圭 #小室圭さん #小室夫妻 #小室家 #小室母 #小室氏 #彬子さま #悠仁 #悠仁さま #愛子 #愛子さま #承子さま #皇室 #皇室ニュース #眞子 #眞子さま #秋篠宮家 #秋篠宮殿下 #紀子さま #雅子さま