Tháng: Tháng Hai 2023

紀子呆然!! 怪しい動きが目撃される…宮内庁 強襲!!

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos こんにちは。本日も皇室の話題を取り上げて参ります。今年4月に筑波大学附属高校に入学された秋篠宮家長男の悠仁さま。まだ高校一年生ではありますが進学先として、様々な大学がネットニュースなどで取り上げられています。その中でも最も有力候補と言われているのが『東大』と言われているのですが学力不足で進学できない可能性が浮上しています。 今回は「悠仁さまの進学先問題」について、ご紹介していきます。9月末に行われた前期期末試験で科目のよっては芳しくない成績だったと報じられた、秋篠宮家長男の悠仁さま筑波大学附属高校へ行かれた理由として『東大』のためと言われており『東大進学』こそが、キコさまにとって悲願とされていました。しかし現在の成績では、東大はおろか大学進学さえも難しいのではないかと言われています。 宮内庁関係者からも「筑波高校への進学は内部推薦だったので大学受験は悠仁さまにとって初めての受験となります。』「宮内庁としても、温室育ちの悠仁さまが受験という荒波に立ち向かうことは社会勉強の一環として重要であると考えていました。」「ですが蓋を開けてみれば、悠仁さまの成績は地を這うものばかり··· 家庭教師からも『無理して大学に行なくてもいいのでは?」と言われたそうです。といった話が聞かれていました。 進学どころか落第ギリギリの成績を受けて宮内庁としても「悠仁さまには進学以外の道を模索されてはどうか」と秋篠宮ご夫妻に提案したそうです。しかし当初から『東大進学』を目指していたキコさまは宮内庁職員の話を拒否。それどころか「東大進学以外はあり得ない。推薦入学もあるのでよく調べてほしい。」といったそうです。 推薦入学のためには、いくつか条件がありますがそもそも学力不足では、推薦を目指すことはほぼ不可能です。ですがキコさま『学力不足でも、東大に推薦入学をさせたい!』というお気持ちが強く、宮内庁職員に強い口調で一括されたとか。 高校進学の際、週刊誌等では『裏口入学』と批判の声が上がっておりキコさまは、大学進学でリベンジを図りたいと考えられているようです。 しかし、いくら『東大志向』が強いキコさまでも落ちる可能性の方が高いことは理解されているとか。そこで宮内庁としても『進学先の候補』として『学習院大学』をあげているそうです。皇室と学習院は古くから繋がりがあり学習院大学であれば、無試験で合格しても荒波が立つことはありません。しかし、秋篠宮家は以前から『脱学習院志向』が強く学習院との壁があります。仮に学習院大学を進学先にするのであれば秋篠宮家側が学習院に頭を下げる必要があります。 ですが、宮内庁職員によると秋篠宮家ご夫妻は現状を正しく理解されていないとか。キコさまに至っては「『次世代の天皇である悠仁さまを通わせてください」と言ってきたら、通わせてあげてもいい。とまで話していたそうです。そういった考えであれば学校側も引き受けたくはないと思います。そもそも悠仁さまの大学進学は『キコさまの見栄』のために感じられ、悠仁さまの意思が感じられません。 自分の意思がないからこそ、学業が身に入らないのではないでしょうか。キコさまは、悠仁さまのお考えを尊重してあげることが第一優先であり悠仁さまは、ご自分の身の丈にあった進学先を選択する必要があるのではないでしょうか。先の見えない悠仁さまの進学先問題ですが:『親のエゴで大学に行くべきではない』と思ってしまいますよね。では、続いての記事に移ります。今回の記事では雅子さまが先日公表されたお誕生日文書についても一緒に紹介していきます。 ぜひ、コメント欄にあなたの感想を記載して下さい。12月9日に公表された雅子さまのお誕生日を迎えてのご感想からは、雅子さまの心の内を感じ取ることができます。雅子さまが今回公表された文章の中には、世界の状況が良くなることを願う雅子さまの気持ちが記されていました。文書の中で、雅子さまは『世界各地での自然災害」「世界各地での戦争」「平和な世界」というように日本だけにとどまることなく、世界問題に目を向け、心痛めておられました。 雅子さまは、かつて外交官として活躍しておられましたから、その当時から抱いていた"世界に少しでも貢献したい"という思いが、文章に表れたのかもしれませんね。また、文書の中には「今後、持続可能な世界を築いていくためには、世界の人々が知恵を出し合い、共に手を取り合って、協力していくことが急務であると感じます」と記されてあり、雅子さまがSDGsを意識しておられることがわかります。 雅子さまは、エリザベス女王の国葬にも参列され、国葬が行われたウエストミンスター寺院で、両陛下は世界の王族や元首らとともに、女王との最後の別れを惜しんでおられました。その時、雅子さまの目には、国境や宗教などの壁を超えて、各国の要人が皆で女王を追悼する姿が映っていたに違いありません。 世界の人々が真に協力し合うことの大切さとそうして築かれた新密な関係が、世界各地での戦争をなくしている様子を、思い描かれながらこの文章を綴られたのかもしれませんね。雅子さまは、文書の中でご自身の人生を振り返り、「いつの間にか人生のちょうど半分ほどを皇室で過ごしてきたことに、感慨を覚えております」と、綴っておられました。 雅子さまは、週刊誌によるバッシングやいじめの影響により、適応障害を患っておられ、医師団は、雅子さまのご体調について、「御快復の途上にあり、依然として御体調には波がおありです」と見解を発表しており、依然として雅子さまは、あまり多くの公務に携わることができない状況です。しかし、最近では、雅子さまはお出ましになる機会を少しずつ増やしておられます。 先日も、12月5日、障害者福祉に尽力した個人や団体などを表彰する式典に、陛下とともにご出席しておられました。できる限りの状況で最善を尽くそうとしておられる、雅子さまの様子に、国民も、また最も近くでその様子をご覧になっておられる愛子さまも、多くの励みを得ていることでしょう。では、続いての記事に移ります。 今回の記事では、「秋篠宮さま、記者会見に込められたメッセー」について、ご紹介していきます。秋篠宮さまは、57歳の誕生日を前に11月25日に記者会見が行われました。学童学者の高森氏は、記者会見時の秋篠宮さまの様子について「悠仁さまの皇位継承にためらいがあるように感じる。」と話していました。政府としては、天皇陛下から秋篠宮さま。 秋篠宮さまから悠仁さまへと、皇位の継承順位を変更しない方針を固めています。しかし会見時、記者から『皇位継承者としての教育方針』について問われた際秋篠宮さまは、悠仁さまの高校生活についてお答えになられていました。その後も「その次のことにつきましては···」という言及の仕方をされ、あえて真正面からの表現を避けられたように感じられました。...

【呆然】「秋篠宮家排除」小室さん悲報 !! 

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos こんにちは。 先日小室圭さんが3度目の司法試験にようやく合格しましたが、 連日メディアやSNSで話題となったこのニュースもさすがに落ち着いてきたようです。 そんな中、 宮内庁が愛子さまの海外でのご公務について検討している情報を入手した紀子さまが、 天皇家に対してあり得ない発言をしたようなのですが。 いったいどういうことなのでしょうか。 今回はそちらについて書かれた記事を見つけましたので、 紹介と詳しい解説をしていきます。まず1つ目は、 小室夫妻に関する話題をお届けします。 ここからは一部引用を含みます。 さて、 1年目の結婚記念日を迎える10月26日の直前、3度目の正直でNY州の司法試験に合格した小室圭さん。 10月24日に行われた宮内庁の定例会見で、 池田憲治次長は小室さんの合格について、「これまでの努力が結果に結びついたということだと思います。 まあよかったというふうに思います」 と肯定的な意見を述べています。やっと国際弁護士としてデビューできる見通しの小室さんは、 ほっと胸をなで下ろしているところでしょう。...

大嘘発覚…遂に天皇陛下が悠仁さま絶縁!!

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos こんにちは。1月10日に秋篠宮夫妻と悠仁さまは、横浜市内にある海外移住資料館に訪問されたのですが、その際に悠仁さまの手が真っ赤になっていたこと、歩く際に腕を全く振らない異様な歩き方がSISを中心に指摘されています。どうやらその原因として、キコさまの『ある行動』によるものではないかと言われているのですが···。いったいどういうことなのでしょうか。 今回はそちらについて書かれた記事を見つけましたので、紹介と詳しい解説をしていきます。まず1つ目は、小室夫妻に関する話題をお届けします。ここからは一部引用を含みます。さて、弁護士として活動を始めた小室圭さんですが、その勤務実態はなかなかハードなようです。現地在住の皇室ジャーナリストは、次のように述べています。 「アメリカのビジネス弁護士は通常、タイムチャージでクライアントに報酬を請求します。案件に費やした作業時間を6分単位で記録して、1時間あたり700ドルとか1000ドルといった報酬基準を掛け合わせた額を、顧客に請求するといったシステムなんです。 しかし、小室圭さんを含めた新人弁護士は報酬基準が低額なので、売上に貢献するには自前でクライアントを抱えているパートナー弁護士から割り当ててもらった案件について、ひたすら長時間労働に励むしかありません。 事務所から課されるノルマをこなすために走り続ける日々を送るのが普通で、深夜12時からが仕事の本番という生活も当たり前な環境なんです。 こうした時代を切り抜けて実績を上げ、晴れてクライアントのパートナーに昇格すれば、年収が億単位も夢ではなくなるといった構図です。皆さんもご存じのように、圭さんを雇用しているサンドラー法律事務所は、彼が司法試験に2度不合格となっても契約を続けていました。 合格は確実だとみなしていたとしても、生き馬の目を抜くニューヨークでそのような契約を続けていたということは、彼のポテンシャルに期待しての雇用だったということがよく分かるエピソードかもしれません」以上が1つ目の記事の内容です。記事では小室圭さんが弁護士として働いていると書かれていますが、彼はまだ弁護士試験に合格しただけで、実際にはクライアントを抱えた訳ではないはずです。 弁護士としての実務はこれからで、高額な収入を得てもいないのでどこまでも憶測に過ぎない記事だというのが第一印象ですね。また、彼は日本でも仕事のスキルアップが出来ずに職場から不評のため退職した経緯もあります。そこを踏まえても、永続的に弁護士として頑張れるか否かは疑問が残りますね...。 また、このような楽観的な記事を読むと思い出されるのは、NY司法試験は簡単だから合格は確実で、巨額の報酬は約束されているという当初の報道でしょう。結果はというと、マーティン奨学金を貰って司法試験に落ちたのは史上初という、前代未聞の記録を打ち立てたわけです。 やはり宮内庁および秋篠宮家は信用できないということがはっきりと分かりましたし、改めて同家には監視の目が必要だということが国民の意見になったのだと思います。では2つ目の記事に移ります。 さて、秋篠宮ご夫妻と悠仁さまは1月10日の午後、横浜市にあるJICA横浜を訪れ、開館20周年を迎えてリニューアルした海外移住資料館で展示をご覧になりました。 内情に詳しい皇室ジャ-ナリストは、次のように述べています。「日本人の海外移住の歴史を紹介するこの資料館を悠仁さまが訪問するのは初めてで、移住の開始については諸説あるという説明を聞き、『少し前の昔のことで資料があまり残っていない部分もあるのではないですか』などと指摘されていましたよ。 撮影コーナーでは、秋篠宮さまが胸ポケットから携帯電話を取り出して悠仁さまを撮影される場面もありました。 その後、ご一家は日本在住の日系人4人と懇談し、日本での活動について聞かれています。この悠仁さまの海外移住資料館訪問に関して、SNSなどのコメント欄では、悠仁さまが指摘された内容に関して、『わざわざ俺って賢いでしょうアピールをしなくてもよいのでは』といった、否定的な意見も書かれています。 また、その他に話題となったこととして、この日悠仁さまの手が異常なほど真っ赤になっていたこと。それから、歩く際に腕を全く振らない異様な歩き方についてです。ネットメディアなどでも動画でご覧になることができるのですが、確かに異常なほど悠仁さまの手は真っ赤に腫れているように思えます。 この理由としては、どうやらキコさまからの虐待紛いのスパルタ教育による、強いストレスが原因なのではないかと噂されているようです。 以前から悠仁さまは、両腕が麻痺しているかのように、手を全く振らない異様な歩き方をされている事が話題となっていましたが。残念ながら、今回の公務でもそうした歩き方をされていました。 実は悠仁さまの歩き方がおかしいということは宮内庁の内部でも問題視されており、一時は運動のインストラクターやリハビリの専門家なども呼んだこともあるようで。しっかりとした健康的な歩き方ができるように、矯正とトレーニングを行なっていたことが見て取れます。...

陛下から驚愕発表… 美智子さまに衝撃!!

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos こんにちは。眞子さんと小室圭さんの強行結婚以来、世間やマスコミから批判の声が強まっている秋篠宮家。そんななか、雅子さまが皇后になられる以前にキコさまが言い放った『私は皇后になる器です』という発言が、ここにきて物議を醸しているようです。 今回はそちらについて書かれた記事を見つけましたので、紹介と詳しい解説をしていきます。まず1つ目は、新年一般参賀に関する話題をお届けします。 ここからは一部引用を含みます。さて、3年ぶりの今年の一般参賀はエンペラーウェザーとも言うべき晴天のなかで行われました。皇室ジャーナリストの辛酸なめ子氏は、当日の様子について次のように述べています。「今年の一般参賀は警察によって列は完璧に管理され、砂利の上で静かに待機する人々という印象でした。抽選だからか、飛び込み参加の外国人観光客がほとんどいないのが少し寂しかったりも。 後日発表された参加者は約7310人で、1回あたり約1200人、これまでの約10分の1なので、スペースにもゆとりがあったといえるでしょう。 6回目にお出ましになったのが天皇皇后両陛下秋篠宮皇嗣同妃両殿下、愛子内親王殿下、佳子内親王殿下で、右側に天皇ご一家、左側に秋篠宮ご一家という位置関係でした。畏れ多くも、ちょうど前にいらっしゃる秋篠宮さま、キコさまと目が合いそうな近さです。 一番在の佳子さまはえんじ色のドレス、一番右の愛子さまは水色のドレスで、光沢に高級感がありましたよ。今回一般参賀に初参加の愛子さまは、ー礼してから手を振りはじめられ、その奥ゆかしさに心を掴まれました。マスクでお顔が見えないのが残念ですが、佳子さまの美しい目もとも見えました。さらに、最後に想定外の動きが見られたのです。 というのも、ご退出される前に天皇家と秋篠宮家、6名の方々が距離を縮めて真ん中に集まったのです。今までにないこの集合は何かのメッセージでしょうか。もしかしたら皇室の結東力を表されたのかもしれません。世間でいろいろ言われていても、皇室は仲が良くこれからも天皇陛下を支えていくという意志表示にも見えました。国民の生活も大変ですが、皇室の方々におかれましても様々なご苦労があったと思います。 それでも、微笑みを浮かべて乗り超えていかれる皇室ご一家のお姿に、年始からお力をもらいましたよ」以上が1つ目の記事の内容です。今年の一般参賀は、愛子さまが最も輝いていたという声が多く聞かれました。天皇皇后両陛下も、ご一緒にお出ましになることをお喜びになっておられるでしょうね。 本当に愛子さまのお人柄がうかがえる、可愛らしく清々しいお手振りは寒空の中見ている方々の心を温めたと思います。では2つ目の記事に移ります。 さて、眞子さまと小室圭さんのご結婚がトラブルに見舞われて以降、世間やマスコミから秋篠·宮家に対する批判が強まっています。 当初は小室圭さんという問題の多い人物と婚約内定会見までしてしまった眞子さまやお二人の結婚に裁可を与えてしまった上皇ご夫妻に対して批判の声が上がっていました。しかしその後、批判の予先はお二人の結婚に関して婚約破葉の決断を下すことの出来ない秋篠宮ご夫妻に。さらには、ICU卒業時に発表した文章にて結婚を応援された、妹の佳子さまにまで及ぶことになりました。 内情に詳しい皇室ジャ-ナリストは、次のように述べています。 「これほど秋篠宮家に対する批判が強まったのはここ数年のことでしょう。それ以前には平成の時代の長い期間に渡って、多くのマスコミや評論家らが秋篠宮家を非常に高く評価し、反対に東宮家に対しては激しいバッシングを繰り広げていました。 このように秋篠宮家が高く評価されていた時代では、キコさまは大変な自信を持たれていたようです。そして、それと同時に皇太子妃であった雅子さまには優越感すら持たれていたそうです。 キコさまはもともと庶民的な家庭の出身で、これといった特技も能力もなく平凡な学生として育ってきました。 その一方で雅子さまはエリート家庭の出身。尚且つ、その優れた才能と知性により輝かしい経歴を築き上げ、世間からの注目や称賛を集め続けてきました。まさに頭脳明晰、容姿端麗、さらに家柄まで申し分ない才色兼備のスーパーウーマンであった雅子さま。当時皇太子であった天皇陛下と結婚して皇室入りされた際に、キコさまはご自身の立場を危うくする強力なライバルが現れたと、大いに危惧されていたようです。 ですが、意外なことにマスコミは雅子さまをバッシングし、キコさまを称賛しました。これは今から考えると非常に奇妙な現象であったと思えるのですが···。 ともあれ、そうしたマスコミからの称賛を受けられたキコさまは、ご自身のことを雅子さまよりも格上と見なし、自信を深めると同時に、雅子さまに優越感を抱くようになられたのです。...

紀子さま 悲報!! 致命的ミス…奈落の底へ!?

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos 小遣い稼ぎ公務に批判殺到。 秋篠宮殿下の賄賂事件に、キコさま実弟のビジネスパートナーの詐欺事件と、現在も悪い噂には事欠かない秋篠宮ご夫妻。 そんな国民からの不評を買っているご夫妻ですが、性懲りもなく、といいますか、今月2月7日には、日本学士院の若手研究者の授賞式に出席されました。 秋篠宮ご夫妻が、優れた研究実績を挙げた若手研究者に贈られる日本学術振興会賞などの授賞式に出席されました。 秋篠宮ご夫妻はきょう午前、東京・上野の日本学士院を訪問されました。 優れた研究実績を挙げた若手研究者に贈られる「日本学術振興会賞」と「日本学士院学術奨励賞」の授賞式に出席し、秋篠宮さまがお言葉を述べられました。 「若い世代の研究者が業績をあげていかれることは、学術の発展を期待し、その成果を享受する国民にとっても大変喜ばしいことと言えましょう」。 その後、ご夫妻は受賞者らと懇談し、障害がある人との対話を重ねることで独自の身体論を研究している受賞者に対し、秋篠宮さまは「視覚障害者の方がとらえている世界があるのですね」と声をかけ、キコさまも「手話や、目の見えない方に関心を寄せているので、これからもいい研究をしてください」などとねぎらわれたということです。 「これからも良い研究をしてください」と、今回も、誰でも言えるような当たり障りのない、どうでもいいようなコメントをされたキコさまですが、それでも、ニュースのコメント欄では、批判意見が殺到。「そもそも、秋篠宮家にこんな公務をさせるべきではない」といった根本的な指摘もありました。 失礼ながら、真摯に研究職に打ち込んできた方々に賞与する人物として適切な方ではないと思います。 タイから多くの名誉博士号をもらっておいでですが、日本からどれくらいのお金が流れているのでしょう、それを何個も、学術的な業績なしに。 妃殿下もご本人が執筆なさっていないそうですね。 このような夫婦の元、息子さんの権力濫用と寄付金ジャンプによるゴリ押し入学、また小室氏の経歴づくりと詐称に繋がってしまった。 みちこさまもですが、皇室としてあるまじき行為として強く反省し自重してください。 また、このような場への招待に対しては辞退すべきです。 一昨年のご長女結婚会見で、国民を分断する様なおよそ皇族だったとは思えないご発言とご表情は一生忘れません。複雑性PTSDを患われていてNYへ…よく渡米できましたね。現地での生活は元皇族としての品位を保ちつつ安全のために恐らく警備も大変でしょう。その費用の原資はどこからでしょうか?NY総領事の職員に専属でお世話されているとも聞いてます。 一般人になられたはずが、特権は維持されているのですね。 それにご指摘に感謝とか言う剽窃の件もありましたね。...

電撃発表…KK夫妻に宮内庁が大激怒。

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos 「こうした報道を目にされるたび、秋篠宮殿下は驚かれていました』そう振り返るのは、さる宮内庁関係者である。『殿下にとっては、一つ一つが初めて聞くお話ばかりでした。とはいえ『小室さんではなくご家族にまつわる話であるから大きな問題はない』とのお考えでした。 何よりも、眞子さまのご意思を尊重なさっており『眞子が選んだ人だから』とのスタンスは、終始崩されなかったのです』報道によって新事実を知らされるとは、皇族のご結婚においてあり得べからざる事態である。が、その理由は、小室さんから身の上を縷々(るる)聞かされていた眞子さまが、ご両親に内密にされていたからでは決してない。というのも、「眞子さまご自身が、こうした事実をつぶさにご存じなかったのです。 つまりは、小室さんが正しく伝えていなかったということに他なりません』(同)年末を迎え、事態は一気に深刻化する。佳代さん(51)と元婚約者との間に、430万円を超す金銭トラブルがあるという内容の記事を女性誌が掲載し、年明けには本誌(『週刊新潮」)を含む複数のメディアも報じるに至った。前出の関係者は、「年末の時点では、宮内庁もまだ半信半といった受け止め方でした。 ですが、年明けに報道が相次いだことで、本格的に対処せざるを得なくなったのです。決定的だったのは、その男性と佳代さんとの話し合いの場で、圭さん本人『(貸与でなく)贈与だと認識している』と発言していた点。これで宮内庁としても、母親でなく明らかに"本人の問題のだと見なさざるを得ませんでした」小室さんの大学の入学金や留学資金を援助してくれたこの男性から。 佳代さんは一方的に婚約解消を言い渡されていた。 それからおよそ1年後、突如返済を迫られたというのだから、まさしく寝耳に水だったかもしれない。加えて、母を助けたい一心から交渉の場で援護に回った小室さんの思いも、決して理解できなくはない。が、見解の相違に端を発したトラブルは、今なお厳然と存在するのだ。 関係者が続けて、『延期発表で読み上げられた、眞子さまと小室さんのお気持ちを記した文書には『諸行事や結婚後の生活について、充分な準備を行う時間的余裕がない』とありました。 実は、これが全てを物語っています。行事の日程はあらかじめ決まっているので時期が来ればこなす他なく、死期の理由にはなりません』問題は「結婚後の生活」のくだりだという。 「眞子さまが『将来の設計図を描けない』と述べられているわけて、つまりは"取り止め"を示唆しています。といっても『無期限延期』などと発表できるはずがない。根拠の乏しい『再来年まで』とせざるを得なかったのです」(同)トラブルが表面化したのち、小室さんは頻繁に秋篠宮邸を訪問。が、その間、秋篠宮さまとの面会が叶わなかったこともあった。 「ご一家はもちろん、宮内庁も不信感を募らせる一方です。再来年に延期とは、すなわち最も長く見積もって2年間が、取り止めへの準備期間である"という意味。穏やかながらも着実に、破談に向けた筋書きは進められているのです」(同)小室さんは昨年9月の婚約会見後、長らく疎遠になっていた神奈川県藤沢市の親族に自ら連絡し、現地で20人ほどの親類から歓待を受けたという。 出席者によれば、「『1月にまた会いましょう』と約束していたのですが···インフルエンザにかかったとのことで、再会は実現しませんでした』若いお二人の差鉄は、確実に両家をも巻き込んでしまったのだ。とはいえ、430万円のトラブルはあくまで一般人同士の事案で、秋篠宮家と小室家との間で金銭問題が生じているわけではない。 それでも皇室や宮内庁の内部からは、きわめて直截かつ辛な声が出始めている。そもそも慶事が報じられて以降、皇族方の間からもご婚を疑問視なさる声が上がっていたという。「小室さんについては、収入などの不安が当初から指摘されていました』とは、さる宮内庁関係者。「続いて家庭事情が明らかになるにつれ、皇族方からは『聡明なキコ妃殿下が付いておられるのに、なぜこうしたことに』とのご心配が漏れてきました。 とりわけ女性皇族の中には『民間人になるとはいえ元皇族という立場は変わらない。恋愛はともかくご結婚のお相手となるとおのずと相応しい方が求められるはずなのに····と、眞子さまの行く素を懸念される方もいらっしゃいました」秋篠宮家の関係者が語気を強める。 「お金のトラブルもさることながら、迎え入れるお相手とそのご家族に秘匿していたことが、より問題です」一般人同士でも破談になりかねないケースで、まして今回のお相手は、将来の天皇の姉となる内親王。ご婚約に先んじて誠実に対処すべきだったのは言うまでもない。これがそれを見た人々からの反応です。 秋篠宮家を見ていると何の為の皇室そして皇族かと国民の為でなく自己の為の皇族無くなった三笠宮様が国民が認めなければ皇族では無いと秋篠宮家はもう国民に見離されて来ています。名誉挽回も難しいのでは無いでしょうか···普通の家でも結婚に関しては興信所を使ったりするのに、なぜ秋篠宮家や宮内庁は徹底した調査もせすに話を進めたんだろうこれはもう悪魔に魅入られたと思って対策を練るしかないんじゃないだろうか。 小室圭、眞子さんと交際して5年間もの間、母親の金銭トラブルを隠していたのは何が何でも結婚するという気持ち、即ち結婚狙い詐欺でしょう。 秋篠宮家に呼ばれて聞かれた時は、初めて聞いたと嘘ついています。小室母の元婚約者には贈与だと母の肩もち本当に詐欺師親子です。一般人同士の金銭トラブルですが、皇室でない平民の私達でも小室圭と結婚はさせませんよ。 眞子さん交際中、警察から宮内庁に警告入っていたが、眞子さんを信じている秋篠宮は宮内庁に身辺調査依頼する処か結婚あと押ししていたでしょう。眞子さんは深溝にはまっていたでしょうし、小室母は秋篠宮家に借金のサポートはするし、めちゃくちゃです。だらだらと破談発表されない事を良い事にいくらでも皇室を利用している。小室圭は留学ビザ取っていないので10月末迄に一時帰国するらしい。...

美智子様は無責任すぎる!! 我関せずの態度が酷い…

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos 美智子様や秋篠宮が恐れている秘密.秋篠宮は、美智子上皇后の妹夫婦の子供です安西孝之氏天皇家とは血縁関係がないので、次期天皇になる資格はありません皇族のDNA鑑定は必要か.秋篠宮様の本当の父親として噂されている人物とは?先日の河野太郎防衛大臣発言で、いわゆる「旧宮家の皇籍復帰」について、河野大臣のこのような発言が話題になりました「確率的に突然変異起きやすい。 そうすると宮家の養子にしようといった方の血液かなんかとってきて、染色体の検査、遺伝子の検査をやったら変異があって、そこがずれていたらどうするんだ、繋がっていないじゃないかという話になるかもしれない」これに関して、「旧宮家と今の皇室のDNA検査をして両者が男系で繋がっているかどうか科学的に明らかにするべきだ』という議論にも発展してしまっています確かに、 日本の皇室は最低でも00年は続いていますので、どこかの時代で天皇の側室や皇后がで密通をした可能性も否定できません明治維新のテロですり替わった朝鮮人ニセ皇族の秋篠宮.アメブロシニアジャンルの「申杉弘先生」によると秋篠宮の本当の先祖は『千葉の朝鮮人漁師」日本の皇族とは全く関係ない。 秋篠宮様と父親の明仁様って全然似てなけど本当に親子関係にあるのかな?顔も身長も違い過ぎて全然親子に見えない気がする私もテレビなどで見掛けした際に全然似てないなと感じる事が多々あります.確かにあまり似ていませんね。しかも明仁様は身長が6cm,母親である美智子様は6mに対して秋篠宮様は78cmもありますどれくらい似ていないかを分かり易くする為に明仁様の長男である徳仁様とも比較してみました。 当然の事なのですが長男である徳仁様は父親の明仁様に顔の輪郭やパーツなど雰囲気も似ていますねちなみに徳仁様の身長は6なので体型も似ています.すると徳仁様も秋篠宮様も同じ明仁様の子供なのに比較して見ると明らかに秋篠宮様が似ていなさすきる事が分かります本当の父親が別にいるのではないかという噂が立ってもおかしくはないぐらい似ていないように私も感じます.もし仮に本当の父親が別にいるとしたらそれは一体誰なのでしょうか? 調査して見た所ある人物が浮上しました.秋篠宮様の本当の父親なのではないかと噂されている人物として名前が挙げられているのが安西孝之氏です安西孝之氏は昭和電工の取締役、日本体育協会現在の日本スポーツ協会の会長、日本ゴルア協会の会長などを歴任されていた方です安西孝之氏が秋篠宮様の本当の父親だと噂されている理由顔と体格が似ている.美智子様と繋がりがある。 眞子様と森矗昶氏安西孝之の母方の祖父が似ている1安西孝之氏と秋篠宮様は似ている。この人は写真を並べてみると物凄く似ています。昔や日元、そして雰囲気も凄く似ていますよねちなみに安西孝之氏は身長が80cm程度あったと言われており秋篠宮様は身長78です。 顔だけではなく体型も秋篠宮様は安西孝之氏に似ているのです②安西孝之氏は美智子様と繋がりがある。 安西孝之氏と秋篠宮様の母親である上皇后美智子様は全くの他人ではなく繋がりがあります画像を見て頂くと分かる通り上皇后美智子様と安西孝之氏の妻である恵美子氏は姉妹です。つまり美智子様から見れば安西孝之氏は妹の旦那に当たる訳ですそこに繋がりがあるのは言わずもがな、 姉妹の好みが似ているという事は良くありますしその間に様々な不義が起こっていても決しておかしな話ではありません秋篠宮様と安西孝之氏が似ている事を明するにはそう考えるのが一番自然という事ですね.このような理由から秋篠宮様は美智子様と安西孝之氏の子供なのではないか、つまり秋篠宮様の父親は安西孝之氏なのではないかと噂されているのです3眞子様と森矗昶氏安西孝之の母方の祖父が似てる理由は? 眞子様と森矗昶もりのぶてるっていう人が凄く似てるっていう噂があるけど、似てると何があるんだろう?誰か分かりやすく説明してくれないかな?物凄く似ていると思いませんか?目の形、鼻の形輪郭まで瓜二つです.まずはこちらの家系図をご覧ください見れば分かる通り眞子様と森矗昶氏に血の繋がりはありません。 血の繋がりが無いにも関わらず何故この二人はこんなに似ているのでしょうか?眞子様と森矗昶氏に血の繋がりがあるのではないかという仮定の元に成り立つ噂です.これがどういった事を意味しているのかというと、美智子様と安西孝之氏が不倫関係にありその間に誕生したのが秋篠宮文仁様なのではないかという噂が立っているのです中杉弘先生によると「正田ミテコが妹の夫の安西というおっさんと浮気して、 秋篠宮が生まれたからサックリ!!」だそうだ.もしこの噂が真実であれば眞子様と森矗昶氏には血の繋がりがあるという事になりますので、似ているのも自然であると考える事が仙来ますでは、この噂が真実であるとすると一体どういう影響があるのでしょうか?安西孝之氏は皇族ではありませんので、 万が一秋篠宮文仁様が美智子様と安西孝之氏の子供でああった場合秋篠宮家は皇族ではないという事になってしまいますなんて恐ろしい秋篠宮は天皇の子供ではないんですかもう.秋篠宮一家とミテコ様天罰が下るかも皇室はもう本当に終わるかも.皇位継承者には上皇と血縁者である証明としてDNA鑑定された方がいいのかも上皇后美智子様や秋篠宮キコ様は反対なさるだろうけど、 1日も早くあきさんのDNA鑑定とIQ鑑定すべきです長女の10もね.この記事皆さんはどう思われましたか次のような批判的な意見がずらりと並んでいるDNA鑑定をすることも、恐らく不可能でしょう。また、キコ様の家系にもいろんな憶測があります。「正統」を固守するのであれば、敬宮様を皇太子→天皇というのが本筋ではないでしょうかまず、 これだけ【皇族の品位を貶めた】と言うのに誰も何も言わないと言うのがおかしいと思う. ただし、確たる証拠があるわけではありませんので、あくまで憶測の域を脱してはおりません本日も最後まで動画を見ていただきありがとうございました。また皆さんに感じたこと意見などをコメントしていっていただけたら嬉しいです。

小室圭の裏切り破談確定..!! 眞子さま 震えた ​!?

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos 今回取り上げるニュースはこちらです。記事の一部を引用してお伝えします。祝う一般参賀も規模を縮小しつつも実施する方向で検討に入っているようです。そんななか、上皇后となられた美智子さまが、いまだに雅子さまに対して当てつけのような行為に及んでいるようなのですが。いったいどういうことなのでしょうか。 今回はそちらについて書かれた記事を見つけましたので、紹介と詳しい解説をしていきたいと思います。まず1つ目は、秋篠宮邸に関する話題をお届けします。ここからは一部引用を含みます。さて2年半にわたって改修工事が施された秋篠宮邸が11月22日に報道上に公開されました。内情に詳しい宮内庁職員は、次のように述べています。 「改修費用は、建物部分に約26億円、庭園工事など含めると約30億2千万円、同じ御用地内にあり連結された赤坂東邸の改修まで含めると、約34億6600万円と公表されています。新型感染症やロシアのウクライナ侵攻の影響で国民の生活が遍迫しているなか、秋篠宮ご夫妻が既得権益として改修工事を進められたことに、不満を抱いた国民も多いということでしよう。 自分たちに寄り添ってくれていないと感じる人もいたと思います。また、秋篠宮皇嗣同妃両殿下におかれましては、今回の工事に当たりまして必要最小限の予算で改修するべきとお考えになり、それを踏まえ、宮内庁において当初予算額をできるかぎり削減できないか様々な検討を行いました。しかし、今回の改修工事に不満を抱いているのは、工事の経緯を知らない一部の国民ばかりではないのです。 というのも、改修工事関係者のなかには、正直もう二度と宮内庁の仕事は受けたくないと語っている者もいるのです。工期は半年延長されましたが、それは新型感染症の影響ばかりではなく、秋篠宮ご夫妻の追加注文が相次いだためでもあったようです。実際にお二人は現場にも逐次足を運ばれ、要望を出されていたそうです。 要望としては、もっと金を使用してほしい素材はイタリア産が好ましいといったもので、そのたびに工期が延びていったのです。 もちろん素材費用などの実費は増えていきましたが、いっぽうで改修費用を抑えてほしいという要請もぁったそうです。工事関係者たちは、超過分は自分たちがかぶるしかないのかと嘆いていましたよ」以上が1つ目の記事の内容です。 なんといいますか、こうした記事一つをとっでも現天皇家と秋篠宮家では随分と雰囲気が違いますよね···。もちろん、どちらが皇室にふさわしいかというと、現天皇家であることは誰が見ても明らかでしょう。両家の子供達の雰気がここまで違うのは、やはり教育の違いも大きいと思います。おそらく多くの国民が、愛子さまや現天皇ご夫妻の雰囲気に安心感を感じているのではないでしようか。 では2つ目の記事に移ります。さて上皇后となられ一線ら退かれた今でも、一部国民からは根強い人気がある美智子さま。今でも沿道には多くの人が詰めかけ「美智子さま~!」「万歳!」という声が聞かれます。 たとえ沿道に行けなかったとしても、ニュースなどで流れるお姿を拝見するだけ心が温まる国民もいるくらいです。 もっとも、そのほとんどが平成の時代を共に駆け抜けてきたご高齢の方々ですが···。このような国民と共に歩む皇室というイメージは平成になってから、それも美智子さまによって作り上げられたものとも言われています。内情に詳しい宮内庁職員は、次のように述べています。「平成時代に美智子さまは慈母のごとく報道され続けてきましたが。 これは美智子さまがメディアとの攻防に勝利した結果でもあるのです。週刊誌などに美智子さまへの批判的な表現が出ると、宮内庁がそれに逐反論したり、急に美智子さまの体調が悪くなったと報じられたりすることが日常茶飯事となりました。 このような光景は昭和の香淳皇后にも、令和の雅子さまにも見られない特異なものです。 あまりの電光石火の反応に一時期は美智子さまの愛読書は女性週刊誌などと噂されたこともありました。皇后陛下でさえ、我々庶民と同じような趣味をもたれているとは心温まるエビソードに違いありませんが··。実際のところ、平成の時代に美智子さまの近くで仕えた元宮内庁職員の小内誠ーさんは次のように漏らしています。 『美智子さまの愛読書が女性週刊誌というのは、ややオーバーな表現かもしれません。ですが、女性週刊誌や総合誌の皇室記事を発売日にくまなくチェックされていたのは事実ですよ。ただし、皇居に住まわれる美智子さまがコンビニや書店などに週刊誌を買に行くことは目立ってしょうがありません。そんなことをしていては、それこそ週刊誌の記事にされてしまうのではないかという疑問がありますからね。 そのため、週刊誌を購入する際は美智子さまに仕える侍従職の一人が登庁中に発売された週刊誌を買い、登庁後に皇室記事を切り抜いてスクラッフ帳に貼りつけ、資料として美智子さまや職員らと情報共有していました。記事の内容によっては出版社側に訂正や謝罪の要求をしていましたよ。こういった監視体制のシステム化は美智子さまだけ見られる特別なことで、東宮妃時代の雅子さまは『我関ぜず』を貫いておられたと記しております。 このように元宮内庁職員の小内氏は振り返っているのですが、当時の宮内庁職員の業務のーつに週刊誌の切り抜きがあるとはピックリです。 また、そうした証言を裏付けるように、当時の待従日記を読み直すと確かに週刊誌の話題が多く見つかりますしかも小内誠ーさんの指摘通り、一人の職員が週刊誌切り抜き作業の専門職としていたようです。...

ついに認めた…関係者が語った悠仁さまの●●問題!! 紀子さま激怒 !!

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos こんにちは。本日も皇室の話題を取り上げて参ります。今回は、悠仁さまの成績不振を知った久子さまがキコさまに放たれたという痛烈な一言が話題になっています。その内容をお伝えしていきます。現在、秋篠宮家は長男である悠仁さまが先日、赤点レベルの成績を取ってしまったことから、秋篠宮家の教育に疑問が再び投げかけられています。 ある週刊誌の記者は、「筑附では定期試験ことに各生徒ごとに偏差値を記した順位表が渡されています。そして、悠仁さまの成績が冴えないのは、皆よく知っている事実です。授業中に当てられても悠仁さまば小学生レベルの質問にしか回答できていないぞうです。すべてを察したのか、今ではどの先生も悠仁さまを授業中に当てることはないそうです」と悠仁さまの成績不振について話しています。 しかし、キコさまはそんな悠仁さまでも、推薦枠で東大へ進学できると踏んでおられるそうです。キコさまは、これまで悠仁さまの優秀さをアピールするため、いろいろな商を取らせようと奮闘なさってこられましたが、それも東大に推薦枠で入学するための布石でした。 悠仁さまが、作文コンテストで佳作を取ったときには、キコさまも喜ばれたそうですが、残念ながら後に、悠仁さまの作品は著作権侵害に抵触していたことが明らかになります。そもそも、東大に推薦入学するためには、かなり高いハードルを超えなくていけません。東大受験専門の塾で講師をしている東大生は、「東大に推薦で入ってくるのは、普通に受けても余裕で受かるような人が多いんです。 あるいは、数学オリンピックなどの国際大会で活躍したり、特定の分野でかなり抜きんでた才能があり、他教科の受験勉強の暇はない!というような天才型の人。一般的な私立大学の推薦で求められる、学校の成績がよくてボランティア活動などを熱心にしました、というような『秀才型のいい子』じゃないんですよ」と話しています。 つまり、少なくとも現状の悠仁さまでは到底合格することは叶わないということになってしまいます。それでも、東大へ皇室特権を利用してでも進学させようとするキコさまに対して、久子さまはある一言を放たれたそうです。ある宮内庁の職員は、「11月10日の夕方から秋篠宮邸の落慶式が開かれ、久子さまや信子さまも参加されました。ですがキコさまは、主役である秋篠宮殿下をほったらかしにして、悠仁さまの自慢ばかり。 特に愛子さまより先に伊勢神宮に参拝したのば、キコさまにとって『してやったり』だったぞうです。ですが、悠仁さまの受け答えがなんと『愛知県にある伊勢神宮に参拝してきました』と言い出したのです。伊勢神宮が三重県にあることも悠仁さまはご存知ではなく。 驚いた久子さまは、悠仁さまに聞かれぬようキコさまに『ちゃんと小学校からやり直しなさい。 都道府県の名前すら知らないようでは、天皇は務まりません』とピシャリ。キコさまはぎゃふんとした顔で『ショーライのテンゾー!』『ショーライのテンノー!』『ショーライのテンノー!』と何度も何度も絶叫し続けることしかできませんでした」と話しています。都道府県すら覚えておられないとなると、悠仁さまが日本国民に寄り添うということは、難しいことでしょう。 公の場で公務で訪れた都道府県名を間違える、といったことがあれば、国民が受けるショックは計り知れません。みなさんは、悠仁さまへの秋篠宮家の教育についてどう思いますか。「悠仁さまへの帝王学が遅れすぎている」と感じてしまいますよね。 では、続いての記事に移ります。愛子さまは学習院大学の文学部日本語日本文学科の3年生で、12月17日土曜日に大学を訪問されたようです。 それまでの大学訪問は入学した2020年10月24日に新入生向けガイダンスを受けるために訪れ時のみでした。授業はオンラインで参加し、大学祭の行事等にも一切参加しなかったようです。愛子さまが12月17日に参加した行事は何かと言うと、日本文学科の卒論説明会に参加するためでした。そこに居た同級生のお話によると「日本文学科はゼミがないので、4年生になると卒業論文を指導してもらう教授を自分で選ばなくてはなりません。 愛子さまは、『源氏物語』『新古今和歌集』『宇治拾遺物語』『平家物語』といった平安期など中世の文学だけではなく、『奥の細道』といった近世の文学まで幅広く古典を学んでいらっしゃいます。」といったお話をされていたようです。久しぶりの大学訪問でご友人たちとも会えたことで、説明会に参加しでメモをとりながらも時々ご友人たちとお話されている場面もあり、楽しく過ごされているようにうかがえました。 説明会が終わってからも、小一時間ほどお友達と話し込まれていたようです。ゼミのない日本文学科の愛子さまがどの先生を指導教授として選び、卒業論文のテーマは何にするのか、同級生たちはみんな関心を寄せているとのことでした。ただでさえ卒業論文の作成は難しいのに、先生から自分で選び、テーマを設定して作成するのはハードルの高い大学の課題となりそうですが、周りからの高い関心があるので是非、期待に応えていただきたいところですね。 それに加え、現代のキャンパスライフといえば、昨今のコロナウィルスの感染対策によりオンライン授業が採用され、自分で選択できる環境が増えていることで今までの学校生活の楽しみ方に変化がありそうですが、キャンパスライフとしてはオフラインで友人と会いたいところですよね。 と言っても、ご家族にウィルスを持ち帰らないようにするためにもオンラインで受講されているとは思いますが、たった一度のキャンパスライフで、久しぶりのご友人との再会に楽しそうな場面が多く見られたなら、大学訪問の機会を増やずのもいいかと思いますね。では、続いての記事に移ります。今回の記事では、新婚旅行として眞子さんがブラジルへ出発することついて紹介していきます。 夫である小室圭さんがついにニューヨーク州の司法試験に合格したことで、小室夫妻の里帰りの時期に注目が集まっていましたが、里帰りよりも先に、小室夫妻は新婚旅行へ出かける可能性が高いそうです。ある宮内庁の関係者は、「結婚会見の言葉や表情からもわかるように、眞子さんは結婚に好意的ではなかった家族や多くの国民に対して、ネガティブな感情を抱き続けています。 また秋篠宮さまは57歳のお誕生日会見で、眞子さんの近況について質問を受けた際に、"本人が控えてほしいということを申しているようですので"といった言い回しをされています。...

紀子さま絶叫…狂気の発言!! 殿下の歪み!

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos 文春の衝撃スクープに「女性自身」が続報。 現在も、国民からの逆風が続く秋篠宮家。今月に入ってからも、キコさまが、「青少年読書感想文全国コンクール」の表彰式に出席された際に、小学生から帰れコールを浴びるなど散々な状況となってしまいました。 また、その直前には、「週刊文春」が、秋篠宮殿下が、屋形船を運営する企業から100万円を騙し取るという詐欺事件を起こしたというスクープ記事を報道。今週発売された週刊誌「女性自身」でも、この問題について報じられていました。 秋篠宮家は筆頭宮家として、数多くのご公務に携わられている。各種団体の総裁職にも数多く就かれており、秋篠宮さまは山階鳥類研究所や日本動物園水族館協会をはじめとして、18もの総裁職などをお務めになっている。またキコさまも、結核予防会の総裁など7つの肩書をお持ちだ。 そんな秋篠宮家について、2月2日発売の『週刊文春』(以下、文春)が、秋篠宮さまの“側近”とも言われる人物が関わる“100万円賄賂”訴訟を報じ、波紋が広がっている。 「2020年、京都・嵐山の夏の風物詩とされる鵜飼見物の屋形船を運営する会社で、前社長の不明瞭な支出が浮上したそうです。同年8月に会社側が前社長を、使途不明金1千100万円の損害賠償を求めて提訴したのですが、裁判に提出された2018年の帳簿に、“秋篠宮様へ100万円”という記載があったと文春が報じているのです。 前社長が100万円を手渡したと主張している相手は、山階鳥類研究所の所長だった奥野卓司氏。秋篠宮さまは2009年に共著の専門書を出版したこともあり、奥野氏は鳥類研究に関する“側近”としても知られています」。 裁判は現在も進行中で、3月にも判決が下されるという。前出の皇室担当記者はこう話す。 「前社長は鵜飼のイベントに秋篠宮さまを招くために、奥野氏に金銭を渡したなどと裁判で主張しているそうです。 ただ、文春の取材に対して前社長と奥野氏の主張は食い違うばかりで、金銭の行方については不透明なまま。宮内庁は文春に対し、秋篠宮さまが100万円を受け取った事実などを否定しています。 現在の秋篠宮家は、かつての東宮職と同じように皇嗣職が経理面を厳密に管理しており、秋篠宮家に出所があやふやな金銭が渡ることはありえません」。 秋篠宮家にとって一連の騒動は、「庁内では迷惑な話と受け止められています」と宮内庁関係者は明かすが――。 「報じられているように、奥野氏がイベントに皇族の出席をあっせんしていたなら、『皇室利用』以外の何物でもありません。さらに、金銭を求めていれば完全に“アウト”でしょう。しかし、『また皇嗣家に新たな問題ですか』とうんざりする声が上がっていることも事実です。秋篠宮家の周囲では、頻繁に金銭に絡んだ騒動が起こっているものですから……」。 宮内庁関係者に、「完全に“アウト”」とまで言わせしめる今回の事件ですが、ネットニュースのコメント欄では、「皇族の活動状況や経費についてオープンにして報道すべし」といった意見や、「秋篠宮家に皇統を移してはいけない」といった厳しい批判の書き込みがみられます。 皇室に詳しい静岡福祉大学名誉教授の小田部さんが「就任の経緯や活動状況、経費などが公開されないことで、利権を得ようとする人を皇室に近づきやすくしています。 ルールを設け、国民にオープンにすることが、その団体や活動の信頼を高めるうえでも必要だと思います」と述べている。 本当にその通りだと思う。 一宮家では無い重責につかれた時から、関係先の取捨選択は必須であり、ましてや天皇家になり得るお立場なら、”投げ出すわけにはいかない“のではなく、”投げ出さねばならない“というお覚悟も必要だったのではありませんか。...