皇室

ついにアメリカ捜査当局が動く!堂々発表 小室圭さんまさか!

  今日も動画を観ていただき、ありがとうございます! 今回のテーマは ? 有頂天な小室圭さんに”思わぬ落とし穴” アメリカ捜査当局が事情聴取へ 不正、 詐欺…小室母子「逮捕」を差し止めた“あの方”の一言 小室圭さんカンニングに捜査当局が動き出す 小室圭さんがピンチです。 ようやく「三度目の正直」でニューヨーク州司法試験を乗り越え、有頂天になっているのもつかの間、 実は試験問題が事前に漏洩したことが明らかになり、しかも小室圭さんがカンニングしていた疑惑が浮上。 日本国内からアメリカの捜査当局に苦情が寄せられ、小室圭さんが事情聴取を受ける可能性があるそうです、 この問題に詳しい専門家は次のように語ります。 「9月の試験の段階で、試験後、小室氏はニューヨーク総領事館関係者に『試験では、 聞いていた通りの問題が出たのでバッチリだった。 今度こそ大丈夫だ』と自信満々に語ったことが月刊誌テーミスの10月号で報道されています。 また、週刊文春では、試験会場で15本もの鉛筆を持ち込んでニヤニヤしていたことが報じられています。 この15本もの鉛筆に試験問題の解答が刻んであったのではないかと疑われています。 今回の合格報道を受け『やっぱりカンニングしていたか』と思う国民も多かったのは事実です。 SNSではアメリカ捜査当局に情報提供する呼び掛けがなされました。...

久子さまついに公言「悠仁さまとは●●です」重大警告…

今日も動画を観ていただき、ありがとうございます! 今回のテーマは ? 久子さま「都道府県の名前すら知らない悠仁さんに天皇はムリ」 キコさま激昂「ショーライのテンノー」と3分間絶叫し続ける珍事 悠仁さまの受験勉強 高校一年の秋学期で「赤点」を出された悠仁さま。 これまでキコさまご用達のメディアから「ご優秀」と喧噪され続けた裏で、だんだんと化けの皮が剥がれてきています。 小学校・中学校時代から悠仁さまの学力を怪しむ声は多かったですが、さすがに進学校の筑附では全く相手にならなかったようです。 しかし去年11月30日の秋篠宮様57歳の誕生日会見では、この赤点の話題は何も出ませんでした。 これを受け、この記事の信憑性を疑う声も出ています。 『フライデー』では次のように校内の声を紹介しています。 筑波大附属高校に進まれた悠仁さまに関して先月、「成績不振」「赤点」といった報道があった。 これに校内からは疑問の声が上がっている。 同校生徒が言う。 「記事を見て、かなり違和感がありました。 それってなんですか?って感じです。 そもそも筑附には『赤点』という制度はありませんから、生徒の間で赤点という認識はありません。 そんな言葉は使いません。 定期試験をしても成績の発表はありませんし、自分が学年で何位か、という順位はわかりません。...

天皇陛下「沈黙」を破り!! 愛子様号泣とは? 皇室追放!! 最後通告 !

みなさん、こんにちは。 チャンネルをご覧いただきありがとうございます。この動画に対して、いいねボタンでの評価を頂けると嬉しいです。今回取り上げるニュースはこちらです。 あわせて、 愛子天皇誕生と悠仁さまの皇位継承順位の関係性についても一緒に紹介していきます。ぜひ、 コメント欄にあなたの感想を記載して下さい。 秋篠宮家への批判が過熱する一方で、 高まる愛子天皇待望の声。 女性天皇を容認するかどうかという世論調査では、 なんと8割が女性天皇に賛成していました。 それにもかかわらず、現在女性天皇がかなわないのは、 皇室典範にて 「皇位は、 皇統に属する男系の男子が これを継承する」 と定められているからです。 この "男子" という部分によって、愛子天皇誕生が阻まれているわけですが、 女性天皇が認められればどうなるのでしょうか。 女性天皇が認められるということは、...

破談決定 !! 上皇陛下がまさかの発表!! 悠仁さま 真っ青…

みなさん、こんにちは。 チャンネルをご覧いただきありがとうございます。この動画に対して、いいねボタンでの評価を頂けると嬉しいです。今回取り上げるニュースはこちらです。 どうやら、 来年の大学受験を控えた悠仁さまの教育問題が取り沙汰されているばかりか、 愛子さまの素晴らしいこ成績がより一層際立つ結果になっているようなのです。 今回はそちらについて書かれた 記事を見つけましたので、 紹介と詳しい解説をしていきます。 まず1つ目は、 秋篠宮家に関する話題をお届けします。 ここからは一部引用を含みます。 さて、 11月30日に秋篠宮さまは57歳の誕生日を迎えられましたが、その直前となる22日に改修工事が終わった秋篠宮邸の内部が公開されました。 元宮内庁職員の山下晋司さんは、 次のように述べています。 「約30億円とも言われる総工費について批判的な声もありますが、 ひとつ言えるのは贅沢な暮らしをするための豪邸ではないということです。 10月にはブータンの王女と王子を秋篠宮邸に招いて接遇されましたし、 皇位継承順位1位の皇嗣となれば、 宮邸で外国王族などの賓客を接遇する機会も少なくありません。...

スペイン国王衝撃発言!!! 日本の恥さらしだ … 皇室の屈辱だつ!!

みなさん、こんにちは。 チャンネルをご覧いただきありがとうございます。この動画に対して、いいねボタンでの評価を頂けると嬉しいです。今回取り上げるニュースはこちらです。 スペイン国王衝撃発言!!! 日本の恥さらしだ ... 皇室の屈辱だつ!! 小室問題が表面化してから渦中にある秋篠宮家 そんな中、秋篠宮殿下は。 昨年、総額41億円もかけた大豪邸に引っ越し、国民の顰蹙を買った。 「国民感情を理解している秋篠宮さまは素晴らしい皇族だ!」「娘を大切にする秋篠宮さまは、人間としても父親としてもご立派!心から尊敬します」という声も聞こえるが、その数やあまり多くない。 そんな秋篠宮殿下が今、海外王室から批判を受けていることは御存じだろか? 今回は秋篠宮殿下の「名誉博士号問題」 を紹介したい。公務の傍ら、専門分野の研究を続ける皇族方。 生物学者であった昭和天皇は、1929年からヒドロ虫類の研究を始められ、生涯に渡り海洋生物のご研究を進められた。 また今上陛下は、歴史学 (交通史、流通史)の人文科学、社会科学に近い分野を専攻され、1983年から1985年のオックスフォード大学留学中には、イギリスのテムズ川の交通史についてのご研究を進められ、著書『テムズとともに英国の三年間‐』 (学習院教養新書、1993) にまとめられている。 以降も、国際連合事務局 「水と衛生に関する諮問委員会」の名誉総裁を務められながら、2019年には『水運史から世界の水へ』(NHK出版)という、過去に行った講演内容をまとめた著書を上梓された。本書を引用する。...

宮内庁から発表奈落の底へ!! 秋篠宮家の海外公務は紀子さまからの要望で無理矢理設定したモノだった!?

こんにちは。今年9月に秋篠宮ご夫妻が日本とベトナムの外交関係樹立50周年を祝うため、ベトナムを訪問する予定であることが報じられましたが、国民からは反発の声が挙がっています。 そればかりか、海外ご公務が嬉しいあまりキコさまが起こした行動が、一歩間違えば国際問題になりかねないと問題になっているようです。今回はそちらについて書かれた記事を見つけましたので、紹介と詳しい解説をしていきます。さて、今年の9月に秋篠宮ご夫妻が日本とベトナムの外交関係樹立50周年を祝うため、ベトナムを訪問する予定がマスコミ各社から報じられました。 内情に詳しい皇室ジャーナリストは、次のように述べています「秋篠宮ご夫妻の外国公式訪問は、令和時代に入ってから3回目となります。2019年にはポーランドとフィンランドを訪れ、今年5月にはチャールズ国王の戴冠式に参列するためにイギリスを訪問しています。ネット上では今回のべトナム訪問に関して、ペトナム側が天皇皇后両陛下の訪問を望んでいたにも関わらず、秋篠宮ご夫妻の訪問に変更されたという話題が広がっています。 背景にはキコさまからの要望があったようで、「海外訪問は、両陛下よりも、私と宮さまを優先しなさい」という内容でした。宮内庁側もこの要望に屈し、結果的にペトナム訪問は秋篠宮ご夫妻が行くことに決定されました。しかし、こうした事態は初めてではありません。今年5月には、キコさまがイギリスから両陛下宛てに届けられた戴冠式の招待状を強奪したことが話題となっていました。 ベトナム訪問に関しては昨年9月に行われたグエン·スアン·フック国家主席と日本の天皇陛下との会見の際に、2023年に両国の国交樹立50周年を迎えるとから、グエン·フー·チョン共産党書記長が天皇·皇后両陛下をベトナムに招待ずるという言葉が伝えられていました。 英国訪問に関しては、チャールズ国王が天皇陛下の出版された書籍『テムズと共に』英語新版の推薦文に「天皇家のみなさんはいつでも大歓迎」と書いたことが明らかになり、大変な話題となりました本来、天皇皇后両陛下が参列すべきであったチャールズ国王の戴冠式に無理やり参列された秋篠宮こ夫妻。 同様に今回のベトナムとの国交樹立50周年に際しても招待されていた天皇皇后両陛下を差し置いて公式訪問しようとされていますこのことは日本のネットメディア等でも散々に批判がなされていますが、何よりもこのことに激怒しているのはベトナム政府でした。 秋篠宮ご夫妻の訪問を伝えられたベトナム政府は日本政府の対応に激怒し、もし両陛下が訪問せずに秋篠宮ご夫妻が訪問するのであれば、国家賠償請求も辞さないという覚悟を示しています。秋篠宮家はベトナム訪問を通して、国内外にその威光をアピールしようとしていました。しかし、国家賠償請求の可能性が浮上するなんて誰も予想していませんでした。この事態によって、秋篠宮家が国民からの信頼を回復するのは難しいでしょう。 ベトナム側の反応は政府や宮内庁にとっても驚きの連続で、対応に苦慮しています。問題の原因を作ったとされるキコさまに対しては、逆ギレされているとの声もあります。キコさまは一連の騒動に対し、強い口調で「わざわざ土人ばかりが住んでいるベトナムまで足を運んであげるのだから、光栄に思いなさいよ!全く、失礼な話です」と自身の立場を主張しています。さらに訪問キャンセルに対するキコさまの反応は非常に厳しいもので「訪問キャンセルなどは決して許しません」と宮内庁や外務省を苦慮させています。 一方で、キコさまの強行論に対しベトナム政府は秋篠宮こ夫妻の訪問を全力で拒否しており、これが新たな問題を引き起こしています。ベトナム訪問を強行しようとするキコさまと、それを拒絶するベトナム政府との間で宮内庁や外務省は板挟みになっているようです」以上が1つ目の記事の内容です。結局のところ、本来ベトナム政府が招待したかったのは天皇家で、秋篠宮家ではなかったということですにもかかわらず勘違いして喜んでいたキコさまが、なんとも哀れな存在に思えてなりませんね。 では2つ目の記事に移ります。さて、宮内庁によると約30億円をかけて行われた宮邸の増改築工事により、秋篠宮家の次女である佳子さまがひとり暮らしを始めたとのことです。宮内庁は「経費節減のため」と説明していますがその根拠については示されていないため、国民からの共感を得るのが難しい状況。 宮邸の増改築にかかった費用が約30億円という額であるならば、一般的には家族と一緒に住むのが一般的でしょうし、ひとり暮らしの目的が経費節減であるならば、その根拠を示さなければ国民の納得は得られないと指摘されています。 歴史に詳しい国士舘大学の藤森馨教授によれば、戦前の皇室と現在の皇室では財政的な余裕が異なるとのことです。戦前の皇室は終戦時には昭和天皇の母である貞明皇太后が「維新前に戻るだけですね」と述べるほどの厳しい経済状況だったとされています。江戸時代においても、皇室の所領はわずか万石であり小大名や公家よりも経済的には厳しい状況でした。その中から人件費や日常の生活を賄っていたとのことです。したがって、現代の皇室も経済的な制約があると言えるでしょう。 現在の皇室は高齢化と少子化が進んでおり、秋篠宮家は公務を支える役割を果たしています。また、皇嗣家である佳子さまが海外王族の賓客の接遇を行う際にも宮邸の施設を使用するとか考えられます。このような背景から、宮邸の増改築には相応の費用がかかることはやむを得ない側面もあるでしょう。皇室に仕えた別の人物も、こう嘆きます。「佳子さまもよいご年齢なのだから、ご両親と距離を置きたいこともあるでしょうと秋篠宮家に寄り添った感想を漏らす宮内庁の人間もいます。 しかし、金銭的な事柄で国民に説明できなかったり、国民の共感を得られなかったりする状況は皇室にとってよいことではありません。それほどおひとりで暮らしたいのであれば、9億8千万円の『分室』ではなく、いっそ赤坂御用地の外に出ておひとり暮らしをなさるのもよろしいのではないでしょうか。宮内庁は今年4月積極的な広報や情報発信の強化を見すえて「広報室」を新設したばかり。 秋篠宮邸の増改築工事おける「経費節減」の根拠を示すことこそ、国民との信頼を結ぶ情報発信へとながると思います」以上が2つ目の記事の内容です。はっきり言って、増税やら物価の高騰で国民の懐事情はかなり苦しいです。国民の暮らしぶりを一度ご覧になってほしいですよね。毎日信じられない猛暑ですが、電気代を少しでも安く抑えようとつける部屋の数や時間を少なくする。 卵も以前に比べて、2、3倍近く値上がり。料理で使う数だって少なくしたりしています。それでも給料は変わらず、出費は増えるので財布の紐を締めざるを得ない国民は大勢います。国民に寄り添うのが皇室の在り方だと思っていたのに国民のそんな切実な事情も顧みず、自分の一人暮らしに数意円もかけたいなんて、国民に寄り添うどころか随分と我儘な皇族だとしか思えませんねそんな最近の皇室事情ですが、続いては悠仁さまの警備体制の問題に関する話題をお届けします。 さて、現在筑附高に通われている悠仁さまについて週刊誌で最も広く取り上げられているのは、警備の厳重化問題です。筑附の警備体制の強化に関しては、フヅテレビやTBS等も含めた大手メディアも、24時間体制の警備員2名を校門前に配備したこと、外部からの侵入者を防ぐため、鉄条網や鋭い棘のついた忍び返しという設備を敷設したこと、さらに校内に複数の監視カメラを設置したことなどが報じられています。 これらの問題の他に、一部のネットメディアで話題となり注目を集めた事件が、悠仁さまへの帰れコール事件です悠仁さまが筑附の入学式に参加された際には、一部の生徒らが悠仁さまに向かいヤジを飛ばし、帰れコールも起きたのですが、このヤジを飛ばした学生らは、その後停学処分を受けているのです。このように、現役の筑附高在校生からすこぶる評判の悪い悠仁さまですが、学校側は悠仁さまの悪評がこれ以上広まらないようにということで、先日ついに、生徒たちのSNSの使用を全面的に禁止することを決定したようです。 保護者LINEでそのお知らせを受け取ったある生徒の保護者は次のように述べています。「どうやら、この決定の裏には悠仁さまの悪評をこれ以上広めたくない、というキコさまのご意向が強く関係していたようです現在、学校側の上層部はほとんどキコさまの言いなりのような状態になっています。...

悠仁さま 窮地!! 悠仁さまの皇位継承順位をがひっくり返る!!

こんにちは。皇位継承順位から将来の天皇は悠仁さまになることがほとんど確定しているものの次期天皇を愛子さまに担ってほしいという声が多数上がっており、自民党内でも愛子天皇を支持する動きがあるようです。 今回は、岸田文雄総理が秋篠宮家に見切りをつけたのでは、という情報が話題になっています。一体どういうことなのでしょうか。その内容をお伝えしていきます。あわせて、皇位継承に関する有識者会議や悠仁さまではなく、愛子さまに天皇になってほしいという声がなぜ多数派になっているのか、についても一緒に紹介していきます。 ぜひ、コメント欄にあなたの感想を記載して下さい。安定的な皇位継承の在り方について、政府は12日に有識者会議がまとめた報告書を国会に提出しました。報告書には、「悠仁さまの次代以降について具体的に議論するには機が熟していない」としたうえで、皇族数を確保する方策を2つ提案されていました。 一つは、結婚後も女性皇族が皇族の身分を保つというもの、もう一つは、養子縁組により旧皇族を復帰させるというものでした。しかし、立憲民主党は、有識者会議の報告書は「安定的な皇位継承の在り方」ではなく、「皇族数の確保」に論点がすり替わっているどし、憲法に抵触するおそれがあるという[問題があると認識しました。 多少の進展はあったものの、具体的な決定についてはまだされていないため、今後どこまで、安定的な皇位継承についての議論が進展するのかは、まだわからない状態です。皇位継承に関する有識者会議は、2005年から行われていたものの、悠仁さまが誕生したことにより改正案が提出されることなく、現在まで、問題が先送りになっています。このまま、安定的な皇位継承策が決まることがなければ、象徴天皇制はいずれ崩壊の道を辿ることになるでしょう。 かといって、女性·女系天皇を簡単に認めることはできません。日本は、国民が主権を握っており、日本国憲法第一条には、天皇という地位は、主権者たる日本国民の総意に基づくものとされ、国会の議決する皇室典範に基づき、世襲によって受け継がれる、と定められているからです。また、女性天皇は認めるが、女系天皇は認めない、といった声もあがっています。 自民党内でもそのような勢いが強いようで、高市早苗政調会長は、「私は女性天皇に反対しているわけではありません』と述べています。さらに、岸田文雄首相も皇位継承問題に「女系天皇以外の方法を検討すべき』としており、女性天皇には反対していません。 一方で、河野太郎氏は、「愛子さまから順番に、女性の皇室のお子さまを天皇にしていくというのがつ」と、女性天皇容認論を語ったことがあります女系天皇の賛成意見の理由として、仮に悠仁さまが結婚された場合お相手の女性には、男子を産まなければならない、というプレッシャーが重く伸し掛かるため、そのようなことは人間らしく生きることを否定するものになるのでは、という理由があるようです。 旧皇族が皇籍に復帰するというものに関しても、慎重にことを進めなければいけない問題と言えるでしょう。1947年、GHQの意向もあり、11宮家51人が皇籍を離脱しました。伏見、閑院、久邇、山階、北白川、梨本、賀陽、東伏見、朝香、竹田、東久邇の各宮家です。絶たれてしまった家系もあるといいますが、旧宮家の若い男性の中には、皇籍に復帰する決意を固めている者もいるようです。 皇室典範で、養子が禁じられているのは皇族費が枯渇するおそれがあったからのようですが、現在は、皇族数の減少が問題となっているためその心配は不要と言えます。 今まで一般市民として過ごしてきた人が、突然、次の日から皇族として公務に携わるようになるというのは、国民にとって受け入れがたいものなのではないかとの意見もありますが、「旧皇族が復帰するという案は多くの支持を得ています。天皇の地位を国民の総意に基づくとする、この基盤を崩しかねない問題なため、安定的な皇位継承策は、かなりデリケートな問題と言えるでしょう。 悠仁天皇よりも愛子天皇、という勢いが強くなった理由としては、やはり秋篠宮家に対する風当たりが強くなったことが原因でしょう。眞子さんと小室圭さんの結婚で露呈した、秋篠宮家の公よりも私を優先する態度は多くの国民から、秋篠宮家への敬愛を奪っていきました。 対して、雅子さまはご体調が回復基調にあると報告され、愛子さまは先日成年皇族として立派に成長した姿をお披露目されました。また、加えて秋篠宮家が湯水の如く国民の血税を使っているのに対し、天皇家は改修工事、引越し費用もできる限り節約していました。秋篠宮家と天皇家の、皇室のあり方に対する認識の差が国民からの敬愛の差へとつながっているのでしょう。 世論を見ても、8割以上が女性天皇に賛成しているという調査もあり皇位継承に関する今後の議論も、世論を無視できなくなっています。現実的に、愛子さまが天皇として即位することは難しいと言わざるを得ませんが、しかし、一方で、これほどまでに女性天皇を待望する声があがったことも、明治以降ないことのため、秋篠宮家に皇位が移らない将来も、あり得るかもしれません。 まるで、愛子天皇を待望する世論を後押しするかのような発言をした岸田文雄総理ですが、宮内庁職員らの間では、とある噂が広まっているようです。宮内庁関係者は、「職員内では、岸田首相が女性天皇を遠回しに認めるかのような発言をしたと、話題になっており、加えて、秋篠宮家へ皇位が移るごとに、抵抗を感じているのでは、との噂もあります。 今後も、これらの問題から目が離せません。「女性天皇に自分も賛成している」と感じた方はGoodボタンを押して、応援して下さい。このあと雅子さまに関連した動画もご案内しますので興味があるものがありましたら是非、御覧ください。

紀子さまは消滅する!!!

みなさん、こんにちは。 チャンネルをご覧いただきありがとうございます。この動画に対して、いいねボタンでの評価を頂けると嬉しいです。今回取り上げるニュースはこちらです。 皇室献上品詐欺男が逮捕。 今月7月28日、「宮内庁関係者」を自称し、福島市内の農家に皇室に献上すると持ちかけて桃をだまし取ろうとした男性が福島県警に逮捕されました。 「宮内庁関係者」を自称し、福島市内の農家に皇室に献上すると持ちかけて桃をだまし取ろうとしたとして、福島県警は28日、東京都練馬区大泉学園町2丁目の職業不詳、加藤正夫容疑者(75)を詐欺未遂の疑いで逮捕し、発表した。県警は認否を明らかにしていない。 県警捜査2課によると、加藤容疑者は5月下旬、皇室への献上品を選ぶ手続きができる立場ではないのに、福島市の農家の70代男性から桃をだまし取ろうと考え、男性に献上を依頼したが、男性から依頼を断られたため、未遂に終わった疑いがある。農家が7月に入り県警に被害届を出していたという。 朝日新聞の取材では、加藤容疑者は、全国で少なくとも十数軒の農家らに農作物などを皇室に「献上」するよう持ちかけ、献上のお礼として「皇室からの木札」を届けるなどしていた。宮内庁は今月14日、職員が一般の人に物品の献上を依頼することはないとして注意を呼びかけた。 逮捕を受けて、農家の男性は「(容疑が事実だとすれば)何でだましたのか。何がほしくてやったのか。それだけを知りたい」と話した。 福島市は、農家が加藤容疑者から受け取った木札の写真を市内の「道の駅」に掲げて「献上桃」と宣伝していた。今月になって農家から連絡を受け、外していた。 市農業振興課の担当者は「一生懸命やってきた生産者のプライドを傷つける行為。警察には真実を解明してほしい。容疑者の行為がうそだったのなら残念だが、福島の桃のおいしさはうそではない」と話した。 宮内庁関係者を名乗り、皇室への献上品として、桃を騙し取ったというこの事件、現在でも不可解な点が多く、ニュースサイトのコメント欄では、「小室圭の問題のせいで、皇室のネームバリューを利用して悪さしようとする人間が表れた」といった感想や「真犯人は他にいるのではないか?」といった意見が書き込まれています。 不可解な事件ですね。 さっきフジの夕方ニュースで流してたけど、この人自身も宮内庁からお礼に何か預かったとか?虚言癖あるのかな?細かく調べてほしい 当時の事情を知る職員は辞めたりして調べがつかないのか? 一連の小室の件で「あ、皇室ブランドって利用したら強いのね〜」って感じた詐欺師は多いはず。。 容疑者なのに顔写真を載せている時点でやらせ。 真犯人はどこかにいる。 容疑者は、キコさまの関与を示唆。 すでに注目度は薄れており、このまま忘れ去られて人々の記憶からフェードアウトしそうなこの事件ですが、実は、この男性は、逮捕前に、メディアからの取材に応えて、「キコから頼まれおつかいで行った」などと述べている事も明らかになっています。 「宮内庁から皇室への献上品として、桃やみかん、リンゴ、米などの農産物を提供するよう求める文書が全国の農家に送られたという今回の事件。...

悠仁さまがまさかの発言!! 関係者で激量の嵐!

こんにちは。九州旅行での資料捏造疑惑など新たな問題が発覚し、多くの国民から批判を浴びている秋篠宮家の長男悠仁さまですが、どうやら親子間でもうまくいっていないようです。 今月末に鹿児島県で開催される全国高校総合文化祭に悠仁さまも出席される予定ですが、秋篠宮さまとキコさまとは絶対に行きたくないと出席拒否をしていると言われているのです。 今回はそちらについて書かれた記事を見つけましたので、紹介と詳しい解説を、していきますきて秋篠宮ご夫妻悠仁さまは、今月末に鹿児島県で行われる行事に出席されることになりました。内情に詳しい皇室ジャーナリストは。次のように述べています「悠仁さまの地方公務への同行は今回が初めてです。ご夫妻と共に7月29日から1泊2日で鹿児島を訪れ、「文化部のインターハイ」と呼ばれる全国高校総合文化祭に出席される予定となっています。 去年は東京都で開催され、同世代の高校生の行事であることから悠仁さまは夏休みを利用し、ご夫妻と共に都内の会場に足を運ばれました。悠仁さまといえば、作文コンクールでの盗作問題や筑附への不正入学疑惑、さらに現在では九州旅行での資料捏造疑惑など、様々な問題や疑惑が取り沙汰されています。その一方で、宮内庁からの誠実な説明は一切なされていないのが現実。そうした状況で、どのような意味があるのかも分からない地方公務への同行。 このような行動に関して、ニュースサイトのコメント欄では批判意見が数多く書き込まれています。様々な批判意見が書き込まれる中、特に多かったのが、東大を目指しているのに勉強に集中せず、わざわざ九州まで出掛けたりしていて大丈夫なのかといった内容のコメント。現在東大合格を目指す多くの一般国民の同級生は、脇目も振らずー心不乱に努力していることでしょうから、このような批判意見が出てくるのも、ある意味当然と言えるでしょう。 また、一般国民だけでなく今回の地方公務の同行に関しては、悠仁さまご自身も「行きたくない」と考えておられるようです。公務には開会式への出席や展示会場の視察、高校生との交流などが予定されていますが、悠仁さま自身がこうした公務に参加することを拒否されているのです。「パパとママと一緒に公務へは行きたくない」とキコさまに涙ながらに訴えられた悠仁さま。同行を拒否する理由の一つは公の場で「帰れコール」がなされることへの恐怖心であるようです。 これまでにも悠仁さまは筑附の入学式や伊勢神宮への参拝時に、一部の人々から帰れコールを浴びせられており、そのことに強い心の傷を負われていますさらに5月の訪英時には、秋篠宮ご夫妻が現地での王室反対デモで帰れコールを受けており、悠仁さまはこれが地方公務に臨む際にも起こりうると考えておられるようす。こうした事態を受け。皇室の内部からも問題視する声が上がっています。一部の職員からは、「悠仁さまが感じている恐怖を無視して無理に公務に同行させるのは、一種の虐待ではないか?」という懸念の声が寄せられているのです。 果たしてこれほどの恐怖を感じ、全力で拒否されている悠仁さまを秋篠宮ご夫妻は無理やりにでも同行させるつもりなのでしょうか?親としては、子の心情に配慮しつつも皇族としての役割と立場から公務への参加を強く求めざるを得ないでしょう。しかし、その中には悠仁さまの感じる恐怖や不安があることを無視することはできません。そのバランスをどう取るのか、それが皇室に求められる重大な課題となります。また、一部では「悠仁さまが体調不良を装って公務を拒否するのではないか」との憶測も飛び交っています。 このような憶測が生まれること自体が、悠仁さまの心情の深刻さを物語っていると言えるでしょう。悠仁さま自身が皇族としての役割と自身の感情との間で揺れ動いている様子は、一般の国民にも伝わっています。この問題が今後どう解決へと向かうのか、そして悠仁さまの感情はどのように変化していくのか、国民として注目せざるを得ません」以上が1つ目の記事の内容です。なんといいますか、無理やりにでも悠仁さまの活躍を国民にアピールしようとするキコさまの虚栄心については呆れてしまいますね···そんなことをしても、誰も秋篠宮家を信頼しないと思います。 では2つ目の記事に移ります。さて、宮内庁が発表した佳子さまの一人暮らしとその理由なぜ今のタイミングなのか。そして、経費削減が理由ならばなぜその額が示されないのか。宮内庁の突然の発表を解せない気持ちで聞いた人も多いでしょう。ただ、この問題を読み解くには令和の時代に女性皇族が置かれた環境を理解する必要があるようです。コラムニストの矢部万キコさんは、次のように考察しています『佳子さまは改修工事を終えた秋篠宮邸には引っ越さず、旧御仮寓所に引き続きお住まいになっています。 宮内庁ホームページにも「秋篠宮邸改修について」という文書がアップされていますからね。まさに、不思議なことがいくつもある突然の「佳子さまは一人暮らし」宣言でした。不思議なことの一つ目は、世間ではとっくに"常識"になっている一人暮らしをなぜ今になって発表したのかでしょう。加地皇嗣職大夫は「私的な事柄でセキュリティーにも関わる事柄なので説明は控えていたが、当初の計画から大きく変更をした内容なので、熟慮を重ねた結果、やはり説明をする必要があると考え、必要な作業などを経て発表に至った」と説明しているのです。だと、すれば、熟慮しすぎと思ってしまいます。 秋篠宮邸は「ベルサイユ宮殿」だとされているとおり、2022年9月30日には「総工費は約30億2千万円」とも発表されました。しかし、額そのものよりも大理石やシャンデリアが使われているという週刊誌などの報道が相次ぎ、「キコさま主導でベルサイユ化した」というのが"常識"になりました。工事終了発表から2カ月近くたった11月22日、秋篠宮邸が報道陣に公開されると、「大食堂に施された大理石の棚板やシャンデリアは72年の建築当時のものを使用している。 建具や照明器具、じゅうたんなどの一部も従来のものを再利用しているという」という報道が宮内庁から発せられましたが、国民からはベルサイユ化が止まらないと批判されています」以上が2つ目の記事の内容です。いくら皇族とはいえ佳子さまは全てにおいて無知すぎると思います。独立心があるならアパートを借りて1人で暮らせばいいのに、今やっているのは3食付いた最高級ホテルのスイートルームに、1人で宿泊してるのと同じ事ですよこれを一人暮らしと勘違いしている時点で、やはり秋篠宮家の考え方はズレていると思ってしまいますね。 そんな最近の皇室事情ですが、続いては昨年大問題となった秋篠宮夫妻の伊勢神宮参拝について振り返っていきますさて、移動手段やこの時期に伊勢神宮参拝を行ったことで物議を醸している秋篠宮夫妻ですが、当日は雨が土砂降り状態で、国民からも帰れコールを浴びせられるという散々な伊勢参りとなってしまいました。そんななか、週刊女性自身はなんと奇跡の伊勢参拝「神様から招かれているよう」などと、秋篠宮夫妻を絶賛する特集を組んでいるのです。伊勢神宮の取材を長年続けていて、皇室の参拝にも詳しい皇學館大学講師の千種清美さんは、次のように述べています。 「外宮、内宮と参拝された秋篠宮殿下はいつになく真剣な厳しいご表情をなさつていました。今回で16回目ということですが、これまでのご参拝とは全く違う秋篠宮殿下の雰囲気だったと思います。おそらく皇嗣というお立場になられたことを意識されていたのでしょう。また、外宮のご参拝の後に雨が降り出し激しく降っていた雨が殿下の内宮ご参拝の時だけ上がりました。取材陣からも『皇室マジックだ、すごい』という声が出ていましたが、それは秋篠宮殿下本人も強く感じられたと思います。 さあ、お参りに来なさいというように神様から招かれているように感じられたのではないでしょうか」このように週刊女性自身は現地の人々の証言として報じていますが、実際のところ、TwitterなどSNSを中心に、1日中雨が降っていて秋篠宮さまも終始傘を差している様子が動画でも確認できるのです。つまり、どうやらこの奇跡のように雨が止んだ、という報道はキコさまがメディア関係者に圧力をかけて、無理やり報じさせたようなのです。 皇嗣職なども皆、なぜキコさまは、これほど無理のある虚偽報道を強要されるのかと首を捻っていたのですが、どうやらこうした虚偽報道の裏にも両陛下に対する対抗心があったようです。というのも、実は2019年10月22日に13時から行われた「即位礼正殿の儀」の際、それまで大雨が降っていたにも関わらず、天皇陛下がお出ましになる直前、晴れ間が急に訪れて光が差したのです。このことはネット上でも話題となり、SNSでは「即位礼正殿の儀が始まったら晴れたぞ!』「太陽神とも言われる天照大神の力だ」「感動」などと驚きの声が広がり虹がかかった写真も数多く投稿されました。 結婚前からこうなる事は多分誰もが想像していたわけですし、それが現実になったけのことですよ。だからこそ、周りが直ぐに手を差し伸べるのではなく、若い2人が力を合わせてどう乗り越えるかを見届けるべきだと思うのですが···そもそも日本の国民を裏切ってまでアメリカに渡ったわけです。「小室夫妻がどうなろうと自業自得だ」と思った方は、応援してください。

愛子さま、最も美しい若きプリンセストップ10入り!! 紀子さま絶叫 !!

みなさん、こんにちは。 チャンネルをご覧いただきありがとうございます。この動画に対して、いいねボタンでの評価を頂けると嬉しいです。今回取り上げるニュースはこちらです。 愛子さま、最も美しい世界のヤングプリンセス、トップ10入りの快挙!眞子さん佳子さまは圏外で、キコさま激怒「愛子ちゃんが佳子より美しいハズがない」の不敬発言。 愛子さま、最も美しい若きプリンセストップ10入り。 現在、皇位継承順2位の男性皇族である、秋篠宮家の長男・悠仁さまが、成人と大学受験を控える中、にわかに皇位継承問題に関しても注目が集まっていますが、多くの国民が期待しているのは、何と言っても天皇皇后両陛下の長女・愛子さまの立太子に他なりません。 皇室典範改正という大きなハードルを越えなければ実現することのない愛子さまの天皇即位ですが、多くの世論調査の結果が、その実現を国民が心から願っているという現実を示してると言えます。 そうした状況の中、様々なランキング付けを行う、海外のYouTubeチャンネル「A-List」では、Top 10 Most Beautiful Young Princesses Today(今日の最も美しい若きプリンセストップ10)というタイトルの動画が大変な反響を呼んでいるようです。 こちらのランキングでは、なんと、日本の天皇皇后両陛下の長女・愛子さまもランキング入りしており、次のように解説されています。 日本の愛子さまは、徳仁天皇と雅子皇后の一人っ子で、2001年12月1日に生まれました。愛子さまは、語学、音楽、スポーツの勉強を楽しむ、知的で才能のある若い女性皇族です。愛子さまには兄弟がおりません。 愛子さまは現在、叔父の皇嗣といとこに次いで王位継承順位3位です。愛子さまは、過去には、東京の名門私立学校である女子中学校・高等学校に通っており、日本語と英語が流暢で、スペイン語とフランス語も学ばれている。 愛子さまは、日本の皇室内で、最も尊敬されている皇族の一人であり、今後も日本の公生活において重要な役割を果たし続けることが期待されている。 多くの国民から愛されているのみならず、海外にまでその素晴らしい評判を轟かせている愛子さま。TwitterなどのSNSでは、次のような称賛の言葉が書き込まれています。 愛子さまが紹介されてます。 世界のトップ10ヤングプリンセスとして!...