私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos

こんにちは。早いもので一月も後半に入りましたが、1月1日に宮内庁が公開したビデオメッセージでは、天皇皇后両陛下より、力強い励ましのお葉が述べられました。 そんななか、新年に公開された皇族方の集合写真について、キコさまが愛子さまに対し『衝撃の一言』を述へられたことが物議を醸しています。今回はそちらについて書かれた記事を見つけましたので、紹介と詳しい解説をしていきます。まず1つ目は、小室夫妻に関する話題をお届けします。ここからは一部引用を含みます。 さて、眞子さんと結婚した小室圭さんの母である小室佳代さんに、いよいよニューヨーク移住計画が現実的なものになっていると話題になっています。

内情に詳しい皇室ジャ-ナリストは、次のように述べています。「小室佳代さんの移住プランが噂されている一番の理由は秋篠宮家と小室家との関係にあるようです。 昨年、秋篠宮さまと関係の深いジャーナリストが出版した著書で、秋篠宮さま本人が圭さんや佳代さんに対してきつくあたったことが明かされました。その著書『秋篠宮』によれば、秋篠宮さまの考えは圭さんと眞子さんの結婚をできるだけ多くの国民に理解してもらう必要があるというものでした。そして、そのためには佳代さんを巡って取り沙汰されていた、元婚約者との金銭トラブルヘの説明を早くするべきというものでした。 秋篠宮さまはこれまでも数々の会見を通じて、結婚に対する国民の理解が深まったとは言い難いとの認識を示されてきました。その意味では、本に書かれたような説得工作が不調に終わったと捉えることができるでしょう。

また、小室家への思いについては、天皇陛下も秋篠宮さまと考えを同じくされているとされてきました。 もともと、皇室や皇族は国民からの信頼あっての存在ですから、トラブルを抱えるとか誰かを傷つけるような人はふさわしくないということになりますからね。眞子さんが皇籍を離脱したとしても、皇室と無関係になるわけではありませんから、そうした事情がある以上、小室家への警戒心が芽生えても不思議ではないでしょう。 当然ながら佳代さんとしても、秋篠宮家と小室家とが隔てなく親密に関係を構築できなくなっていることは認識しているようです。実際のところ、頼みの綱である小室圭さんもNY州に旅立った以上、日本で生活する意味がどんどん希薄になってきているのです。 その他にも様々なしがらみもあることから、一刻も日本を離れ、息子夫婦が生活するニューヨークへ移住するプランが現実味を帯びてきているというわけです。しかし、移住に関する最大のネックはやはりお金でしょう。佳代さんと高齢の父親の2人が現地で生活するのはかなり大変かと思われます。 いくつか保有する財産の処分をしたうえて、あとは圭さんの稼きに期待する他ないのかもしれませんね」以上が1つ目の記事の内容です。ここ2.3年の間に秋篠宮家や小室家には膨大な税金が投入されています。

すでに皇族を離れた眞子さんにも8億の警備と大使館の専属サポートの人件費はいまだに費やされているのが現状です。 その上で、小室佳代さんの生活費と警備費も加わってしまうとなれば、皇室に対する国民の反感は増すばかりだと思いますよね。これ以上無駄に税金を使われることのないよう、眞子さんに対してかかっている費用を公表し、適切かどうか国会で議論すべきだと思うのですが。。。。では2つ目の記事に移ります。さて、宮内庁は1月1日に天皇皇后両陛下のビデオメッセージを公開しました。 両陛下はまず「新年おめでとうございます」とおっしゃると、新型感染症による国民の状況について労われ、つづいて相次ぐ物価高や、緊迫した世界情勢などについて述べられています。また、地方行幸啓や施設への訪問も相次いで見送られた昨年に思いを馳せながら、「即位以来、私たちは皆さんと広く接することを願ってきました。 新型感染症が収まり、再び皆さんと直接お会いできる日を心待ちにしています」とも述べられています。こうした両陛下の温かく心のこもったメッセージには『ウクライナ情勢にも及されて、とても深いメッセージでした」といった意見や、「新年早々にとてもありがたく穏やかな気持になりました」といった声が次々と上がっています。

また、天皇皇后両陛下のビデオメッセージの他にも、天皇ご一家、上皇ご主妻、秋篠宮御一家のご近況写真も公開されました。毎年、新年には皇族方の集合写真が公開されますが、近年はソーシャルディスタンスに配慮して、それぞれの撮影となっています。しかしながら、今年は愛子さまのお写真を巡って、キコさまが苦言を呈されたことが物議を醸しているのです。 内情に詳しい秋篠宮家付きの職員は、次のように述べています。「キコさまは、公開された天皇家のお写真を見ると激怒されたのです。というのも、愛子さまのお召しになっていたベージュのスーツと、悠仁さま佳子さまのスツのお色がとてもよく似ていることから、「これは秋篠宮家の色なのに···。また天皇家に盗まれてしまったわ』と、苦言とも取れるご発言をされたのです。 確かにキコさまはご息女らの清廉性や爽やかさを際立たせるために、よくベージュやクリーム色の衣装をお選びになるのですが···さらに続けてキコさまは、『愛子さんよりも佳子のほうが美しいわね。

そう思いませんこと?』と、周囲にいた者にも同意を求められたのです。さすがにその場にいた職員は苦笑いを浮かべるしかありませんでしたが···。 おそらくキコさまは、愛子さまが多くの人々から愛され、悠仁さまや佳子さまの影が薄くなってしまうことを懸念されているのかもしれませんね。残念ながら、このような色被り事件は今回だけではないのです。2021年の新年写真も、キコさまが『愛子さんが秋篠宮家の青を盗んだ!」と大騒ぎされました。 しがし、こういった場合の衣服は上から順にお決めになり、下にいる立場の者たちが色被りにならないよう配慮するのが通例です。ですから、キコさまがいくら『色被り!』と騒いでも、たんなる当て逃げ事件や居直り強盗でしかないのです。 秋篠宮家にお仕えする私が言うのもなんですが、キコさまの天皇家に対する不敬は昔から少しも変わりません。相次ぐ色被りも意図的なものでしょうし、おそらく将来の天皇は、夫である秋篠宮殿下と息子の悠仁さまが継ぐという、強い意志の表れなのか「もしれませんね」以上が2つ目の記事の内容です。

なんといいますか、お召し物の色被り問題はキコさまがご自身の存在感を出すために毎回騒いでいるだけの気がしますよね。 おそらくキコさまの頭の中では、単純に佳子さまが愛子さまより年長だから、先に色合わせの打診を受ける権利があるということなのでしょう。直系、傍系の区別などキコさまにはまったくないのかもしれませんね···。そんなキコさまといえば、高まる愛子さまの人気を恐れて以前陛下に直接『あるお願い』をしたことを皆さんはこ存してしょうか。続いてはそちらについて紹介いたします。 さて、皇族数の減少により安定的な皇位継承を確立することが急務となっているいま、政府の有識者会議の最終報告書では、女性皇族が結婚後も皇室にとどまる案と、旧宮家の男系男子が養子として皇籍復帰する案の、2つの案が軸として取りまとめられています。一方で、ネットで多く議論されている、女性天皇や女系天皇について、有識者会議はいけんを述べることは控えています。 そのため、一部の国会議員や全国紙からは、「先送りにする余裕はないはずだ」といった批判がでているといいます。

今後、秋篠宮家が私よりも公を優先し、皇室のあるべき姿を両陛下と同じようにたどっていくのであれば、国民からの信頼を回復することができるかもしれませんが、この会見に対する国民からの評価は芳しく無く、より一層秋篠宮家と国民の間に壁を作ることになりました。 もはや、信頼を取り戻すことが不可能な段階にまで秋篠宮家は来ており、悠仁さまが天皇として即位する可能性も揺らいでいるため、キコさまは、陛下に直談判されたといいます。 宮内庁関係者は、「キコさまは、神妙な面持ちで陛下を訪ねられたことがあったのですが、悠仁さまが天皇としてできる限り早く即位できるように、陛下に掛け合っておられたのではないか、と職員内では、噂になっています。」と話します。愛子天皇待望論がますます過熱しているいま。キコさまは先手を打とうとされたのかもしれませんね。『愛子さまに天皇として即位してほしい」と感じた方は応援して下さい。

Topics #KK夫妻 #ニュース #三笠宮家 #上皇家 #上皇陛下 #久子さま #佳子 #佳子さま #佳子内亲王 #信子さま #天皇家 #天皇陛下 #宮内庁 #小室圭 #小室圭さん #小室夫妻 #小室家 #小室母 #小室氏 #彬子さま #悠仁 #悠仁さま #愛子 #愛子さま #承子さま #皇室 #皇室ニュース #眞子さま #眞子さん #秋篠宮 #秋篠宮ご夫妻 #秋篠宮家 #秋篠宮殿下 #紀子さま #美智子さま #美智子様 #陛下