紀子さま絶叫…最終通告!! 恐ろしい真実明らか…

0

こんにちは。昨年の11月30日は秋篠宮殿下のお誕生日でしたが、それ以降も愛子さま、雅子さまと皇族の方々のお誕生日が続きました。 そうした中、秋篠宮殿下のお誕生日会見には批判の声が殺到する一方で、愛子さまや雅子さまには称賛の声が相次ぐ結果となっています。

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos

こんにちは。昨年の11月30日は秋篠宮殿下のお誕生日でしたが、それ以降も愛子さま、雅子さまと皇族の方々のお誕生日が続きました。 そうした中、秋篠宮殿下のお誕生日会見には批判の声が殺到する一方で、愛子さまや雅子さまには称賛の声が相次ぐ結果となっています。

さらに、雅子さまがお誕生日に伴い発表された感想文書には、ある重大なメッセージが隠されていたようなのですが···いったいどういうことなのでしょうか。 今回はそちらについて書かれた記事を見つけましたので、紹介と詳しい解説をしていきます。まず1つ目は、雅子さまに関する話題をお届けします。ここからは一部引用を含みます。さて、昨年9月8日にエリザベス女王の訃報がありましたが、この当時、陛下は訃報を聞いた瞬間からご夫妻で参列する意向を強く持たれていたようです。 内情に詳しい宮内庁職員は、次のように述べています。「もともと皇室と英国王室の親交は深いものがあり、昭和天皇、平成の天皇から陛下へと三代に渡って受け継がれてきました。しかしながら、天皇が外国の王室や元首の葬儀に参列するのは、皇室の慣例からするとまさに異例のことといえます。

実際のところ、天皇陛下の即位後初の外国訪問は英国になる予定でした。エリザベス女王の招待を受け、皇后雅子さまと訪問することになっていましたが、新型感染症の感染症大で、延期せざるを得ない状況に。そうじた事情もあり、陛下の葬儀参列のご意思は堅かったのです。しかし、雅子さまのご体調にはまだ一抹の不安がありました。回復傾向であっても、海外訪問までできるかは定かではない。 当初、葬儀への出席は陛下お一人と発表されており、雅子さまは予定が近くなった時の定例会見でご同行されるか否かを発表するというスタンスでした。エリザベス女王の葬儀は9月19日。一番の問題は、英国出発までに体調を整えられる時間が少ないことです。雅子さまのご病気は、ご自身でお気持ちの準備をする必要がある。

体調によっては長くかかることもあるため、まさに予断を許さない状況だったわけです』以上が1つ目の記事の内容です。雅子さまはもともと優れたキャリアウーマンでしたし、何事も努力と生真面目さで学問や仕事を優秀だったお方です。 皇室に入られて未来の皇后陛下としての轢に、お子様誕生を含めて様々な事に真摯過ぎる使命感故に、お心を痛めてこられたことでしょう。幾多の困難を乗り越え陛下の愛情と愛子様の存在に支えられて、今では世界に誇る知的で品格のある皇后陛下になられました。これからも末永くご活躍して頂きたいですね。 では2つ目の記事に移ります。さて、昨年の11月30日は秋篠宮殿下のお誕生日でしたが、それ以降も愛子さま、雅子さまと皇族の方々のお誕生日が続きました。

そうした中、雅子さまがお誕生日に件い発表された感想文書には、ある重大なメッセージが隠されていたとして、内情に詳しい宮内庁職員は次のように述べています。 「雅子さまは今年の秋から、直接足を運ばれる形で地方でのご公務を再開されており、皇居の外へお出かけされる回数も増えています。しかしその一方で国民からは見えないところでも奮闘されているのです。実際のところ、都内や地方で国民と交流されたり、海外からの賓客をもてなすような行事では、雅子さまは元気そうなご様子に見えます。 しかし、そうしたお姿に見えるようタイミングを合わせるため、毎回体調を整えられておられるのです。国民には伝わりにくいところですが、毎回大変な努力を重ねられていると理解していますよ。

2004年に適応障害と診断されて以降、雅子さまはご実家の小和田家が所有する軽井沢の別荘で1カ月ほどお過ごしになりました。その後東宮御所に戻られる際の雅子さまの沈んだ表情は、いまも忘れられません。 実際にかなりお辛い状況だったようで、お部屋にこもりきりで側近との会話もなく、お願いしたいことがあるとドアの下にメモを挟まれてお伝えになっていた時期もあったと聞いています。そんな苦痛に満ちた日々の中で、天皇陛下の献身的なお支えや、すくすくと育たれる愛子さま、温かい声援を送る国民の存在は、雅子さまの心のよりどころとなっていたのでしょう。 そうした経緯もあって、今年のお誕生日文書の情報量は、昨年と比べてもかなり増えていましたよ。

おそらく、きちんと国民に伝えたいという両陛下の意向も反映されているのでしょう。また、天皇陛下も雅子さまも、若い世代とお話しになるときは、『愛子も』というフレーズをよく使われています。両陛下は、愛子さまをご自身のお考えやご姿勢の後継者と見なされているのでしょうね。 しかしながら、現在の制度下では愛子さまら女性皇族に皇位継承権はなく、将来の位置づけやお立場も不明確なままです。このように将来が見えないなか、両陛下は愛子さまの今後についてどのようにお考えなのか。そのヒントとなるのは、愛子さまが特に力を入れていらっしゃる2つの分野かと思われます。 1つは、英語やスペイン語などの外国語、もう1つは、皇室の歴史への興味や古典文学研究などの日本伝統の重視です。まさに愛子さまが将来、皇室の顔として国際親善を担っていくなかで、両方が欠かせないものといえるでしょう。さらに最近では、陛下が愛子さまをお連れになり、お忍びでお出かけされる機会が増えていることも数多く報道されています。

どうやら、こうしたお忍びでの外出時に陛下は密かに愛子さまに対して、『自分の跡を継いでほしいとお伝えになられているようです。また、こうしたご意向は宮内庁の一部の職員にも告げられているようで宮内庁内でも密かに愛子さまへの皇位継承と、秋篠宮家の廃嫡へ向けた運動が進められているようです。しかしながら、こうした動きは当然秋篠宮家およびキコさまもご存じです。 特にキコさまは天皇家の好きにはさせまいと、「悠仁は正当な皇位継承者ですよ。まるで皇位簒奪のような天皇家の振る舞いには我慢なりません。今すぐにでも美智子さまと相談しなければなりませんね』などと意気込んでいらつしゃるようです」以上が2つ目の記事の内容です。

いい加減、秋篠宮家には自分達がどのような立場にあるか自覚してほしいものですね···。 国民のほとんどが秋篠宮家に皇位が移ることは望んでいませんし、それどころか一刻も早く廃嫡してほしいと願っているわけですから。今後も宮内庁には、天皇家を全力で守るよう勤めてほしいものですね。そんな秋篠宮家といえば、眞子さんの結婚騒動時に高円宮家の久子さまに贈った『悪魔のプレゼント』について皆さんはご存じでしょうか続いではそちらについて紹介いたします。 さて、平成から令和への御代替わりに伴う国事行為である立皇嗣の礼は、澄み切った晴天に恵まれ、めでたくすべて満了しました。ネット上では「天皇皇后両陛下のお姿を見れたことだけが救い」「雅子さまは和装·洋装ともにとても美しくお似合いです」「雅子さまの声が聞けて心が洗われた!」という声が相次いでいます。

なお、今回の儀式にあわせてキコさまが新調された小袿とローブ·デコルテは最高級のもので、合わせて3000万円ほどの衣装代がかかっているといいます。眞子さまの一件でごたつく秋篠宮家、感染症が蔓延する状況下での儀式強行を政府に要請したキコさま。そのような状況で、キコさまが衣装代に3000万円をかけていたことには賛否両論が起こっています。 この四面楚歌の状況に決定打を放ったのが、高円宮家の当主·久子さまです。なんと11月10日に皇居·宮殿で催された立皇嗣の礼「祝賀行事」に、宮家当主としてただ一人参加されなかったのです。宮内庁が発表した日程によれば、11月10日に久子さまは奈良県と京都府で第72回「正倉院展」参加されるとしか書かれていませんでした。

皆さんはどのように感じましたか?本当に、天皇陛下ご夫妻の後姿を見て成長された愛子さまを見ていると、ホッとしますね。3人の仲睦まじい姿を見ていると、こちらも穏やかな気持ちになりますよ。「今後も愛子さまには学業を優先しつつ、ご公務も頑張って欲しい」。と思った方は、応援してください。

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *