皇室

紀子さまの狙いは●●●恐ろしい真実が明らか

ベトナム国家主席来日で天皇皇后両陛下と会見へ 現在、来日中のベトナム国家主席夫妻ですが、 本日11月27日に、日越友好議員連盟の会長を務める自民党の二階俊博元幹事長と会談を行いました。 日越友好議員連盟の会長を務める自民党の二階俊博元幹事長は27日、 来日したベトナムのボー・バン・トゥオン国家主席らと東京都内のホテルで会談した。 二階氏は「顔を合わせて相互理解を深めることが日越関係の礎となる。 今後も議員間交流、特に若手議員、女性議員の交流を進めたい」と述べた。 同席した菅義偉前首相は、トゥオン氏のかつてのホームステイ先が自身の 出身地周辺の秋田県仙北市であることを紹介し、「(首相としての)初の海外訪問もベトナム。 私にとっては大変思い出深い」と述べた。 トゥオン氏は「両国関係を新たな高みに引き上げることに貢献できると確信している」と応じた。 ベトナムのボー・バン・トゥオン国家主席夫妻ですが、今回の来日中の再注目ともいえる予定は、何と言っても、天皇皇后両陛下との会見でしょう。 今回も両陛下へ歓迎の意向を表明へ ベトナム政府は、以前から、天皇皇后両陛下のベトナム訪問と、グエン・フー・チョン共産党書記長との面会を要求しており、 今回の国家主席夫妻との会見でも、再度、両陛下のベトナム訪問を歓迎する意向を伝えるものとみられています。 ちなみに、今年9月には、秋篠宮ご夫妻がベトナムを公式訪問していますが、もともと、 ベトナム側は、秋篠宮ご夫妻ではなく、天皇皇后両陛下を招待していたことが、次の、「ベトナムフォトジャーナル」の記事にて明らかになっています。 現地時間の28日午前、安倍晋三元首相の国葬への参列を機に、グエン・スアン・フック国家主席は日本の天皇陛下と会見しました。 席上、フック主席はあらゆる分野における両国の広範な戦略的パートナーシップの力強い発展に喜びの意を表明し、 日本が最初の国としてベトナムに新型コロナウイルス感染症対応用のワクチンや医療物資を提供したことに感謝しました。...

愛子様がハッキリと断言!皆様へ・・・紀子さまはの絶叫

東京国立博物館で「やまと絵」を鑑賞される天皇ご一家 今月11月22日、天皇ご一家は、東京国立博物館で「やまと絵」を鑑賞されました。 天皇皇后両陛下と長女の愛子さまが、東京国立博物館で「やまと絵」の特別展を鑑賞されました。 天皇ご一家は、国宝の屏風や絵巻をおよそ2時間にわたり、鑑賞されました。 大学で古典文学を学び、来月、卒業論文の提出を控えている愛子さまは、 使われている絵の具や構図などについて、熱心に質問を重ねられていました。 21日に鑑賞されたのは、国宝を含む142件が展示されている特別展「やまと絵─受け継がれる王朝の美」で、 ご一家は、午後6時過ぎ、ベージュと茶系に色合いを合わせた装いで東京・上野の東京国立博物館に到着されました。 室町時代に描かれた国宝の「日月四季山水図屏風」では、天皇陛下は波の描き方に、 皇后さまは描かれた山や木に、愛子さまは「緑の色」に着目して質問されていました。 また、平安時代の作品、国宝の「源氏物語絵巻」では、愛子さまは、 平安時代の女性のマナーや硯箱が人物に比べて大きく描かれていることにも着目されるなど、 ご一家は時折かがんでのぞき込み、語り合いながら、細部までじっくりと鑑賞されていました。 歴史の研究者である陛下が皇后さまや愛子さまに説明される場面もあり、案内者によりますと、 陛下の専門的な質問の深さには驚いたということです。 鑑賞後、ご一家は関係者と懇談し、陛下は「これだけの作品を集めるのは苦労が大きかったでしょう」とねぎらい、 「すばらしい展示でした」と述べられていたということです。 皇后さまや愛子さまも、帰り際に「ありがとうございました」とにこやかに述べられていました。 専門家を驚かせるほどに、日本の芸術文化に対して、深い造詣を持たれている天皇陛下。 ニュースサイトのコメント欄には、このように、知性や品性に満ちた天皇ご一家を称賛する意見が数多く書き込まれていました。...

紀子さま真っ青 !!東大総長電撃発表…

4月に筑波大学附属高等学校に入学されたひさひとさま。 入学して以降、 さまざまなトラブルを起にしていることが報じられていますが、 今回は、 ひさひとさまの筑附での成績を聞いた東大の総長が思ずはなってしまった一言が話題になっています。 一体どういうことなのでしょうか。 その内容をお伝えしていきます。 あわせて、 宮内庁が小室夫妻の妊活サポートのため、 本格的に動き出していることについても一緒に紹介していきます。 ぜひ、 コメント欄にあなたの感想を記載して下さい。 小室さんが司法試験に合格する前から、 まこさんの病院に頻繁に通っている様子が目撃され、 妊活について報じられていた小室夫妻ですが、 いよいよ、 宮内庁側が対応するために本格的に動きだしたようです。 担当記者は、 「圭さんの司法試験が片付くまでは "おめでた"...

唖然 !!秋篠宮さまのとある異常な行動?まさかの光景が!

  天と地ほどの差がある天皇家と秋篠宮家 海外の要人との交流では、常にそのやらかしが話題となる秋篠宮家。 今年だけでも、秋篠宮ご夫妻の英国のチャールズ国王の戴冠式参列とベトナム訪問、 それから、かこさまのぺルー訪問で、数々の失態が話題となり、ネット上でも注目を集めてきました。 まさに、海外訪問のたびに、日本の恥を世界中にまき散らしていくスタイルの秋篠宮家。 ちなみに、海外での秋篠宮家と天皇ご一家の評価には、天と地ほどの差があるとか。 秋篠宮ご夫妻の英戴冠式参列前に配信された「プレジデントオンライン」の記事では、 「天皇家は大歓迎だが、秋篠宮家はイメージが悪い… 海外での日本皇室の評価が兄弟でまったく違う理由」と題して、次のような事実が報じられています。 英国でも秋篠宮家のスキャンダルが報じられていて、秋篠宮夫妻に対するイメージはあまりよくないというのだ。 「小室圭さんと眞子さんの話題も、英国内ではよく報じられています。 “第二のヘンリー王子とメーガン妃”だと注目され、秋篠宮さまは眞子さんの父親として頻繁に名前が出てきます」(多賀氏) 昨年2月に起きた長男の悠仁さんの盗作騒動もすでに報じられているという。 「日本の15歳の王子、盗作問題にもかかわらず文学賞はそのまま授与」(2022年2月23日付のテレグラフ紙) 「プリンス悠仁、受賞作の作文のために“ガイドブックを剽窃”」(同ザ・タイムズ紙) 多賀氏はこういっている。 「父親として秋篠宮さまのお名前は、ゴシップ記事の多いタブロイド紙のみならず、幾つもの大手紙で報じられました。 また、“日本のエンペラーになるかもしれない青年が、文章を剽窃した”“発覚してもサンキューと言っただけで、 許していいのか”“賞は返還したのか”などとひさひとさまにも手厳しい指摘が相次いだのです」...

美智子さま困惑の非常識行動とは?

なぜ、秋篠宮ご夫妻が晩餐会に?と疑問の声 秋篠宮殿下のボーっと呆けたご様子に、キコさまのエア会話と、 ネット上で様々な物議を醸したキルギス大統領夫妻招待の午餐会ですが、 この午餐会を巡って、新たな事実が発覚したので、今回も紹介させていただきます。 今回の、午餐会ですが、コロナウィルスの感染拡大以降、 外国賓客を招いての午餐会は控えられていたため、コロナ禍以降、初の開催となりました。 また、万一のための感染対策として、参加者を絞っての開催となったことも報じられています。 17日午後、皇居・宮殿で、キルギスの大統領夫妻を招いて天皇皇后両陛下主催の昼食会が開かれました。 外国賓客を招いての昼食会は、コロナ禍以降初めてです。 中央アジアのキルギス共和国のジャパロフ大統領夫妻は17日午前、 皇居・宮殿に到着し、天皇皇后両陛下が出迎えられました。 両陛下は通訳を介してロシア語で夫妻と懇談したあと、昼食会にのぞまれました。 外国賓客を招いての昼食会は、2019年12月のウズベキスタン大統領夫妻以来で、コロナ禍以降初めてとなりました。 昼食会は、秋篠宮ご夫妻も出席して人数を絞って行われ、 今回は両陛下の発案により、初めて和食のオードブルが提供されたということです。 その後、両陛下は車寄せで大統領夫妻と別れの挨拶をされました。 天皇皇后両陛下との同席となった場合、間違いなく、「なぜ、秋篠宮ご夫妻が、この場にいるのか?」 「秋篠宮ご夫妻は、このような場には相応しくない」といった意見が書き込まれるのですが、 今回は、人数を絞り、他の宮家皇族の方々などが参加されなかっただけに、いつも以上に、そうした意見が書き込まれているようです。 ネットニュースのコメント欄には、秋篠宮ご夫妻は、不要だという、次のような意見が書き込まれています。...

愛子さま動転!!もう無理だ!突然の悲報に…

キコさま“ご親友”が、愛子さまを「口撃」 雅子さまを「面罵」した過去も… 高まる排外思想は少数派 ここ10年来、「保守派」を自称する排外主義者が増えている。 表現の自由の範疇を超えたヘイト書籍が店頭に山積みされている光景を目にしたことがあるだろう。 ところで日本の「保守派」は、日本の伝統を守り抜こうとする立場だ。 ゆえに皇室問題については、かつて西尾幹二といった保守論客が、 雅子さまや当時の皇太子殿下(現、天皇陛下)を執拗に攻撃し、秋篠宮家を称賛するという立場を貫いた。 現在の皇位継承問題においても、男系男子による皇統の維持を主張し、女性天皇・女系天皇の成立を阻止しようとしている。 現在の自民党は、保守派との結びつきが強いため、皇室典範改正の議論においても、 1秋篠宮殿下、2ひさひとさまの皇位継承順位を維持したい構えだ。 だが、このような男系男子固守の立場が日本人の多数派なのかといえばそうではない。 メディアなどの各種アンケートでは、ここ20年間あまり常に女性天皇・女系天皇の「容認派」が圧倒的多数だ。 保守派の機関紙である産経新聞ですらこれは変わらない。 国民の大多数が女性天皇・女系天皇を容認しているにもかかわらず、 時の政権が保守派であったために愛子天皇の誕生が絶望的であるというのは皮肉でしかない。 皇統は秋篠宮家に もちろん時の世論に左右されてコロコロ方針を変えるというのも問題だ。 皇室問題は様々な要素が絡み合っているため、単純な解決が難しい場合が多い。 「現政府は、男系男子にこだわっているというよりも、問題解決を先送りにしたいという立場です。 ですがひさひとさまが結婚できなかったり、お子様に恵まれなかったりする可能性もあります。...

紀子さま「沈黙」を破り!宙に向かって喋りだす奇妙な光景に

キコさまに韓国系の血が流れている?秋篠宮家族 ? 壊滅的な歴史 !記事の一部を引用してお伝えします。 眞子様と小室圭さんとの問題でなにかと皇室の方々が注目されがちですが。 秋篠宮きこ様は一体どんな人なのでしょうか?というわけで、秋篠宮きこ様のご両親についてや、 実家のことなど様々な情報を調べてみました ! 実は秋篠宮きこ様の母親は静岡駅南在日朝鮮人部落の出身であるという噂があります。 “きこさまの母親は静岡駅南在日朝鮮人部落のご出身。 母方の祖父は朝鮮人部落の按摩。 “きこの母方は満州に寄生していた朝鮮族だという戦後のどさくさに紛れて日本に不法潜入し、 静岡に住み着いたきこの産んだ餓鬼を天皇にしていいのか?本当にいいのか ? きこさんのお母さんの和代さんって、朝鮮総連だかで電話番してたんじゃない? 早速見ていきましょう。 1.『キコさま韓国人説」について、 2. もっともらしい証拠 3.キコ様の母親の実家は韓国人?...

上皇陛下がまさかの発表!!悠仁さまが隠していた資料が流出!

日も動画を観ていただき、ありがとうございます! 今回のテーマは ? 今回は、 悠仁さまが筑附で深海魚化されてしまった原因は、 紀子さまのとある発言にあったということが明らかになり、 話題になっています。 一体どういうことなのでしょうか。 その内容をお伝えしていきます。 あわせて、宮内庁は小室夫妻の里帰りの可能性を検討していることについても一緒に紹介していきます。 ぜひ、 コメント欄にあなたの感想を記載して下さい。 小室夫妻が結婚し、 一年が経過しました。 先日、 小室圭さんは念願のニューヨーク州司法試験に合格し、 夫婦の生活が安定する兆しが見えてきた中、年末に小室夫妻が一時帰国する可能性が浮上。 宮内庁は帰国する場合のシミュレーションを行っているようです。 ある担当記者は、 「宮内庁としては里帰りの可能性についてシミュレーートしています。と話します。...

紀子崩壊!悠仁さま「知的障害」仰天事実が発覚 !!!

​   今日も動画を観ていただき、ありがとうございます! 今回のテーマは ? ひさひとさま「現国」赤点ショックで、東大進学は絶望的な状況に!週刊誌が悩めるキコさまの内情を暴露! 深海魚化されたひさひとさま 去年10月に、ニューヨーク州の司法試験に合格した小室圭さん。 長らく懸念されていたお2人の経済状況にも明るい見通しが立ったかと思われた矢先、 「女性自身」は、ひさひとさまに関するとんでもない情報を暴露しました。 なんと、ひさひとさまは、「現国」の科目で平均点の半分以下となる赤点を取られ、 さらに、他の科目でも、普段の授業にまともについていけず、成績の浮上が困難となる、「深海魚」状態になられてしまっているとのことです。 筑附に子供を通わせている保護者は本誌にこう明かした。 「筑附に皇族が入学したのは初めてのことです。 また筑波大学とお茶の水女子大学の『提携校進学制度』を利用してのご入学という経緯もありましたので、どうしても注目が集まってしまうのです。 最近もひさひとさまの“成績”のことが話題になりました」 筑附は前期・後期の2期制であり、10月に前期期末考査の結果が判明した。 「『現代の国語』、いわゆる現国の試験の点数がかなり低く、生徒たちが驚くほどだったのです。 一般的には平均点の半分を“赤点”と呼びますが、そういったレベルの点数だと聞きました。 ひさひとさまは東京大学進学を目指されているとも報じられていますし、...

この時、会場から信じられない暴言が!

今日も動画を観ていただき、ありがとうございます! 今回のテーマは ? 新型コロナウィルス流行後4年ぶりに昼食会開催 今月11月17日、天皇皇后両陛下は、キルギスの大統領夫妻を皇居に招き、 新型コロナウィルスの感染流行以降初となる4年ぶりの昼食会を開催されました。 天皇皇后両陛下はキルギスの大統領夫妻を皇居に招き、昼食会を開いてもてなされました。 昼食会は新型コロナ以降、初めてです。  天皇陛下と和服姿の皇后さまは17日午前11時半ごろ、 皇居の宮殿で来日中のキルギスのジャパロフ大統領夫妻を出迎え、握手を交わされました。  昼食会には秋篠宮ご夫妻も参加し、1時間ほど食事を楽しまれました。  昼食会が催されるのは新型コロナ以降では初めてになり、4年ぶりです。  両陛下の発案でオードブルとして手まり寿司など和食が外国からの賓客を招いた昼食会で初めて提供されました。  これに先立ち、両陛下は大統領夫妻と懇談されました。  天皇陛下は関心のある水問題などについてジャパロフ大統領と意見交換をされたということです。 秋篠宮ご夫妻は場違いでは?の声も 新型コロナウィルス流行後、初となる海外の要人を招いての昼食会となったのですが、 ネットニュースのコメント欄には、「両陛下のご活躍の機会が増えて嬉しい!」といった意見の他に、 「なんで、秋篠宮ご夫妻が、このような場に同席しているのか?」といった批判意見も書き込まれていました。 コロナ後の初の昼食会だったのですね。...