【悲報】 結果を知って絶望…雅子さま大ピンチで地獄絵図!?

0

こんにちは。 現在は、 いつも天皇陛下を支えておられる様子が報じられ、様々なメディアも雅子さまを称賛していますが、 過去にはメディアの的外れな批判報道によって雅子さまが苦しまれていた時期がありました。 今回は、 そうした過去のメディアの雅子さまに対する批判報道が、 いかに的外れであったか、が話題になっています。

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos

こんにちは。 現在は、 いつも天皇陛下を支えておられる様子が報じられ、様々なメディアも雅子さまを称賛していますが、 過去にはメディアの的外れな批判報道によって雅子さまが苦しまれていた時期がありました。 今回は、 そうした過去のメディアの雅子さまに対する批判報道が、 いかに的外れであったか、が話題になっています。

その内容をお伝えしていきます。 あわせて、 素晴らしいと絶賛されている、 雅子さまが先日公表されたお誕生日文書についても一緒に紹介していきます。 ぜひ、 コメント欄にあなたの感想を記載して下さい。 12月9日、 59歳のお誕生日を迎えられた雅子さま。 お誕生日に際し、雅子さまの側近から 『今の率直な思いをストレートにお書きになってはいかがですか?」という提案が上がり、 雅子さまは、 率直な思いを文章に記されたそうです。 コロナ禍で困難に直面する人々に対して、 雅子さまは、 『コロナ禍や最近の物価高などにより、 多くの人々が様々な困難を抱えながら生活していることに心が痛みます。 3年近くにもわたって制のある生活を続けている子どもたちへの影響も案じられます。 」と綴っておられました。 こうした常に国民の安全や状況に気を配っておられるというのは、 雅子さまらしさを感じるとともに、 そのような配慮をしてくださっていることに、 心が打たれますね。 雅子さまは、 ご自身の人生について、「今回、 50代最後の誕生日を迎えるに当たり振り返ってみますと、 私が当時の皇太子殿下との結婚により皇室に入りましたのが平成5年6月9日、ちょうど29歳半の時でした。

本日の誕生日で、 その時からちょうど29年半になります。 いつの間にか人生のちようど半分ほどを皇室で過ごしてきたことに感慨を覚えております。 これまでの人生を思い返してみますと、 29歳半までの前半にも、 また、 皇室に入りましてからの後半にも、 本当に様々なことがあり、 たくさんの喜びの時とともに、 ときには悲しみの時も経ながら歩んできたことを感じます。 」 こうした雅子さまの文書に対して、 国民からはお誕生日を祝福する声と、今後の雅子さまの活躍を期待する声が寄せられていました。 しかし、 過去、雅子さまは何をしても利誌からバッシングの対象になっていました。

雅子さまはご自身が公表された文書でも明かされているように、 平成5年に陛下とご結婚されました。 結婚後、 雅子さまはご実家と連絡を取り合ったり、 時に食事をしたりしておられたのですが、 その度に週刊誌からは 「小和田家に皇室が乗っ取られる」 と非難されていました。 一方で、 紀子さまや美智子様がご実家と連絡を取ったとしても、称賛されるばかりで、 全く批判的な報道は流れませんでした。 2008年当時は、雅子さまバッシンクの最盛期で、 当時の週刊誌には 「小和田家は、『皇室の仕事ができないなら、 娘を引き取ります』 と言うべきでしょう。 皇后になったらそれこそ過密なこ公務が待っている。 勤めが果たせないのなら引き取るのが筋です。 」 と書かれていたり、 両陛下に対して「傲慢の罪を犯しておられる」 といったコメントまで書かれていました。 『文藝春秋』 2008年4月号の座談会で、 高岡紘氏は、 「他家に嫁いでもなお、妻の実家がしょっちゅうかかわってくる、 というのは、 美智子妃のときには見られなかったことです。

東宮家と天皇家との距離が広がるのと反比例するように、小和田家との距離が近くなっているのも気になります。 」と話していましたが 実際には美智子様はご実家と直接電話をつながれ、 諌めた侍従は左遷されるという事件が起きています。 また、 皇室ジャーナリストの岩井克己氏は、「天皇陛下の発言を聞くにつけ、 愛子さまのことで気になるのは、 雅子妃のご実家の小和田家との距離が近いことです。 小和田さん夫妻はオランダ在住ですが、帰国時は東宮御所に来られますし、 妹さんやそのお子さんは、 愛子さまの遊び仲間でもあり、 ディズニーランドにも一緒に行かれた。

雅子妃の小和田家との距離は、これまでの美智子皇后と正田家、 あるいは香淳皇后と久邇宮家にくらべても。 かなり近い。 」とコメントし、 雅子さまだけがまるで異例であるかのように話しています。 このように、 ご実家との関係が問題視され、 批判されていた雅子さまですが、 紀子さまの場合は、 ご実家との親しいお付き合いが明らかになっても、それが素晴らしいことであると報じられていました。 高清水有子氏は、「紀子さまとご実家とのお付き合いも、 私たちが思っている以上に自由なようです。ご結婚後から、 川嶋ご夫妻がときおり秋篠宮邸を訪れることがあります。

また、電話でのご連絡もおありだとうかがっております。 私たちは、 皇后さまがその昔、ご実家との交際も遠慮なさって、 皇室の中での孤独に耐えていらしたというイメージを強く持っているために、 紀子さまの場合も······と思いがちなのですが、現実の皇室は一歩先に進んでいるのかもしれません。 」と絶賛。 明らかに雅子さまに対する評価と異なっています。 また、 美智子様がご実家と何度もやりとりしていたことはすでに有名な話ですね。 美智子様のご実家に直通電話が引かれ、 美智子様は頻繁にお母様と電話しておられました。

しかし、 そうした話は美談として当時語られており、 注意した山田康彦侍従は、 左遷されてしまいました。 こうした過去があったことについて、 宮内庁関係者は、 「雅子さまは、美智子様から執拗ないじめに遭われていたのですが、 美智子様はそれだけでは物足りず、 雅子さまに関する批判的な報道をするように、 週刊誌に圧力をかけておられたそうです。 一方で、 ご自身や紀子さまに対しては一切そういったマイナスなイメージを与えるような記事を書くことがないようにも厳重に注意しておられたようです。 週刊誌を愛読しておられる美智子様からの要望だったので、 週刊誌側も断ることができなかったのでしょうね。 こうした過去があったことについては、とても残念に思っています。 」 と話します。

皆さんは、 雅子さまだけが理不尽に注意されていたことについてどう思いますか。 「紀子さまや美智子様、そしてそれぞれの実家は皇室利用をしていた過去があったのだから、 そうしたことも明るみにするべきだ』 と感じた方は応援して下さい。 「最後までご視聴ありがとうございましたー!」 「まだの人はチャンネル登録とー 新着動画の通知を 受け取れるようにベルマークのボタンを押していってねー」 「動画がおもしろければ高評価、 つまらなければ低評価、 どっちでも良いから好きな方押して行けよな」 「それではまた次の動画でお会いしましょう」

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *