美智子さま悲報 !! 天皇陛下…破談決定!!

0

こんにちは。先日、28歳のお誕生日を迎えられた佳子さま。今回は、秋篠宮家の次女·佳子さまに対して、美智子様が理不尽な理由で激怒されたことが話題になっています。 一体どういった理由なのでしょうか。その内容をお伝えしていきます。あわせて、愛子さまへの国民からの評価がなぜこれほどまでに上がっているのか、についても一緒に紹介していきます。

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos

こんにちは。先日、28歳のお誕生日を迎えられた佳子さま。今回は、秋篠宮家の次女·佳子さまに対して、美智子様が理不尽な理由で激怒されたことが話題になっています。 一体どういった理由なのでしょうか。その内容をお伝えしていきます。あわせて、愛子さまへの国民からの評価がなぜこれほどまでに上がっているのか、についても一緒に紹介していきます。

ぜひ、コメント欄にあなたの感想を記載して下さい。 一月二日、3年ぶりに皇居で新年の一般参賀が行われました。成年皇族として初めて出席された愛子さまへの評価は、日を追うごとに高くなっています。元々あった、愛子さまに天皇として即位してもらいたいという国民からの声も、ますます高まっているように思えます。去年の三月に行われた愛子さまの成年会見は、愛子さまの成長を直に感じることができる貴重の機会となっていましたね。 決して順風満帆な子供時代を送っていたとは言えない愛子さま。雅子さまが、適応障害と診断されたのは愛子さまがまだ、2歳、3歳の頃てした。当時は、適応障害に対する理解が広まっていないことから、天皇皇后両陛下は、何をするにしても批判を受けておられました。幼い頃の愛子さまに向けられる視線も、決して良い視線ばかりではなかったことでしょう。

生活習慣が乱れ、不登校になった愛子さまへの評判はあまり良くありませんでした。とはいえ、苦労した時代を経験された愛子さまだからこそ、磨き上げられ、人々の心を打つ気遣いを示すことができるのかもしれません。ある皇室記者は、愛子さまの成長ぶりを悠仁さまと比較し、次のように話しています。 「悠仁さまのお茶の水女子大付属中学の卒業式の日、両殿下と悠仁さまを乗せた車を門の前で待っていたのですが、取材陣を完全に無視して入っていかれました。でもそのあとの宮内記者会の取材ではニコニコして答えていたのです。愛子さまにはそういう面性が全くなくどんな時でも手を振ったり会釈されたりします。やはり成長期の体験が影響しているのでしょうか。

一方の眞子さんは、小さい頃から素直で良い子で問題がない子のように見えましたが、小室さんとの結婚で爆発したのかもしれません。愛子さまにとって、小さい頃に苦い体験があったことは結果として良かったともいえます。」成年会見では、「これからも長く一緒に時間を過ごせますように」と、両陛下に対する気持ちを語っておられたことから、愛子さまはずっと皇室に残るおつもりなのでは、とも言われています。 大学卒業後は、海外への留学も噂されている愛子さま。今後の、愛子さまの活躍にますます期待が高まりますね。愛子さまは、その謙虚さも良い評判となっていますが、美智子さまは、その真逆と言えるかもしれません。先日、28歳のお誕生日を迎えられた佳子さまが天皇皇后両陛下や上皇ご夫妻のお住まいを訪ね、挨拶をされたのですが、その佳子さまの振る舞いに美智子さまがいちゃもんをつけられたというのです。

佳子さまは、眞子さんの結婚騒動や悠仁さまのズル入学問題などの影響から、秋篠宮家が多くの国民から批判を受けている状況の中でも、高い人気を得ています。実際、ニュースサイトのコメント欄には、佳子さまのお誕生日を祝福するコメントが、数多く書き込まれていました。「お誕生日おめでとうございます。 ますます美しくなられました。佳子さまのお姿を見るたびに私たち日本国民は癒されます。順番を間違えず、先に皇居に向かわれたのは賢明なご判断ですね。佳子さまは天皇家としっかり繋がり、A宮夫妻と距離を取るほうが良いと思います。愛子さまとの関係も良好なようですから、内親王としての正しい在り方、考え方を学んで欲しいです。』「お誕生日おめでとうこざいます。

御公務頑張っていらっしゃるお姿、本当に大変な事だと思います。心から応援している人も沢山おりますので、お身体に気をつけてお過ごしになって下さい。といった祝福の声が寄せられていました。今回、佳子さまは、天皇皇后両陛下のへ誕生日のご挨拶をされたのですが、そこには愛子さまも同席されており、2022年にはお二人で共に公務に出られたことから、お二人の親密な関係も注目を集めているようです。 ある皇室担当記者は、佳子さまと愛子さまの関係について、「かねて年の近いお二人は、まるで姉妹のようだと言われていました。幼い頃はよくお話しをされていましたし、中学生になられた愛子さまが、佳子さまの”編み込みヘア”をまねされていたこともありました。 愛子さまにとって、佳子さまはお姉さん的な存在のようです。」話しています。このように、佳子さまは天皇ご一家に挨拶を行われたわけですが、それを美智子様は、よく思われなかったようです。

宮内庁関係者は、「先月11月30日に、秋篠宮殿下がお誕生日の挨拶に関して上皇后ご夫妻の元へ向かわれる前に、両陛下の元へ挨拶に向かわれた事に関して、美智子さまは大変お怒りになられました。 さらに、美智子さまが、怒りを募らせられた理由は、この時、雅子さまが、体調不良を理由に挨拶を受けられなかったことです。美智子さまとしては、両陛下より後に、自分たちへの挨拶を後回しにされた上に、雅子さまが、殿下からの挨拶を受けられなかったことで、完全に自分たちが蔑ろにされたと考えられたようですね。 この時、美智子さまは大変お怒りになられたために、宮内庁の職員らに、”今後は、必ず、雅子の元に向かうよりも前に、私たちのところに向かわせなさい”と仰られたのです。

ですが、皇室内の序列を無視するわけにはいきませんからね。 今回も、佳子さまのお誕生日に際して、宮内庁から、皇室内の序列に従って、天皇皇后両陛下の元へ先に挨拶へ向かうよう佳子さまに通達がなされ、佳子さまはそれに従って、両陛下の元へ挨拶へ向かわれたのです。とはいえ、結果的に、これが、愛子さまよりも後に、上皇ご夫妻の元へ挨拶へ向かうというかたちになってしまったため、美智子さまは、あんな小娘より、私の方が地位が低いというのですか?”などと絶叫されておりました。」と話します。 皆さんは、序列を無視する美智子様についてどう思いますか。

「美智子様の怒りは見当違いだ」と感じた方は応援して下さい。ルフェーハ興味があるものがありましたら是非、御覧ください。

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *