Tháng: Tháng Hai 2023

クズすぎる!! 悠仁さまが女子生徒に対して行った“衝撃行動”がヤバすぎた…

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos こんにちは。 本日も皇室の話題を取り上げて参ります。桐蔭祭でカジノに白熱する余り感情を爆発させてしまったという報道が注目を集めたひさひとさま今回は、 ひさひとさまが桐蔭祭で女子生徒から拒絶されたことが話題になっています一体どういうことなのでしょうかその内容をお伝えしていきます。 皇室の品位を落としている朋ちゃんを受けている秋篠宮家なんと先日行われた桐蔭祭でひさひとさまが感情を爆発させたことでさらに国民からは次期天皇として大丈夫なのかといった声が上がっています。 在校生たちはひさひとさまが桐蔭祭を楽しんでおられる姿についてかけているうちに熱くなってかっこ悪い負けが込んでしまってめっちゃ悔しいがってましたよ普通の男子かなと思いましたと話していましたすっかり学校生活を楽しんでいる様子のひさひと様ですが、ひさひと様についてはこれまでマスコミなどの報道規制が行われてきました現在でも、 国民やメディアなどの視線から守るため、 そうした配慮がされているようです。 というのもひさひとさまが通っておられる筑波大学附属高校は、それぞれのクラスで桐蔭祭の出し物専用のインスタグラムのアカウントが 公開されているものの、 1年5組のみアカウントが非公開となっているのですこうしたことからも、 ひさひとさまが5組に所属しているということが間接的に証明されたことになります。 ひさひと様がお茶の水女子大学附属中学校に通っておられた時代には、 刃物を持つた男が構内侵入し、 ひさひとさまの机の上に刃物を置くといった事件が発生したこともあり、 あまり情報をオープンにすることはできないのでしょうひさひとさまに関しては、以前から紀子さまがひさひと様の妃探しに熱心になっており、 いろいろと画策しておられるようですが、それに触発されたのかひさひと様は今回の桐蔭祭で熱心に女子生徒を誘っておられたようです。 ひさひとさまの同級生は、普段は内気でおとなしいひさひとくんですが、 今回の桐蔭祭では勇気を振り絞って女子生徒に声をかけてほかのクラスで行われていたお化け屋敷に誘っていたようですただ、...

【超凶悪】美智子さまは人間ではない…

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos こんにちは。令和の時代においても、皇室内で権威を振るおうとしておられる美智子様。今回は、雅子さまと愛子さまを、美智子様の陰謀から守るため天皇陛下が下された決断が話題になっています。一体どういうことなのでしょうか。 その内容をお伝えしていきます。あわせて、愛子さまが読まれたが絶賛されているワケについても一緒に紹介していきます。 ぜひ、コメント欄にあなたの感想を記載して下さい。1月18日に皇居で行われた「歌会始の儀」学業を優先し、宮殿·松の間に愛子さまは来られませんでしたが、「友」というお題で寄せられた歌が紹介されました。もみぢ葉の散り敷く道を歩みきて浮かぶ横顔友との家路、という歌を詠まれた愛子さま。 この歌が、今、専門家たちからも絶賛されています。歌人の梅内美華子さんは「愛子さまは、ほとんどオンラインで講義を受けられてきたと伺っています。友達といっしょに歩いた学校の帰り道を思い出したことを詠まれ、コロナ禍でなかなか会えない日々という時代背景を描き出されているのでしょう落ち葉を踏む感触から記憶へいたる流れがとても自然に表現されています。 『横顔』というお言葉から、並んで歩いた友達との親しさが伝わってきます。 また『散り敷く』という表現は正統派の和歌の作風を感じさせますし紅葉の乾いた匂いやサカサという音、靴底のフカフカした感触なども読む側が思い浮かべることができます。愛子さまがお小さいころから百人一首を楽しまれていらしたという記事を拝見したこともあります。 和歌を詠むとき、自然に季節と心情を重ねる詠法を身につけていらっしゃるのではないでしょうか」と語っています。愛子さまの文才は、愛子さまがまだ幼少の頃から注目を集めていました。幼稚園のご入園前から、七五調の歌や俳句を作っておられ、中等科時代に卒業文集に掲載された『世界の平和を願って』というタイトルの作文は、多くの人の心を打っていました。 今回詠まれた愛子さまの歌に国民からも賞賛の声が上がっています。ネットニュースのコメント欄では、「愛子様は、本当にお考えを的確に表すお言葉選びが素晴らしい方です。 平和に関しての作文もそうですが、頭の良さだけでなく、両陛下の背中を見ながら育たれたのでしょう。将来の活躍に期待してしまいます。 「愛子さまは、和歌を詠まれる時には幼少時より自然と季節感と心情を重ねられる詠法を身につけていることは素晴らしく。賛美されると思います。このような知的で品格を保たれた愛子さまは、是非に次期皇位継承に相応しいと拝察致します。」、というコメントが書き込まれていました。これからも、愛子さまのご活躍には期待したいですね。しかし、このように、国民からの敬愛を受ける愛子さまに対して、美智子さまはよく思われないようです。 1月2日に、3年ぶりとなる新年一般参賀が行われ、その時の愛子さまの立ち居振る舞いは、多くの国民からの賞賛を集めました。一般参賀にきた人ちは、「もしかして愛子さまにお会いできるかなって思って」「なんかすごく心が和やかになりますね、愛子さまの笑顔を見ると」と話しており愛子さまの姿から国民が励ましを受けていることは明らかです。 一方で上皇ご主妻は、発熱などの風邪の症状が出ており、万全の体調ではない状態で、一般参賀に出席しておられました。 当然、職員らは出席を見送られてはどうか、と提案したのですが、上皇ご夫妻は、無理を通して、参加されたそうです。ニュース報道では、こうした行動が美談のように語られており、『上皇ご主妻は大事な新年行事をないがしろにできないという固い気持ちで臨まれたと思う」と表現されていました。 また、繰り返し、「ほぼ回復されている」といった報道されています。しかし、実際には、今回美智子様がコロナやインフルエンザに感染している可能性があったにもかかわらず、一般参賀に参加された背景には、雅子さまや愛子さまに感染させるという目的があったようです。こうした非常に危険な状況から、雅子さまや愛子さまを守られたのが天皇陛下でした。 新年一般参賀では、皇族方全員がマスクを着用していた理由について、「宮殿の両陛下らが立たれた場所は、換気が難しいこと。限られた空間で比較的『密』になること。 皆さんは、今回の天皇陛下の勇気ある決断によって、雅子さまと愛子さまが守られたことについて、どう思いますか。 「天皇陛下の、雅子さまと愛子さまを守る行動に感動した」と思われた方は応援して下さい。の興味があるものがありましたら是非、御覧ください。

秋篠宮家が青ざめる !! 「週刊新潮」が凄い暴露…秋篠宮 金銭疑惑!!

秋篠宮殿下の100万円騙し取り事件に怒りの声。 現在、ネット上でも大変な話題となっている秋篠宮殿下の100万円騙し取り事件。この事件について、簡単に説明すると、秋篠宮殿下が屋形船を運営する企業である株式会社「嵐山通船」の元社長X氏から、「100万円を払えば、全国鵜飼サミットに参加する」という名目で100万円を騙し取ったという事件です。 すでに過去の動画でも説明していますが、今回、文春がスクープを出した報道の何が画期的であったかといえば、一つには、秋篠宮殿下宛ての領収書が発行されており、決定的な証拠が残っていること。それからもう一つは、秋篠宮家の公務での高額謝礼の実態が明らかになったことです。 今回の事件に関しては、当チャンネルのコメント欄でも次のような怒りの意見が数多く書き込まれています。 検察、警察が本気で取組めばA家の悪事は必ず糾弾できる筈だと信じています。 余りにも多過ぎる疑惑?は許容範囲を超えている。 他にもおなじようなことをして100万単位を渡している会社や団体が多いのでは?? 総裁職も多く手掛けている秋家は、こういった内容を全部、把握しているのでしょうか?? 毎回の私的公務だけでも多くの謝礼金を受け取っていますよね? 卑しすぎる! どんだけ欲深なのか?! この宮家は悪のブラックホール、闇が深すぎて表には出てこれないkk母子のよう。 こんな人がどんな事があっても天皇になってはいけません。 こんな状況を、政府も宮内庁も無視し続けるのでしょうか? はっきり言って、皇統の危機です。 このような意見は、皇室を愛する多くの日本国民の総意と言っても過言ではないでしょう。早急に秋篠宮家の取り潰しが期待されるところです。 進まぬ秋篠宮家への捜査。 ですが、残念なことに、どうやら、今回、秋篠宮家への捜査は順調には進んでいないようですね。というのも、どうやら、裁判を起こした、「嵐山通船」の現社長である小島氏は、殿下に対しては訴訟しておらず、X氏から100万円を騙し取った実行犯である奥野卓司氏も殿下の関与については、口を閉ざしているようなのです。 では、秋篠宮への100万円について当事者たちはどのように答えるのか。  1月29日、奥野氏に電話で話を聞いた。...

佳子さま…破談決定!! 紀子さま 絶叫!!

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos こんにちは。本日も皇室の話題を取り上げて参ります。世間から厳しい視線が向けられ続けている秋篠宮家。積極的に公務を行い、国民の信頼回復に務めているようですが効果はあまりないようです。そんな中、秋篠宮家次女の佳子さまがある手術を受けられ、キコさまは激怒されているとか。 今回は「キコさま激怒も、佳子さまは逆ギレか!?」について一部記事を引用していきながらご紹介していきます。あわせて「司法試験に無事に合格した小室氏、今後の仕事」についても、一緒にご紹介していきます。それでは早速、一つ目の記事の内容に入ります。二度に渡り、司法試験に不合格になってしまった小室圭さん。 受験回数が増えるほど合格率は低くなると言われており三度目の受験では平均20%前後と言われていました。そのためネット上では「どうせ今回も不合格だしそろそろ転職した方がいいよ。「眞子の言いなりで受けているだけだから、合格するつもりはないのだろう。」といった辛辣なコメントが数多く寄せられていました。しかし、そんな予想とは裏腹に三度目にして、ようやく合格をつかみ取った小室氏。 合格というニュースは、瞬く間に日本中を駆け巡り話題にもなりました。 そして現在、勤務しているローウェンスタイン·サンドラー法律事務所では小室氏のプロフィール写真が、新たにホームページ上に掲載。早くも『弁護士』として期待されているようです。『法務助手』から『弁護士』となり年収も600万円から、3000万円前後になると言われています。 急激な物価高で、ニューヨーク市民のお財布を直撃している中小室夫妻の生活の基盤は、ようやく安定することでしょう。将来の道も大きく開けたことで、眞子さんも胸を撫でおろしていると思います。しかし、喜んでばかりもいられません。『弁護士』となった小室氏ですが今後、乗り越えなくてはいけない試練がいくつかあるそうです。 まず弁護士として実力をつけるべく、過酷な仕事漬けの日々を送る必要があります。当面の間、ベテラン弁護士をリーダーとするチームに入り法案案件に取り組むそうです。 ですが、新人弁護士が行うのは『証拠保全のためのリサーチ』や『判例検索』など。仕事が多忙なうえ自分のステータスを高めなければ顧客を獲得することはできません。 生き馬の目を抜く厳しい競争社会のニューヨークでは学歴や肩書きではなく実力と人脈が全てです。人脈を広げるためには、より多くの人と出会う必要があり時にはニューヨークの社交界へ、足を運ぶことになるかもしれませんbそうした場合、多くのパーティーは夫人同伴が基本のため眞子さんも一緒に行くことになります。 元プリンセスの眞子さんが社交界の場に出れば、小室氏よりも眞子さんと交流を持ちたいと思う人々は、多いのではないでしょうか。眞子さんは不本意かもしれませんが小室氏にとっては、自分を売るビッグチンスです。しかし、眞子さんは『複雑性PTSD』と診断され、療養していました。大勢の人の目にさらされる場に出れば、確実にストレスを感じることになります。 『仕事』を選ぶか『家庭』を選ぶのかこれからの将来について、夫婦で十分に話し合ってほしいですね。以上が一つ目の記事の内容になります。『日本の元プリンセスの夫』という肩書は小室氏にとって魅力的なものだと思います。しかし、利益だけ求めれば自分の身を滅ぼすかもしれません。「こんなはずじゃなかった』とならないよう、小室夫妻には『夫婦』で頑張っていってほしいですね。 続いて二つ目の記事の内容に入ります。眞子さんの結婚騒動以来、多くの人々から厳しい視線が向けられ続けている秋篠宮家。現在、数多くの公務に取り組まれ国民からの信頼回復に務めているのですが、効果はあまりないようですそんな中、再注目を集めているのが秋篠宮家次女の佳子さま。 以前から佳子さまは『優れた美貌の持ち主』と注目を集めており公務の際、お姿を見せられるたびに「佳子さま···以前よりも綺麗になった気がする。「佳子さまがいらっしやるだけで、周りの空気が変わる。華やかになる」「子さまの公務が増えてる気がするけど、無理しないでほしい。 といった声が、SNS上で寄せられており「SmartFLASH」ては「これまで眞子さんが担っていた公務を、佳子さまが引き継がれ以前よりも、よくお見かけするようになりました。』「眞子さんの結婚で、佳子さまのご負担が増えたように年々公務の担い手が減っていることが懸念されています。『皇族方の無理なご負担が掛からないよう宮内庁には議論を進めてほしい。』といった内容を取り上げていました。 以上が二つ目の記事の内容になります。 皆さんはどう思われましたか?整形手術代は、数十万円とも言われておりその財源は、もちろん私達の税金です。『秋篠宮家はもう終わりだ···』と思った方は応援してください。

紀子さまは人間ではない…外務省からも嫌われる紀子さま!!

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos こんにちは。1月2日に行われた。実に3年ぶりとなる新年一般参賀。ネットメディアでは秋篠宮さまが愛子さまに働かれた不敬行為などが話題となった一方で、マスメディアは天皇陛下が参加される皇族方へ、マスクの着用を義務付けられたことなどを中心に報じています。 そんななか、秋篠宮さまの立ち位置の違いを正した愛子さまに対してキコさまが放った一言が物議を醸しています。今回はそちらについて書かれた記事を見つけましたので、紹介と詳しい解説をしていきます。 まず1つ目は、愛子さまに関する話題をお届けします。ここからは一部引用を含みます。さて、昨年12月に21歳になった愛子さま。 最近は成年皇族として2つの変化が見て取れると、皇族ジャーナリストは次のように述べています。「愛子さまの変化1つ目の違いはその服装。普段着は品のいいラウスや、淡い色のカーディガン。初公務では、丸首のドレスに帽子·パールのアクセサリーを着けられるなど。これまで定番のファッションが目立ちました。その一方で、今回の愛子さまはライトブルーのドレスを着用されていました。 特徴としては、襟がマンタリン·カラーだったこと。 実は中国風アイテムをァッションに取り入れるのが、ここ最近若者のトレンドになっているのです。皇室行事の礼装であるローブモンタントは高い立ち襟が特徴ですが、愛子さまは襟の中央を丸くカットし、若い女性に人気があるチャイナドレスを思わせるスタイルジュエリーを最小限にした装いがシンプルで、凜とした佇まいを感じさせましたね。 そして2つ目の変化は髪です。愛子さまといえば昔からストレートのロングヘアでした。小学校の頃から髪を伸ばされ、雅子さまとお揃いのーフアップのことが多かったのですが、元日に公開されたご一家の新年用写真では違いが大きく感じられました。雅子さまのシャープな髪型とも違い、緩やかに髪を巻いて左側だけ前におろしていたのです。 静かな笑顔も相まって、これまでとまた違っ大人びた優雅な印象を感じましたね。流行を取り入れ、髪型も一層大人ぴた愛子さま。実は年末に、いわゆる『推し』のイベントにも行かれているのです。昨年12月4日のことですが、愛子さまは世田谷区の五島美術館の特別展にお忍びで現れたのです。 平安時代末期の歌人一西行にまつわる作品が展示されていたのですが、西行は恋の歌で名を馳せ、容姿端麗との逸話も残る人物。恋の悩みに涙する心境を綴った歌はF百人一首に採用されています。愛子さまは学習院大学で日本文学を学んでおりまた百人一首好きでもあるため、西行の歌にご興味がおありだったのでしょう。さらに、ご卒業後は新たな挑戦をする可能性もあると言われています。 タイミングはわかりませんが、おそらくイギリス留学をなさるのではないでしょうか。今夏頃には、宮内庁から天皇ごー家に対し、ご卒業後のご予定をお伺いするのではないかと思います」以上が1つ目の記事の内容です。やはり愛子さまは皇室に相応しい品格と知性が感じられますが、天皇皇后両陛下の教育の賜物なのかもしれませんね。 その反面秋篠宮家は、何にも縛られず自由に育てることが本当に正しいのか、つい疑問に思ってしまいます。どちらが天皇に相応しいかは、一目瞭然だと思いますね。では2つ目の記事に移ります。さて、1月2日に3年ぶりに行われた新年一般参賀。 ネットメディアでは秋篠宮殿下が愛子さまに働かれた不敬行為などが話題となっていましたが、地上波では天皇陛下が皇族方へマスクの着用を義務付けられたことなどを中心に報じていました。内情に詳しい皇室ジャーナリストは、次のように述べています。「陛下が皇族方のマスク着用を決定されたのは、宮殿の両陛下らが立たれた場所は換気が難しいこと、限られた空間で比較的『密』になること。 また、上皇ご夫妻や高齢の皇族も一緒であることなどとしているのですが。 どうやら、真の理由は別のところにあったようです。というのも、実は上皇ご夫妻は一般参が行われる前の年末あたりから、体調を崩されていたのです。 各種メディアも上皇ご夫妻が風邪をひかれていたことを報じているのですが、どうやら天皇陛下は、一般参賀が行われる前から上皇ご夫妻の体調不良についてご存じであったようです。もちろん、一般参賀の参加者の中には陛下や皇族方のお顔を拝見したいという国民も多いですからね。 参加者と皇族方の間には仕切りもありますし、思い切ってマスクを外して一般参賀に臨まれても良いのではないか、といった意見も存在したようです。陛下は当初、新型感染症やインフルに感染している可能性もあるから、上皇ご夫妻には欠席願いたいとのご希望を宮内庁に伝えられていたようですが。 美智子さまが何が何でも一般には出席するとの意志を示されたため、やむなくマスク着用での参加を許可されることになったようなのです。このように、風邪をひかれた状態での上皇ご夫妻の一般参賀の参加に関してネット上ではコテロなどとも呼ばれているようですが···とはいえ、やはり何よりも注目を集めた事件は秋篠宮殿下の立ち位置の間違えでしょう。 ネット上でも大いに話題となったこの殿下の立ち位置間違え事件ですが、この出来事の直後にもある事件が起こりました。実は、陛下に注意を促された愛子さまに対して、キコさまが脅迫まがいの暴言を吐かれたことが宮内庁内で問題になっているようなのです。秋篠宮殿下が立ち位置を間違え、それに対して愛子さまが注意をされたのは3度目のお出ましの際のことでした。...

雅子に衝撃 !! 不敬な資料が流出!!

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos こんにちは。本日も皇室の話題を取り上げて参ります。冷和という新しい時代に変わってから早五年。今年は三年ぶりとなる『新年一般参賀』も行われ皇室に対する注目が集まっています。 そんな中、天皇御一家に対する声とは裏腹に秋篠宮家に対する風当たりは、ますます強くなっています。同じ両親から生まれたばずのお二人ですが、何が違うのか。 今回は「ご結婚前、天皇陛下を見下す秋篠宮ご夫妻の衝撃発言」について、一部記事を引用していきながらご紹介していきます。あわせて「雅子さま、歌会始でみせた明るい笑顔」についても、一緒にご紹介していきます。 それでは早速、一つ目の記事の内容に入ります。1月18日、新春恒例の宮中行事「歌会始の儀」が皇居·宮殿「松の間」で行われました。『歌会始』とは、和歌を披露しあう「歌会」のことでその年の初めに行うことを言います。今年のお題は「友」。天皇皇后両陛下ならびに、皇族の方々また、一般の応募1万5005首の中から選ばれた歌が披露されました。 マナーコンサルタントの西出氏いわく今回の『歌会始の儀』では『開かれた皇室』を感じたそうです。特に雅子さまの表情と佇まいには「マスク越しでも分るほど、明るく晴れやかな表情は、とてもお幸せそうに感じました。新年一段と素敵な表情で、こちらも嬉しくなってしまいます。」と話していました。 西出氏は雅子さまの装いにも触れ「ドレスは、オフホワイトでレースの編み込みがとても華やかな印象でしたね。身だしなみは、その方の思いを表現するものです。」「今回、雅子さまの表情、佇まい、装いの全てから『明るい』というものを読み取りました。今年は明るく、輝くというか、願いなのかそのあたりを感じさせる印象でした。」と話していました。 今回の『歌会始の儀』で、雅子さまは『皇室に君と歩みし半生を見守りくれし親しき友ら』と、人生のおよそ半分の29年半を皇室で過ごしたことに触れ日々を温かく見守ってくれた友人らへ感謝の気持ちを読まれていました。しかし、歌の中にある『君と歩みし半生を』と言う部分はなんとも感慨深い気持ちになります。 雅子さまは結婚内定の記者会見の際、ご結婚を決意したきっかけを聞かれ「不安や心配がおありでしょうけれど、雅子さんのことは僕が一生全力でお守りしますからと言ってくださいました。」と話していました。今回読まれた歌は、29年半寄り添っているパートナーへのメッセージにも受け取られ、お二人の仲睦まじい様子が想像できる歌だと感じることもできます。 両陛下の穏やかで優しい瞳は、周囲を温かく包み込み日本の未来を、明るいものにさせてくれるのではないでしょうか。以上が一つ目の記事の内容になります。 両陛下のお姿に、ネット上では「両陛下のお元気そうなお姿が見れて、とても嬉しいです。 令和の時代が長く続くことを願います。」「雅子さまは、天皇陛下を支えるというより一緒に支え合っているように感じ堂々としたたたずまいにはカッコいいとさえ思ってしまいます。」と言った声が多く寄せられていました。昨年は両陛下とも、ご病気や体調不良等が聞かれることがありましたが公務でお元気うなお姿を見ると、どこか温かい気持ちになりますね。続いて二つ目の記事の内容に入ります。 先ほど紹介した、天皇皇后両陛下に対する声とは裏腹に秋篠宮家に対する風当たりはますます強まっています。宮内庁幹部からは「新年一般参賀で細かいしぐさのミスが目立ち秋篠宮殿下は茫然白失とされており、心ここにあらずの状態でした。」「お酒の量もかなり多くなっているとのことでストレスが多く、キコさまとは家の中で喧嘩も絶えないそうです。』という話が聞かれています。 長女眞子さんの結婚問題以降秋篠宮家に対する批判の声が弱まることはありません。眞子さん夫妻が婚約内定会見を行った際お互いを『太陽』と『月』といった表現をされ、一部の国民からは顰蹙を買いました。やはり血を分けた親子なのか、およそ30年前に行われた秋篠宮ご夫妻の婚約内定会見でも、同様のことが起こりました。 当時「3LDKのプリンセス」と呼ばれていたキコさま。記者からの質問に対し「(礼宮さまは)初恋の人でございます。」と発言され、多くの国民に強い印象を残しました。お二人の初々しいお姿に、国民から温かい声が上がる一方でキコさまを知る人達からは、失笑を買ったとか。 というのも、学習院大学時代のキコさまは様々な男性との間で、浮ついた話が聞かれていたそうです。かくいう秋篠宮さまも、学生時代は大変モテていたそうで「7人のガールフレンドがいる」と、たびたび周囲の人に自慢されていたとか。そう言った話を踏まえると、お似合いの二人なのかもしれませんね。一方、陛下は真面目な性格でほとんど浮いた噂が立つことはありませんでした。 皇室ジャーナリストからは「当時、将来の即位が決定していた陛下に対して秋篠宮さまは一種のコンプレックスを抱かれている印象でした。といった話が聞かれています。 優秀な兄と比べられ、劣等感を抱く気持ちは分からなくもありませんが陛下を見下していいことにはなりません。 ましてやキコさまは夫に同調して、義理兄に対する発言ではないと思います。天皇家と秋篠宮家は雲泥の差』と思った方は、応援してください。

紀子さま逃亡!? 宮内庁が大激怒!! 皇室追放最後通告!!

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos 秋篠宮さまついに皇籍離脱へキコさまとも離婚で悠仁さまも離脱か!デイリー新潮に小室圭のことが書かれていましたね。小室圭のNY司法試験3回目の挑戦を発表したことを受けて宮内庁がその後についての本格的な趣味レーションを始めたようです。そもそも一般人でなんのシュミレーションなんですかね。 まぁ昨年結婚するまでは試験も自信がありますとか言って宮内庁や秋篠宮ご夫妻が騙されたのかよくわかりませんが今は一般人ですからね。自信がありますで結婚2日後に不合格でまぁわかっていたけども日本国民としたら衝撃でしたよね。散々メディアは小室圭なら成績優秀だし大丈夫とか言われていましたからね。ちなみに2回目の試験も合格の可能性は高いと伝えていたようです。 秋篠宮さまは2度目の不合格を聞いて虚しさのようなものを抱かれているということだったようです。最初は全学年でただ一人の奨学金全額免除とかで何でも思い通りになっていたかもしれませんが司法試験だけは忖度が効かなかったようですね。まぁ最初の試験のリモートが最後のチャンスだったかもしれませんね。 学力の問題ではないということでやはりインカムでカンニングするつもりだったのでしょうが、あそこでもっとインカムとかのリハーサルが出来ていたら試験も受かったのでしょうね。まぁ仮に次の3回目の司法試験に受かったとしてもビザの問題もあるしそもそも2回も不合格になっている奴が石ころ投げれば弁護士に当たると言われているNYで仕事の依頼があるのかという疑問ですね。 ちなみに小室圭は事務所側から法務助手として解雇されることはなさそうだということです。まぁここにはどんな力が働いているんでしょうね。国から仕事とかかなり国会議員とかも関わっていそうですね。ただいくら解雇されないとは言っても仕事内容が単なる雑用でパシリですからね。 小室圭が何かと何かを結びつけるような役回りということでこれがテリバリーサービスとかの宅配の事なんですかね。さすがにパシリとは言えないでしょうからね。 3回目の司法試験不合格の後にどんな風に生活していくのか宮内庁側もまだ予想が出来ていないようですね。誰が裏で操っているのでしょうね。お金とかは秋篠宮家や美智子さまでしょうが政治家もたくさん絡んでいるでしょうからね。 立憲民主党とか自民党を攻撃したい人はここを集中的に調べてもらいたいですよね。ちなみに奥野弁護士に紹介した立川ジュリアさんも最初は弁護士資格が取れたらぜひ自分のアシスタントとして働いてほしいといっていたようです。つまり眞子さんという名前を使って皇室ビジネスを考えていたのかもしれませんね。 ただ立川ジュリアさんも小室圭がここまで出来が悪いとは思ってもいなかったのではないでしょうか。それで今は身を潜めているのかもしれませんね。 まぁ誰も予想が出来ませんよね。一橋大学院いいってフォーダム大学に行って法律事務所で弁当の受け取りやコピーとか郵便物の受け取りとかやって週3勤務ですからね。それで試験勉強ぐらいはしているのかと思ったら夜中までゲームですからね。 だから立川ジュリアさんも国際基督教大学の普通の学生課ちょっと学力が低い学生かもというぐらいにしか思っていなかったのでしょうね。それがこれまで試験を受けたことがないとんでもないオバカさんだったと気付かされたわけですね。まぁ小室圭も毎年1000万円のお小遣い貰ってメイドサービスも政府がつけてくれて就職も心配ないし頑張って試験に受かろうなんて気にならないですよね。 秋篠宮家や政治家たちは甘やかし方を間違っているんですよね。日系人会の電話にも眞子さんが出て自分あての電話なのに眞子さんですかと聞いたらいいえいませーんってもうここまで馬鹿とは思いませんよね。 日系人会の人達もあきれているでしょうね。元皇族だし常識感覚がちょっと違うかもということは思っていたかもしれませんが小学生低学年レベルの受け答えですからね。 まぁこんな間抜けな小室夫妻を助けるために国の税金が使われていると思うとなんかやってられないですね。それにしても眞子さんもMETに何らかの形で特別職員として雇う代わりなのか日本の正倉院とかで一般公開されていない美術品を大口の寄付してくれた客に見せる約束とかなめていますね。 金に困ったら美術品を大口の寄付してくれた人に売って秋篠宮家のお小遣いにするのですかね。 そもそも正倉院って宮内庁が管理しているから宮内庁がMETに対して許可を出したってことになりますよね。眞子さんを雇うために税金と皇室特権を使いまくりで単なる犯罪ですからね。毎日ゲーム三昧の小室夫妻にそこまでする価値があると思っているところがおかしいし早く皇室から出て行って自由になりたいと言って出て行ったのに助ける必要ないですよね。 まぁでもここまでしてやっとキュレーターの助手のボランティアですからね。一応その後の正規職員も見据えてということなのでしょうがふざけていますね。まぁ大口の寄付をして眞子さんを雇用させるのは難しかったから国宝とかを特別に見せることでという約束なのでしょうね。 METに寄付する人は桁が違いますからね。...

非常識の極み…紀子さま 重大発表!!

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos 仙洞御所での午餐。 健やかに成長される悠仁さまのお姿は、皇室を愛する国民にとってこの上ない歓びだろう。将来天皇天皇として期待の高まる悠仁さま。紀子さまが「レオナルド・ダ・ヴィンチの再来!」「イケメンかつ天才」「帝王学が自然と身についている!」と絶賛するほど、両親からの寵愛を一身に受ける悠仁さま——。今回は、そんな悠仁さまの心温まるエピソードを紹介したい。 「あれは令和2年の10月の半ばことでした…」。 上皇職周辺の人物が、現状をつぶさに教えてくれた。 「あれは、“立皇嗣の礼”が11月に挙行されると発表された少し後です。秋篠宮家ご一家が仙洞御所に招かれ、午餐をなさる機会があったのです」。 内廷(天皇皇后両陛下)では即位礼に続き、訪英、愛子さま高校ご卒業・大学ご入学と慶事が続いている。その一方で小室圭問題を炎上させ続けるる秋篠宮家と、一向にご健康状態も芳しくなく、引越しの進まない上皇御夫妻には国民の懸念・心配が高まりを見せつつある。 思春期を迎える悠仁さま。 両親と次男一家の間ではどのような会話が交わされたのだろう。 「お話はいたって自然に朗らかなものでした。特に、数ヶ月見ないだけで背が伸びる成長期真っ盛りの悠仁さまのご様子に上皇ご夫妻もお顔を緩めていらっしゃいましたね。 ただ、成長は喜ばしい限りですが、悠仁さまは同時に思春期・反抗期を迎えつつあるのも事実。今回の午餐の場でもスマホを持ち込み、両殿下と上皇御夫妻がお話の間などは時折ゲームをしたり、Youtubeなどを見て退屈そうにされることもありました。 それを見た、まだ小室さんに嫁ぐ前でナーバスになっておられた眞子さんが『ちょっとヒサ!スマホはしまいなさい』とおっしゃるのですが、悠仁さまは分かった素振りをなさりながらも時間が経つとスマホいじりを繰り返す… 端的に申しまして『KKに洗脳されているお姉さまから注意されたくないよ』という雰囲気がありありと分かりました」。 業を煮やした眞子さまが、悠仁さまに「悠仁、スマホばかり見てるけど、何を見てるの?」と話を振ったらしい。すると、悠仁さまはスマホを片手に「両陛下のニュースだよ」とお答えになったという。中学生ですでに“エゴサ”を身に着けるのも驚きだが、さらにこう続けたという。 『両陛下はすごいなあ、延期になってしまったけどイギリスに国賓で行かれるんだ… お母さまもコロナが収束したら海外公務をするんでしょ? 今年もコロナがなければ私的訪問でオランダとスペインを訪問する予定だったものね。でも、皇嗣妃になったのに、なんで私的訪問なの?』。 と…。 悠仁さまの衝撃発言…。...

天皇陛下悲報!! 致命的ミス…奈落の底へ!?

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos 秋篠宮殿下、54歳の“立皇嗣の礼”。 眞子さんの「公」ではなく「私」を重んじる結婚強行をはじめとする秋篠宮家の蛮行により、これまでになく皇室は危機に瀕している。次世代の天皇とされる悠仁さまも「私」を重んじるばかり、「天皇になりたくない!」と言い出す可能背が出てきた。高騰の安定化は秋篠宮家を抜きに考える必要がある。 岸総理は、これまでも女性天皇・女系天皇・女性宮家には反対の意を度々表明している。ゆえに皇室典範改正の議論においては、安倍首相と同じく男系男子の路線を踏むものと思われる。愛子さまの即位への道はまだまだ険しい。 “立皇嗣の礼”と“立太子の礼”。 ところで秋篠宮殿下の“立皇嗣の礼”は、かつての“立太子の礼”に準ずる。皇太子とは皇位継承権一位であることが確定した地位のことを言い、皇位継承権一位のことを皇嗣という。「皇太子」という語の初出は『日本書紀』推古天皇即位元年の「厩戸豊聡耳皇子(聖徳太子)を立てて、皇太子とす。価りて録さに摂政らしむ。万機を以て悉に委ぬ」であるが、これが制度化されたのは令制(8世紀)が成立した後であるようだ(荒木敏夫『日本古代の皇太子』吉川弘文館、1985)。 現在は皇室典範によって皇位継承の順位が機械的に定められるため“立太子の礼”は儀礼的・形式的なものになっているが、かつては「後継ぎをあらかじめ内定させておくことで、跡目争い防ぐ」という重大な目的があった。 天皇が一夫多妻だった頃は、皇子として生まれただけで、自動的に皇位継承権をもつ「親王」の地位が与えらたわけではなかった。 天皇から“親王宣下”を受けることで親王になり、さらに“立太子の礼”が行われた。現在では一夫多妻は廃れ、非嫡出子は皇族として認められず、三世内の皇子は生まれながらに親王となるため、近代以降、親王宣下は行われなくなった。 なお、かつて立太子(立皇嗣)は成年式と密接な関係があり、上皇陛下は18歳になられた時この二つを同時に挙行したが、平均寿命が延びに伸びつつあるため今上陛下の“立太子の礼”は31歳、秋篠宮殿下の“立皇嗣の礼”は54歳(予定)と高齢化が進んでいる。 余談だが、仮に旧宮家男子を皇室に戻すことになった場合、現皇室とは血縁関係が遠いため「親王」を名乗ることはできない。皇室典範第六条に三世以下の男性嫡子は「王」になると定められているからだ。歴史的に見て「王」と「親王」とでは、その正統性は大きく違う。ゆえに、旧宮家男子が皇籍復帰するならば、新たに「親王宣下」をする必要があるのではないかと思う。こういった点からも旧宮家男子の皇籍復帰はハードルが高い。 立太子(立皇嗣)と自己修練。 ところで皇太子(皇嗣)になると、陛下に付き添い宮中祭祀により深く携わることになる。これも帝王学の一環だ。“立皇嗣宣明の儀”の後に行われる“壺切御剣の親授”を済ませると、秋篠宮殿下と紀子さまは、宮中三殿の殿上に昇り(昇殿)、神事に携わることになる。いわば天皇陛下の祭祀の継承者としてお近くに仕え、その奥義を習得していくのだ。 宮中祭祀は独特の威儀(所作)を伴うため、一朝一夜で習得できるものではない。お召しになる装束は7~8㎏と重く、長時間の正座をともなう場合も多いため肉体的負担も大きい。 祭祀が近くなると上皇陛下はテレビをみながら正座をして鍛錬していたことは夙に知られる。 今上陛下は登山やジョギングを趣味とされて、日頃から肉体鍛錬を怠らない。私は一度だけ今上陛下の登山に同行したことがあるが、我らお付きの職員はすぐに息を切らしたにもかかわらず、陛下は涼しい顔で笑顔を湛えながら黙々と登られていたことが鮮やかに記憶に残っている。山小屋で休憩した時には、陛下から「どうぞ。周りの皆さんにも配ってあげてください」とお菓子と果物を頂き、同行してきた新聞記者らにも配った。 また今上陛下の「登山」という趣味は、肉体鍛錬のみならず日本文化への深い洞察までも込められている。この時の登山について陛下は次のように回顧されていた。 私は幼少の頃から、「道」というものに大変興味があった。その発端は、小学生の時に私の住む赤坂御苑(赤坂御用地)内に鎌倉時代の古道が通っていることを知ったためである。 人々が信仰心に触発されて入山し、修験者が抖擻行脚した足跡を辿り、その歴史の温もりを感じる絶好の場所であろう。私にとって信仰の山への登山は、過去を偲びながら歩む生きた歴史探索なのである。...

紀子さま 悲報!! 学習院から発表…奈落の底へ!!!

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos 秋篠宮家のスキャンダルが今も絶えません。眞子さんの結婚はその序の口、悠仁さまのコピペ裏口入学、小室圭さんのNY司法試験不正合格、秋篠宮邸宅40億円の無駄遣いと、秋篠宮家は不正のオンパレードです。 その中でも昨今話題に上がるのは、天皇家の愛子さまを出し抜いて、悠仁さまの伊勢神宮参拝を強行してしまったことです。 伝統に触れてほしい"という殿下の願いとは別に、宮邸では、次代の天皇家の子どもたちを立派に育て上ねばという、キコ妃殿下の前のめりなお気持ちもうかがえます。 とりわけ将来のお世継ぎである悠仁さまについては、お育てになる重圧とともに、"小室問題"で逆風にさらされてきたご一家のイメージを改善されたいとのお気持ちが、妃殿下には強くおありです。 ところが、悠仁さまのご成長を国民にアピールなさりたいあまり、時折"フライング"が露呈してしまうのです」(秋篠宮家の事情を知る関係者、「週刊新潮」2022年12月15日号掲載)このような不敬行為の連続に国民の不満も頂点に達しています。 秋篠宮家をの追放を願う声がネット上で渦巻いています。しかし秋篠宮家を追放するにはどうすればよいのでしょうか? 今回は皇籍離脱の条件に付いて、そして秋篠宮家の追放が可能かどうかについて法的な側面から検討していきたいと思います。皇籍離脱について昭和122年に制定された現在の皇室典範は、「皇族は何代経ても皇族である」という永世皇族制を採用しています。 つまり、制度的には際限なく増えていく可能性がある制度ですので、「皇族の数が増えすぎると国庫に負担がかかる」という状況も可能性としてはなくはありません。高齢化の著しい現在の皇室から見れば嬉しい悲鳴のような仮定ですが、「皇族の数が増えすぎた」という状況に対処するために「皇族身分の離脱」について定めた以下の条文があります。 皇室典範第二章第十一条:年齢一年以上の内親王、王及び女王は、その意思に基き、皇室会議の談により、皇族の身分を離れる二項:親王(皇太子及び皇太を除く。)、内親王、王及び女王は、前項の場合の外、やむを得ない特別の事由があるときは、皇室会議の議により、皇族の身分を離れる。一見して分かる通り、15歳以上の内親王、王及び女王は、自由意志で皇族を離れることができるということで、本人の意思を尊重する条文です。 が、二項に注目すると、親王に限っては「やむを得ない特別の事由」がなければ離れられないという形になっています。 親王は天皇の内孫にあたりますので、何かの拍子に皇位を継承する立場にあることから、十一条の二項は「皇統の維持」という観点からすれば当然ともいえるものです。 かつて、昭和57年(1982年)に三笠宮家の寛仁親王が「皇籍離脱をしたいから、皇室会議を開いてほしい」と仰ったことがありましたが、その時は皇籍離脱の前例を作ることを恐れた宮内庁は寛仁親王の「皇籍離脱をしたい」という気持ちを「やむを得ない特別の事由」に該当しないと判断し、天皇に近い血統の親王はある程度の制約があってもしかたないとしました。 〔三笠宮寛仁親王が皇籍離脱の申し出をされというのは事実かとの質問に対し···]「やはり世襲制度としての象徴天皇制というものを憲法の制度として維持していくためには、ある程度の非常に天皇に近い身位の方々というのはそういった制約を受けてもやむを得ない、象徴天皇制を維持する上において必要な制約であるというよう観点から、 かかる典範の制度になっておるというように:私どもは存じておるわけでございます。」やむを得ない特別の事由とは?このように、同条の皇籍離脱の条件「やむを得ない特別の事由」とは、皇位継承者の数が十分にあって、皇族の人数が国庫を迫するような事態を想定としているものですが、もう一つ、「やむを得ない特別の事由」に該当する事態があります。 それは、"皇族の懲戒"です。政府は「やむを得ない特別の事由」の具体的な事例として、前述した「皇族が非常にふえる」場合のほか、「皇室としての品位を非常に傷つける」場合を例として挙げているのです。 「やむを得ない特別の事由があるとき」という、その「特別の事由」ということは、皇室としての品位を非常に傷つけるとか、 あるいは皇族としてその地位を保持することが不適当な事情があるというような場合を言うのであろうと思います。なお、そのうちには、皇族が非常にふえる、非常にたくさんになったというような場合には、ある程度皇籍を離脱していただくということが考えられる場合があるうと思います。そういうようなことをいろいろ予想してできている法律だろうと思います。 〔二項の「やむを得ない特別の事由」とはどういう場合かとの質問に対し···]典範案を御審議いただきました際の説明あるいはその後の国会における御質問に対する宮内庁としての答弁等でこの関係で挙げられましたのは、一つには、皇族としての品位を傷つけるとかあるいはその地位を保持することが不適当なような事情があったような場合、これは一つの事情として、典型的なものとして例として挙げられることでございます。...