0

また5月24日には、皇后さまが日本赤十字社の名誉総裁として初めて臨まれた『全国赤十字大会』が開かれたのですが、溌刺とされていた皇后さまとは対照的に、キコさまはうつむきがちで、笑顔も乏しくおいででした」(宮内庁担当記者)これに関しては狙っているんじゃないかと思うほどその通りです。表情の差をご覧ください。

みなさん、こんにちは。 チャンネルをご覧いただきありがとうございます。この動画に対して、いいねボタンでの評価を頂けると嬉しいです。今回取り上げるニュースはこちらです。

秋篠宮家の憂鬱平成の終わりから今に至るまで、秋篠宮家はスキャンダルが続いています。小室圭問題、悠仁さま刃物事件、佳子さま奔放発言、秋篠宮殿下のクスリ漬け、秋篠宮邸40億円改修、小室圭さん司法試験力ンニング、悠仁さま赤点落第などなど。かつてメディアから寵愛された秋篠宮家は、凋落の一途をたどっています。

愛子天皇待望論を国民の6割が熱望し、秋篠宮家の廃嫡を望む声も出てきています。騒がれるここ最近です。宮内庁担当記者も次のように惨憺たる状況を語っています。かつて満面の笑顔だったキコさまの姿はもはやどこにもありません。「最近の秋篠宮ご夫妻のご様子は只事ではありません。4月初日から翌日にかけての一連の儀式の間も、秋篠宮さまのご表情はすぐれませんでした。

また5月24日には、皇后さまが日本赤十字社の名誉総裁として初めて臨まれた『全国赤十字大会』が開かれたのですが、溌刺とされていた皇后さまとは対照的に、キコさまはうつむきがちで、笑顔も乏しくおいででした」(宮内庁担当記者)これに関しては狙っているんじゃないかと思うほどその通りです。表情の差をご覧ください。

キコさまご尊父の「黒い交際」そんな満身創痍の秋篠宮家なのですが、懸念は内部だけではないようです。『週刊新潮』(2019.6.6号)は、キコさまのご実家·川嶋家の問題を詳しく特集。なんとキコさまの父·辰彦さん(学習院大名誉教授)の「黒い交際」を紹介しています。「退任前から今に至るまで、川嶋さんがきわめて親しくしている人物が新潟県にいます。

実は、その親密さについて不安視する声が上がっているのです」(川嶋家の事情を知る人物)この「親しくしている人物」とは、上越市でパチンコ店を経営している「三井企画」を営む三井慶昭社長のこと。パチンコ業界といえばともかくグレーなイメージが付きまとうもの。

もちろん「グレーなだけでクロじゃないから良いのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、「李下に冠を正さず」という言葉があるように、皇族関係者であるならば、疑わしいものそれ自体を離れる必要があると思います。たとえば、小室圭さんのフォーダム大学「奨学金」は、本当は実力で勝ち得たものかもしれません。しかし、この状況で受給しては誰がどう見ても「皇室利用」に映ります。

ここで小室圭さんに求められていたことは、「皇室利用」の誹りを受けないように、「奨学金」を辞退することだったのではないでしょうか?私はそう思います。先月1月29日の夕方、上皇陛下はお住まいの皇居·吹上仙洞御所内で一時的に意識を失い、倒れられた。

陛下が倒れられた際には、そばにいた美智子さまが体を支え、非常ブザーを押された。すぐさま侍医らが駆けつけ、診察が行われるとまもなく意識が回復したという。上皇陛下は倒れられた日のお昼まで、都内で開かれた学習院の同窓会に出席しており、学習院時代の同級生らに元気な姿を見せられていた。それだけに、当日同窓会に参加していた旧友らは今回のニュースを見て大変驚いたようだ。

また翌朝には、朝食をとった後に病院で検査を受けたが、脳梗塞など病気につながる所見は認められなかったという。上皇陛下が倒れられた当時、そばには美智子さましかおられなかったというが、実はこの状況に違和感を覚える職員もいる。上皇ご夫妻に近い関係者にある皇室関係者は次のように語る。

「上皇陛下が倒れられた当時、美智子さま以外に周囲に誰もいなかったとのことですが、吹上仙洞御所内にいながら65人もいる上皇職の者が一人もその場を目撃していないということには驚きました。特に、現在では上皇陛下と美智子さまはともにお身体の調子が万全ではなく、職員らは常にご夫妻のお身体に何か異変があればすぐに対応出来るよう目を配っているはずです。

職員の語るところによれば、上皇陛下が倒れられる直前に美智子さまが、職員の者に少し席を外すよう頼まれたそうですが、まさにその職員がご夫妻のお傍を離れたその直後に上皇陛下が倒れられ緊急ブザーが鳴らされたようです」(皇室関係者)お身体の調子が万全ではないご夫妻から目を:離していたということで、当時傍にいた職員の行動は上皇職の内部でも問題となったようだ。

不可思議な状況とお引越しの延期とはいえ、やはりこのような不可思議な状況に疑問を持つ職員も多い。「実は、このような状況で、本当に上皇陛下は気を失って倒れられたのか?と疑問を持つ職員もいるのです」(同前)ともあれ、上皇陛下が倒れられた影響で、お引越しの期限は更なる延期となりそうだ。

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *