天皇陛下…破談決定!! 美智子さま絶叫…

0

こんにちは。本日も皇室の話題を取り上げて参ります。12月9日に59歳のお誕生日を迎えられた皇后雅子さま。秋篠宮殿下の時とは対照的に国民からは、祝福の声が多く聞かれています。そんな中、また美智子さまが『厄介なトラブル』を起こしたという記事がありました。今回は『美智子さま、雅子さまに激怒!」について、一部記事を引用していきながらご紹介していきます。12月9日、皇后雅子さまは59歳のお誕生日を迎えられました。

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos

こんにちは。本日も皇室の話題を取り上げて参ります。12月9日に59歳のお誕生日を迎えられた皇后雅子さま。秋篠宮殿下の時とは対照的に国民からは、祝福の声が多く聞かれています。そんな中、また美智子さまが『厄介なトラブル』を起こしたという記事がありました。今回は『美智子さま、雅子さまに激怒!」について、一部記事を引用していきながらご紹介していきます。12月9日、皇后雅子さまは59歳のお誕生日を迎えられました。

11月30日、57歳のお誕生日を迎えられた秋篠宮さまの時とは対照的にニュースサイトのコメント欄では数多くの祝福の声が寄せられていました。そんな中、雅子さまに対し美智子さまが激怒したという話が浮上しています。愛子さまのお誕生日の際にも「あなたの母親は何を考えておられるのですか』?」と、愛子さまのお姿を見るなり怒鳴り声をあげ3時間にも及ぶお説教をされたとか。 激怒された理由は、秋篠宮殿下がお誕生日のご報告をするために皇居を訪問された際雅子さまが面会を拒否されたからだそうです。しかし、その日の午後はモンゴル大統領夫妻との面会を控えており『体調を整えるため』という理由が雅子さまにはありました。美智子さまは、事情を知っているにも関わらず激怒されていたそうです。

そして今回、美智子さまが再び激怒された理由は『挨拶を後回しにされた』と感じたからだそうです。 この日、両陛下はまず宮殿にて宮内庁長官や三権の長らから祝賀をお受けになられました。その後、秋篠宮ご夫妻からのお祝いの挨拶と、元皇族や親族の祝賀に応えられ午後から上皇ご夫妻へのご挨拶をされました。美智子さまには、それがお気に召されなかったようで「あなたは年長者を敬う気持ちがないのですか?」などと、2時間程お説教をされたそうです。 最終的には、陛下にお説教を止めるよう言われしぶしぶお説教を終えられたようですが、その表情は不満げだったとか。

上皇ご夫妻はご高齢ということもあり最近では『痴呆』に関する記事が見られるようになりました。上皇陛下に関しては、87歳のお誕生日の際「お年を召され、上皇后さまに色々とお尋ねになることが多くなられたようにお見受けします。」「何度か繰り返されるご質問にも、 その都度丁寧にお答えになる上皇后さまとそれを聞かれご納得になると明るい笑顔におなりになる陛下。」「勘違いや戸惑いがあっても、一緒にお笑いになりながらご記憶を新たにされ、日々のご生活を確かなものとされています。」といった近況を公表されていました。上皇陛下ほど酷くはないようですが、関係者によると美智子さまにも『軽い痴呆の症状』が現れつつあるとか。そのため、同じ話を何度も繰り返されることがあり一度お説教モードに入ると、いつまでもお話が終わらないようです。 いかがだったでしょうか。どうやら美智子さまは、平成の時代の皇室を支え続けてきた自分たちこそ『最大の功労者』であると、考えられておられるようです。

尊だからこそ、自分たちは今でも『皇室の中心』であるべきだと思われています。ですが、実際は世代交代をしている身ですから令和の皇室の中心は『天皇皇后両陛下』になります。『美智子さまの出る幕ばない』と思ってしまいますよね。では、続いての記事に移ります。 今回の記事では、佳子さまの結婚に立ちはだかる障害についてご紹介していきます。ぜひ、コメント欄にあなたの感想を記載して下さい。先日、28歳のお誕生日を迎えられた秋篠宮家の次女·佳子さまO佳子さまについて、やはり注目を集めているのは、誰と結婚されるのかということでしょう。都内の歯科医師と交際しているとの報道があったことは、ますます佳子さまへの注目を高めましたね。 その報道について、ある皇室担当記者は、「今年8月、都内の”イケメン歯科医師”との交際報道がありました。件の歯科医は、最初は取材に対し『何も答えられない』という反応だったんですが、報道の後から交際を完全否定し始め、真偽はうやむやに。あくまで推測ですが、宮内庁から否定するように指示があったのではないかと思います」と話しています。

これまでも、佳子さまの交際報道は何度か報じられてきましたが、婚約内定発表には至っていません。 なかなか、お相手が決まらないという理由もありそうですが、静岡福祉大学名誉教授の小田部雄次氏は、『長女·眞子さんの夫、小室圭さんの件で、皇室全体のイメージが落ちてしまいました。お相手がまた小室さんのような方だったら、国民の批判は免れません。それに今は眞子さんの発表時とは異なり、秋篠宮さまは皇嗣で次の天皇というお立場ですから、特にお相手選びに慎重且つ敏感になっています。 女性宮家の問題についても議論の最中ですし、佳子さまの結婚は眞子さんの時よりもハードルが高いでしょうね」と指摘しています。佳子さまの結婚に関しては、ネット上でもさまざまな声があがっています。ネットニュースのコメント欄では、「結婚するのは自由ですが、やはり姉のように自分の都合だけを優先してもうまく行かないということだと思う。」「悠仁様は分かり兼ねますが、 少なくとも眞子さんと佳子さまに於かれましては私を優先される方々ですよね?姉は元より妹君も姉を応援し姉の気持ちが叶う事を願っているとおっしゃられておりました。

『素直そうに成長され、もし結婚されるなら、お幸せになって欲しい。」といった書き込みが見られました。佳子さまの婚約内定発表も、近いうちに行われるかもしれませんね。では、続いての記事に移ります。 今回の記事では、「キコさまの実弟、川嶋さんが『喪中再婚』で家庭生活の不安」について、ご紹介していきます。2022年3月『女性自身』によると、キコさまの実弟である川嶋舟さんがその前月である2月に、10歳年下の女性と再婚していたことが判明。当時、キコさま·舟さんの父親の川嶋辰彦さんが亡くなってからわずか3か月ほどしか経っていなかったため『喪中再婚』と言われていました。 舟さんの最初の結婚は、2006年4月福島·相馬市内のある神社で禰宜職にあった女性でした。その女性との間には長女が誕生していますがわずか6年程の結婚生活で、幕を閉じています。

離婚の原因としては、舟さんが基本的に東京で単身赴任を続けていたことで夫婦間のすれ違いが生じたからと言われています。最初の結婚から約10年後、舟さんは再婚を果たしましたが当時の宮内庁からは困惑の声が聞かれていたそうです。 宮内庁関係者からも「キコさまはご実父が亡くなられ、2月上旬まで90日間は服喪されていました。舟さんはその期間中に再婚をされたため、急ぎすぎではないかという話があったそうです。」という話が聞かれていました。服喪については、一般社会よりも宮中には厳しい考え方があります。秋篠宮さまとキコさまが婚約を発表された際も『昭和天皇』の喪中期間であったため、異例のこととして物議を醸しました。 舟さんは皇族ではないにせよ、秋篠宮家の風当たりの強さも関係して批判の声が聞かれるのではないかと、キコさまは心配していたそうです。舟さん自身は、週刊誌等の取材時に「そのことについては、静かに見守っていただければ」と話していましたが、周囲の人たちからは『心配の声』が聞かれています。

『秋篠宮さまが皇位継承を放棄されるのであれば、愛子さまに天皇として即位してもらいたい」と思ってしまいますよね。最後までお読みいただきありがとうございました。みなさんはどう感じられましたかぜひ、コメントをお願いします。

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *