上皇さまが美智子さまの“振る舞い”にかけられた一言に関係者納得… 『誰がそんなものを‥』美智子が残したものに雅子さま唖然。

0

「実際に我々がアメリカの警備業界関係者に見積もりを依頼したところ、 小室さん夫妻の警備の時間単価は、1万2000円と想定されることが判明しました。 さらに、 警備員と運転手計4人が24時間小室さん夫妻に張り付くと、 1万2000円×24時間×4人×31日で、月額357 1万2000円となります。

みなさん、こんにちは。 チャンネルをご覧いただきありがとうございます。この動画に対して、いいねボタンでの評価を頂けると嬉しいです。今回取り上げるニュースはこちらです。 同誌の皇室担当デスクは、 政府関係者の話として小室さん夫妻の警備をN Yの民間警備会社に委託する案が浮上し、 外務省と警察庁の 担当者が検討を始めたとして次のように述べています。

「実際に我々がアメリカの警備業界関係者に見積もりを依頼したところ、 小室さん夫妻の警備の時間単価は、1万2000円と想定されることが判明しました。 さらに、 警備員と運転手計4人が24時間小室さん夫妻に張り付くと、 1万2000円×24時間×4人×31日で、月額357 1万2000円となります。 そのうえで、 夫妻が移動に使う車両費用として1日5万円が悲定されます。 この代金は月額で310万円とも。 つまり、全てを合計すると月額3881万2000円になるのです。 そこへ私邸常駐警備などを追加すると、 月額費用は7000万円を超えると我々は見積りました。 この7000万円に12カ月を掛けると、 8億4000万円となるということです。もちろん、 この金額については各女性誌などの一部週刊誌系メディアによって違います。 例えば、 女性自身はアメリカの民間警備会社に眞子さん夫妻の警備を依頼する計画を立てているという記事を掲載していますし、 その原資として使途を公開する必要がない外交機密費を充てるとも伝えています。 場合によっては、その額だけで年間8億円にのぼるとも。

さすがに外交機密費だけで8億円は誇張も入っているとは思いますが···。 いずれにせよ、 火のない所に煙は立たぬともいいます。 こうした記事が大衆に求められるのも、 これまでの小室夫妻の行いが決して品行方正なものではなかったからに他なりません」以上が1つ目の記事の内容です。 おそらく、 小室夫妻への税金投与については8億という数字がひとり歩きしてしまった側面もあるでしょう。 しかしながら、 アメリカで夫妻をサポートするために人員が割かれているのは紛れも無い事実です。 今の職場も本人の能力を買って採用されたわけでもなくあらゆる点で特別扱いで成り立っていることを大前提として話を進めるべきだと思いますよね。 では2つ目の記事に移ります。 さて、 世は令和となりましたが、 いまだに出版界の主役は美智子さまだとも言われています。というのも、 元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司さんが監修した 『上皇·上皇后さまがお慈しみの植物図鑑』 が、 6月17日に再販となったのです。 内容としては、 両陛下のお傍にあった3種の植物を、 お歌やエピソードとともに紹介するという図鑑です。

内情に詳しい宮内庁職員は、 次のように述べています。 「正直申し上げますと、 売り上げは今一つなんです。 確かに平成の頃は美智子さまの写真をカバーに出せば、 飛ぶように売れた頃もありました。 令和になり、ご退位された今となっては、 やはり天皇ご一家に注目が集まるのは仕方ないのかもしれません。 しかしながら、 それでも一定層には美智子さまの根強い需要があります。 美智子さま関連団体からのまとめ買いもあるため、 今回再販がかかったわけです。実際のところ、 宮内庁の外郭団体である菊葉文化協会がつくる皇室カレンダーでは、令和元年から令和4年に至るまで、 雅子さまより美智子さまの登場回数が多いくらいです。 それよりも我々職員が驚かされたのは、令和元年11月9日の国民祭典で使われた告知資料です。 覚えている方も多いかもしれませんが、 なんと中央には純白の衣装に身を包む美智子さまのお姿があったのです。

お隣の上皇陛下は背景に溶け込んでおり、 凝視しなければ気が付かないほど見事に同化していました。 さらに、 主役である天皇陛下と 雅子さまに至っては、 欄外に小さく掲載されるという驚きの扱いだったのです。 ある意味、 令和となっても平成と変わらぬ存在感を放つ美智子さま。 昭和の頃は、よほどの記念がないかきり皇室写真集など刊行されませんでしたが···。 平成のあいだは、 何でもいいからともかく記念を探して出版するという状況でした。通常ですと、 出版社側が宮内庁に 『監修』 を依頼するのが通例なのですが、 宮内庁側から出版社に刊行を打診することもあったようです。 こうした歴代の写真集を見直すと、 確かに美智子さまが眞子さまに宛てた手紙や、 悠仁さまのご出産の際のお写真は確認されますが、 不自然なことに愛子さまや雅子さま、そして皇太子殿下の写真が一枚もないという構成になっているのです。 いわゆる写真集騒と言われるものですが驚きなのはこれだけではありません。 これはつい最近明らかになったことですが、 宮内庁は一昨年6月12日に、 愛子さまが小学校三年生から自宅で養蚕に親しまれていたと発表しました。 にもかかわらず、 この写真集には愛子さまのエピソードは一切載っていなかったのです。

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *