Tháng: Tháng Hai 2023

「サボり癖」!! 秋篠宮家は既に政治介入している!?

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos 検査を受けられました。宮内庁の広報部によると、天皇陛下は年2回受けられている検診で、前立腺がんなどの可能性を調べる腫瘍マー·ーに「やや懸念される傾向」が見られていました。キコさま「天皇のカルテを見せて」東大病院に突撃秋篠宮家の皇位継承へ。検査結果は後日公表される見通しです。 なお、陛下は自覚症状はなく、10月には即位後、初めて沖縄県を訪問し、11月も文化勲章の親授式やドイツ大統領夫妻の面会など、連日公務に臨み、普段通り過ごされています。「前立腺がんは予後もよくいないならば完治する可能性が国あです。 皇族方は毎年複数回の健康診断を受けておられますので、美智子さまの乳がんがステージ1で発見されたように、今回の天皇陛下の健康懸念もかなり早期で発見されたものである可能性が高いです」(医療従事者)ところで今回、天皇陛下は東京大学医学部付属病院で検査を受けら宮内庁病院は用いませんでした。 なぜでしょうか。『皇族方の健康情報は最高機密であり、一部の関係者しか知り得ません。 ですが宮内庁病院では最近情報流出が続いており、それを警戒して外部の病院を用いたのだと思います」(皇室ジャーナリスト)最近の情報流出と言えは、秋篠宮殿下の健康状態流出が記憶に新しいです。「御代替わりという節目を迎えられたものの、折からの『小室問題』もあって、殿下はこ心労を重ねられている。 最近はすっかりおやつれになったと拝察いたします昨秋のお誕生日会見と前後して、秋篠宮さまが宮内庁病院で睡眠導入剤を処方され、ご体調回復に努められていることは本誌(『週刊新潮」)でもお伝えした。 その後、複数のメディアが「抗不安薬を服用」などと報じたのだが、先の関係者はこう明かす。 「実際には、睡眠導入剤ととも『SSRI』という種類の処方薬を飲まれているというのです」「はっきりした理由は分かりませんが、一つの可能性として考えられるのは殿下の過剰なアルコールの摂取が関係しているのではないかということです。 皇族の中でアルコール依存症といえば、寬仁親王が有名ですが、実は最近では秋篠宮殿下も飲酒量の多さがしばしば指摘されており、アルコール依存症とまではいかなくとも秋篠宮家に仕えている職員の中には殿下の過度の飲酒を心配する者も少なくないようです」(宮内庁関係者)思えば『女性セブン』019年5月9:16日号では、 秋篠宮家に近い関係者が「夜になるとお酒に手が伸びることが多く、『抗不安薬』に頼ることも多くなっていると聞きます」と証言し『週刊新潮』2019年4月4日や2019年5月16日号でも関係者が「秋篠宮殿下が深酒を繰り返すようになり、体調を整えるため睡眠導入剤が処方された」と報した。 また、「国民に余計な心配をさせてはならない」という思いからか秋篠宮殿下がこうした手の震えを見せられたことに対して、キコさまは声を大に進言なされたという。また、立皇嗣の礼"のリハーサルでも手足の震えで何度もリハーサルが中断されました。「リハーサルの途中で、極度の緊張のためか秋篠宮殿下は手の震えが止まらなくなり、儀式の所作を既定の通りに行うことが出来なくなってしまったため、途中で中断となってしまったようです。 最初に秋篠宮殿下が手の震えを見せられた際には、その場にいた関係者らは寒さのめだと思い空調を調節し温度を上げたのですがそれでも殿下の震えは止まらなかったようです。最初にその異変に気付かれたのはキコさまでした。 殿下に対し、思いやりに満ちた優しい調子でどこか体調が悪しのですか? と仰られたのですが、殿下が"もうこれ以上は続けられない"と返答されたために、もう今日はここまでにしましょう"と仰られ、リハーサルを途中中断されてしまいました」(宮内庁関係者)そして健康不安が最高瀬に達したのは2020年9月11日に公表されたこ夫妻の様子です。秋篠宮様は手の震えが押さえられない様子であるのがよく解ります。 皇室典範によれば「精神若しくは身体の不治の重患」がある場合には、皇位継承から外されるという条目があります。秋篠宮殿下もそれに該当する可能性があります。キコさまとしては「どうしても隠しておきたい』事実の一つです。 キコさまが天皇陛下の力ルテを要求このように秋篠宮殿下の健康状態悪化は、すでに国民に周知の事実ですが、処方されている薬の名前が宮内庁病院から流出してしまっているのは驚きですよね。 平成時代に宮内庁職員の土気は非常に下がり、もはや「菊のカーテン」はないというのが現状のようです。「宮内庁病院からの情報流出を恐れて東大病院したというのが真相ですがより具体的には、キコさまが宮内庁病院に連日のように電話を寄こし『天皇陛下のご容態はどうでしょうか? 「最後までご視聴ありがとうございましたー!」...

悠仁さまが隠していた資料が流出! 出てくるはずのない悠仁さまの成績が…

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos こんにちは。 今回は、 悠仁さまが筑附で深海魚化されてしまった原因は、紀子さまのとある発言にあったということが明らかになり、 話題になっています。 一体どういうことなのでしょうか。 その内容をお伝えしていきます。 あわせて、宮内庁は小室夫妻の里帰りの可能性を検討していることについても一緒に紹介していきます。 ぜひ、 コメント欄にあなたの感想を記載して下さい。 小室夫妻が結婚し、 一年が経過しました。 先日、 小室圭さんは念願のニューヨーク州司法試験に合格し、 夫婦の生活が安定する兆しが見えてきた中、年末に小室夫妻が一時帰国する可能性が浮上。 宮内庁は帰国する場合のシミュレーションを行っているようです。 ある担当記者は、 「宮内庁としては里帰りの可能性についてシミュレーートしています。 と話します。また、...

美智子様が大激怒 !! 秋篠宮さまがまさかの発表…

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos こんにちは。今回は、秋篠宮さまが愛子さまを天皇として即位させたいと思っておられるワケが話題になっています。一体どういうことなのでしょうか。その内容をお伝えしていきます。あわせて、佳子さまの結婚に立ちはだかる障害についても一緒に紹介していきます。 ぜひ、コメント欄にあなたの感想を記載して下さい。先日、28歳のお誕生日を迎えられた秋篠宮家の次女·佳子さま。佳子さまについて、やはり注目を集めているのは、誰と結婚されるのかということでしょう。都内の歯科医師と交際しているとの報道があったことは、ますます佳子さまへの注目を高めましたね。 その報道について、ある皇室担当記者は、「今年8月、都内のイケメン歯科医師との交際報道がありました。件の歯科医は、最初は取材に対し「何も答えられない』という反応だったんですが、報道の後から交際を完全否定し始め、真偽はうやむやに。あくまで推測ですが、宮内庁から否定するように指示があったのではないかと思います」と話しています。 これまでも、佳子さまの交際報道は何度か報じられてきましたが、婚約内定発表には至っていません。なかなか、お相手が決まらないという理由もありそうですが、静岡福祉大学名誉教授の小田部雄次氏は、「長女·眞子さんの夫、小室圭さんの件で。皇室全体のイメージが落ちてしまいました。お相手がまた小室さんのような方だったら、国民の批判は免れません。 それに今は眞子さんの発表時とは異なり、秋篠宮さまは皇嗣で次の天皇というお立場ですから、特にお相手選びに慎重且つ敏感になっています。女性宮家の問題についても議論の最中ですし、佳子さまの結婚は眞子さんの時よりもハードルが高いでしょうね」と指摘しています。 佳子さまの結婚に関しては、ネット上でもさまざまな声があがっています。 ネットニュースのコメント欄では、「結婚するのは自由ですが、やはり姉のように自分の都合だけを優先してもうまく行かないということだと思う。」「悠仁様は分かり兼ねますが、少なくとも眞子さんと佳子さまに於かれましては私を優先される方々ですよね? 姉は元より妹君も姉を応援し姉の気持ちが叶う事を願っているとおっしゃられておりました。亅『素直そうに成長され、もし結婚されるなら、お幸せになって欲しい。」といった書き込みが見られました。 佳子さまの婚約内定発表も、近いうちに行われるかもしれませんね。 一方で、コメント欄では次のような書き込みも見られました。「佳子さまもお好きになされたらいいんですよ。 愛子様が天皇にならない限り、皇室に期待するもの何ーつないです。』現在の皇室制度では、秋篠宮家に皇統が移ることは確定しているわけてすが、それでも愛子さまに天皇として即位してもらいたいという国民の声が、ますます高まっている背景には、悠仁さまへの帝王学が行われていない、という現実があります。 今年行われた秋篠宮さまの誕生日会見では、記者から「悠仁さまの高校生活や皇位継承者としての教育方針」について質問が寄せられていました。そうした質問がされるということは、多くの国民が悠仁さまに対して、どのような帝王学が行われているのか、関心があるということでしょう。 しかし、その記者の質問に対して秋篠宮さまは、「授業や部活ですね。 忙しくも充実した日々を送っているように見受けられます。」と答えられ、続けて、「日本は本当に各地にさまざまな文化があります。そういうものを若いうちに実際にその場所を訪ねて、そこでそういうものにじかに触れるということは、将来的にも非常に大事なことなのではないかなと思っております。 書籍などを通じて、さまざまなことを、中でも日本の歴史などについては知っておいてほしい」と話されました。 「秋篠宮さまが皇位継承を放棄されるのであれば、愛子さまに天皇として即位してもらいたい」と感じた方は応援して下さい。の古だしに参羽しおりの興味があるものがありましたら是非、御覧ください。

愛子さまがハッキリと断言!! 愛子さまを舐めるな !

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos こんにちは。本日も皇室の話題を取り上げて参ります。12月1日に21歳のお誕生日を迎えられた愛子さま。国民からも、祝福の声が多く聞かれています。そんな中、愛子さまのお誕生日の日に美智子さまが『厄介なトラブル』を起こしたという記事がありました。今回は『美智子さま、激怒。 愛子さまに3時間の説教か!?」について、ご紹介していきます。 天皇皇后両陛下の長女である愛子さまは、12月1日に21歳を迎えられました。愛子さまのお誕生日に合わせて皇居内では厩舎で馬と触れ合う愛子さまの映像を公開。国民からは「愛子さま本当におめでとうございます。成人皇族としてのご活躍を楽しみにしています。」といった祝福する声が多く聞かれています。 そんな中、上皇美智子さまが愛子さまのお誕生日に『厄介なトラブル』を起こしたとのこと。というのも、愛子さまがお誕生日に上皇ご夫妻の元へ尋ねられた際美智子さまは愛子さまにお説教をされたとか。宮内庁関係者からは「美智子さまは怒りの感情に任せて、愛子さまを3時間もお説教されました。 「このお説教のせいで、愛子さまのご予定は夫幅に狂ってしまいお誕生日の祝賀パーテイーを含む、いくつかの予定がキャンセルになったようです。といった話が聞かれています。自分の誕生日に祖母からの説教···想像しただけでも、気分が沈んでしまいます。 そして、説教の理由も『愛子さまのお誕生日前日に雅子さまが秋篠宮殿下との面会を拒否されたから。』だったそうです。 美智子さまは「アナタの母親は何を考えているのですか?!」と愛子さまに言っていたとか...。雅子さまが面会を拒否された理由は『体調を整えるため』だったそうでおそらく愛子さまのお誕生日は、万全の体調で迎えたいと思われたのではないでしょうか。宮内庁関係者からも「怒り心頭といった美智子さまをなんとか宥めようとして愛子さまは必死に謝罪をされていたようですが、美智子さまの怒りは収まりませんでした。といった話が聞かれています。 実は過去にも、愛子さまの前で『雅子さまの悪口ともいえるような発言』を、美智子さまはされていたようです。平成の時代に、宮内庁長官は天皇陛下に「愛子さまが両陛下(上皇ご夫妻)と会う機会をもっと作ってほしい。」と苦言を呈したことがありました。しかし、自分の母親を悪く言う祖母に会いたいと思う孫はいるのでしょうか。天皇陛下もそれが分っていたからこそ愛子さまを上皇ご夫妻の前に連れて行かなかったのだと思います。 いかがだったでしょうか。自分の誕生に、祖母から3時間の説教···。しかもそれが理由でお誕生日パーティーが中止になるのは、残念極まりない事です。『美智子さまに説教する資格はない』と思いますよね。では、続いての記事に移ります。今回の記事では、「秋篠宮さま、記者会見に込められたメッセージ」についてご紹介していきます。秋篠宮さまは、57歳の誕生日を前に11月25日に記者会見が行われました。 学童学者の高森氏は、記者会見時の秋篠宮さまの様子について「悠仁さまの皇位継承にためらいがあるように感じる。』と話していました。政府としては、天皇陛下から秋篠宮さま。秋篠宮さまから悠仁さまへと、皇位の継承順位を変更しない方針を固めています。しかし会見時、記者から『皇位継承者としての教育方針』について問われた際秋篠宮さまは、悠仁さまの高校生活についてお答えになられていました。 その後も「その次のごとにつきましては···」という言及の仕方をされ、あえて真正面からの表現を避けられたように感じられました。天皇陛下と秋篠宮さまの年齢差は、わずか5歳。不測の事態でも起こらない限り秋篠宮殿下のご即位は、現実的ではありません。皇位継承は、男系男子のみに与えられており秋篠宮さまのほかには、悠仁さま、常陸宮さまがいらっしゃいます。しかし、常陸宮さまは現在87歳。 次世代の男系男子は悠仁さまのみとなります。それならば「次期天皇陛下』としての教育が悠仁さまには行われているはずです。 それなのになぜ『皇位継承者しての教育方針』について真正面からの表現をあえて避けられたのか。 高森氏は「秋篠宮さまご自身が実際に即位される可能性が低いだけではなく天皇陛下に女子であってもお子様がいらっしゃいます。」「その上、今後『皇室典範の改正』という重大な課題が上がっている以上悠仁さまの皇位継承を『既定の事実』のように語ることは控えたいのではないでしょうか。」と話していました。悠仁さまの皇位継承を『既定の事実』のように語ることは控えたいのではないでしょうか。」と話していました。 以前からネット上では「過去に女性天皇がいた事実もあるのだから愛子さまが次期天皇になるべき」「悠仁さまが天皇になるのならば、早くから帝王学を学ぶように親元ではなく天皇家の近くに行く必要があった。」といった声が多く聞かれています。今の制度のままでは、皇室はやがて悠仁さまおー人になります。 皇室存続のためには、悠仁さまがご結婚しご結婚相手には必ず『-人以上の男子』を生む必要があります。 それはかなりの重圧であり悠仁さまのご結婚のかードルは、絶望的に高くならざるをえません。そういうた点も踏まえて、秋篠宮さまは悠仁さまの皇位継承にためらいを感じられているのではないしょうか。皇室存続のためにも、早急に法律の改訂が必要だと思います。では、続いての記事に移ります。今回の記事では、「愛子さま、連日父娘でお忍び外出」についてご紹介していきます。11月以降、愛子さまのお出かけが増えており天皇陛下とは連日『お忍び』での外出をされています。 皇室担当記者によると12月3日に、東京都豊島区にある学習院大学内の資料館をご訪問。資料館では、16年に100歳で薨去された三笠宮崇仁さまの生涯を振り返る展示をご覧になられました。さらに翌4日には、世田谷区の五島美術館で歌人·西行にまつわる国宝や重要文化財に指定された書を天皇陛下、愛子さまのお二人で鑑賞されました。...

非常識の極み…眞子さま離婚緊急! 秋篠宮家パニック!

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos 『離婚します』秋篠宮さま発表。記事の一部を引用してお伝えします。『長い春を経て秋篠宮さまのオックスフォード大学留学からの一時帰国中、昭和天皇の喪中に婚約が発表されるという異例の事態となり、賛否両論を呼んだ。だが「人格否定発言」への苦言、悠仁さまのご誕生、天皇の『定年制』への問題提起などを通して、秋篠宮家は皇室の中で存在感を増してきた。 国民の関心事はやはりそこにあるようです。親子の関係というのはほんとうに難しいものです。 成人した子どもが親と対立して、勝手に独立してしまう、なんて、よくある話です。しかし秋篠宮家となると、すべてが国民の前に晒されてしまいます。特に小室圭さんの動向に関しては、私たちの想像を超えた報道が相次ぎ、当事者でいらっしゃる秋篠宮さまやキコさまがどれほど困っていらっしゃるか。 そんな中「消息筋」の情報として、こんな記事がありました。小室佳代さんから、宮内庁に電話で提案があったというのです。すでに結婚のご裁可が得られている以上、もし破談になれば皇室の権威に関わる重大問題に発-します。よって圭と眞子さんは結婚しなけばなりません。ですが誤解が生じ国民感情がヒステリー状態になってしまった現実も重く受け止めています。 我々親子としても悲しく思っています。 そこで、離婚を前提に生と眞子さんを結婚させ、一時金を頂いたのちに離婚という運びにできないでしょうか?こうすれば皇室の威光が保たれると思います。こんなことになっちゃって、お互い困ってるよね。だから1回入籍しちゃわない?一時金を分与してもらえれば全然オッケー"もちろんキコさまは激怒!一般家庭だって花嫁の母として唖然としてしまう提案です。 小室母子も追いつめられているでしょうから、今後何を言い出すか分かりません。最近『秋篠宮さま、眞子さま」の検索ワードに『離婚』なる不穏な語が出て来るのはことがあったからなのでしょうか。呆れたお話です。 1。秋篠宮ご夫妻のご関係に異変が?秋篠宮殿下は、ご自身で「導火線が短い、すなわち短気だとおっしゃったことがあります。 令和代替わり以来、これまでに増して、秋篠宮家が殺伐とした雰囲気だったと言われています。のちに皇太子となられるはずの悠仁さまを巡り、いさかいが増えたそうなのです。キコさまは、もちろん悠仁さまに大きな期待を寄せていらっしゃいます。家族が一丸となって、悠仁さまをお支えせねば、と強くお考えです。一方、秋篠宮さまは、これまで自由な宮家として貫いてきた方針をお変えになりたくない。 当然、お二人が衝突せざるをえなくなります。 ご夫妻ともに、ご自身ではなく相手がモラハラをしている、と感じていらっやるというのです。秋篠宮さまは「帝王学を受けていない」ということに大変なコンプレックスを抱えていらっしゃるようです。さらに秋篠宮ご夫妻の仲に「すきま風」が吹き、喧嘩が絶えないという報道も増えてきている。お二人が写った映像や写真にのなかに「夫婦円満」を感じ取りがたい事実が、この疑惑に一層の拍ーをかけている。 2。殿下「もう限界」お酒も一人でお召したこの閉塞感に、殿下の顔色が優れない。 「殿下は元々。仲の良い人と賑やかにお酒の席を楽しまれるのが好きでした。ですがここのところは自室でお一人静かにお召し上がりになることが増えました。ご体調も優れない日がす」(秋篠宮家関係者)また、キコさまや佳子さまは秋篠宮家がここまで苦境に陥っているのは、殿下が家長として「機能。していないことに原因があると捉えているようだ。 『先日、殿下はキコさまから『今度こそ、会見で"娘のプライベートにこれ上色々と言わないで欲しい"と言うべきじゃないかと求められました。キコさまは、殿下が他の問題には明確にご自身のお考えを表明されるのに、この件について日和見なため向かい風がおさまらないのだ。との考に至ったようです。ですが殿下は「何が言いたいなら自分で言えば?」と返されるのみでした。 このような殿下の態度にキコさまは癇癪を起され、先の『長女の気持ちを尊重したい』という誕生日文書に繋がったのです。 キコさまとしては発破をかけたつもりだったのでしょうが、殿下はそれにお答えにならず、この遺は自室に籠られお酒を塗りお酒を飲まれています。酩酊の殿下にキコさまが一言仰り、これに殿下がプッツンされることが非常に多い。 この険悪な雰囲気では、次の誕生日会見どころか立皇嗣の礼"で感極まった秋篠宮殿下が『離婚します!!などのご発言が飛び出すのではないかと、ヒヤヒヤしております」(同前·秋篠宮家関係者)確かに秋篠宮家にたいするバッシングの勢いは強まる一方だ。 夫婦仲の隙間風を伝える報道が相いでおり、この秋篠宮関係者が漏らした懸念も理解できなくもない必要以上に離れてお步きになるご夫妻に関して、関係者からは以前から『前日に殿下が大酒を召されるなどを発端にしてケンカなどがあると、公務中でも構わずにヒリピリした雰囲気を醸すのでやめていただきたい』という嘆きが挙がっていたほどです。...

ついに美智子が動く! 元侍従長が衝撃の告白!!

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos 皆さんおはようございます。日本の皇室の真実です。昨年の眞子さんの結婚問題や悠仁さまの特権入学など、相変わらず秋篠宮家には疑惑の目が向けられている状況です。そんな秋篠宮家にとって唯一の味方ともいえる存在が、上皇后の美智子さまです。 しかし、そんな美智子さまにも『ある疑惑」が浮上しているようです。 当時の元侍従長が明かした内容が物議を醸しているのですが…。いったいなにがあったのでしょうか。今回はそちらについて書かれた記事を見つけましたので、紹介と詳しい解説をしていきます。まず1つ目は、愛子さまの成年会見で明かされた覚悟について紹介をしていきます。ここからは引用を含みます。 さて、成年の記者会見に臨まれた愛子さま。緊張の面持ちで始まった会見では、記者からの質問に一切メモを見ることなくお答えになっており、ネット上では愛子さまを絶賛する声が溢れている状況です。会見では、自身の結婚のほかに、昨年10月に小室圭さんとの結婚が実現した眞子さんについても、お答えになる場面がありました。愛子さまは、このように述べられています。 『眞子さんは私の10歳年上でございますので、物心付いたときにはすでに頼りになるお姉様のような存在で、周りを見渡し自ら率先してお手伝いをされる姿が特に印象に残っております。 幼い頃から、いつも変わらず明るく、優しく接していただいたことを有り難く思うとともに、従姉妹として。ま啄いお幸せをお祈りしております』このように。幼いころから同じ敷地内で暮らし、一緒に遊んだ思い出などを語られた愛子さま。 眞子さんが結婚の際に儀式を行わなかったことについての言及は避けられましたが、そもそもこの同じ敷地内で暮らし、一緒に遊んだ思い出などを語られた愛子さま。眞子さんが結婚の際に儀式を行わなかったことについての言及は避けられましたが、そもそもこのしまいました。本来であれば振ってほしくない話題だったのかもしれません。 にもかかわらず、ご自身の想いをしっかりと述べられた愛子さまの姿に。 ネット上では『愛子さまの聡明さと温かさに感動して涙が出ました。国民に安らぎと感動と癒しを与えてくださり心から感謝しています』、『やはり愛子さまは違うわ。普通だったら眞子さんに関する質問が出たら、表情が曇るもんだけど。一切動じていなかったね』といった意見が上がっています。さらに、皇室の一員としての在り方については、次のように覚悟を持ってお答えになっています。 『私は幼い頃から、天皇皇后両陛下や上皇上皇后両陛下を治め、皇室の皆様が、国民に寄り添われる姿や、真摯に御公務に取り組まれるお姿を拝見しながら育ちました。そのような中で、上皇陛下が折に触れておっしゃっていて、天皇陛下にも受け継がれている。 皇室は国民の幸福を常に願い、国民と苦楽を共にしながら務めを果たす。ということが基本であり、最も大切にすべき精神であると。私は認識しております』このように、天皇皇后両陛下から『国民と苦楽を共にする』という思いを引き継がれた愛子さま。この素晴らしい人格に、とうしても多くの期待が寄せられてしまうかもしれません。 以上が1つ目の記事の内容です。皆さんはどのように感じましたか。まさに威風堂々とした、素晴らしい会見でしたね。国民と苦楽を共にするというお言葉は、両陛下のアドバイスの賜物だと思います。今後も象徴天皇制を継続していくには、男女なんて関係なく本気で国民と共に生きていく姿勢を持たれた方がふさわしいと思いますよね。 昨今の秋篠宮家のように、勘違いした自由を振りかざしてこれまでの伝統や、国民の望む皇室の在り方にそぐわない方々には即位してはしくないと思います。やはり、常に国民に寄り、添われる愛子さまが天皇にふさわしいと、声を大にして言いたいところですね。 では2つ目の記事に移ります。さて、昭和天皇の侍従長を務めた入江相政氏が残した。日記、通称『入江日記』は、昭和から平成にかけての皇室裏事情を知るうえでの格好の資料と言われています。そのなかには、美智子さまに関する話題も豊富に取り上げられていることでも有名です。中でも、美智子さまの恨みに関連した次の一説は、聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。 昭和38年10月22日。 次長から東宮妃(美智子さま)が、予の書くものについて恨んでいらっしゃるから、当分内廷のことについては書かない方が無難と長官が去った由。あきれたことである』『昭和38年10月23日。 東宮妃の云われたことくりかえし考えるが、誠に不愉快である。それに、仮にそう云われたとしても、その事が当の予の耳に届くというようなこと、昔の側近にはあり得ないことである』『昭和38年10月24日。また東宮妃のこことが不愉快に思い出される』このように、当時の東宮妃であった美智子さまが、入江侍従を「恨んでいた」ことが証拠とともに明らかとなっているのです。 では、といったい人江侍従は何を書いたのか。この日記がつけられた1963年10月までに。次の三冊が刊行されています。『侍従とパイプ』『城の中』『天皇さまの還暦...

天皇陛下 大激怒!! 紀子さまの暴挙を愛子さまが神対応!!

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos こんにちは。本日も皇室の話題を取り上げて参ります天皇陛下のジョギングに伴走されている様子からも、両陛下をいつもサポートするという愛子さまの精神が垣間見え、多くの国民の心を打ちましたが、今回は、キコさまの皇族らしからぬ言動に対しての愛子さまの対応が、素晴らしすぎるとして注目を集めています。 一体どういうことなのでしょうか。その内容をお伝えしていきます。国民から素晴らしいと称賛されている雅子様とは反対に、キコさまは皇室特権を乱用し、「公」よりも「私」を優先しておられます。こうした精神は、眞子さんや佳子さま、悠仁さまにも受け継がれており、秋篠宮家問題にはキリがありません。 特に、雅子さまのみならず、愛子さまをいじめていたことは、秋篠宮家がおこした重大な問題だといえます。愛子さまは、中学高校時代、同級生から不適当な板王に遭い、一時的に不登校になってしまわれたことがありました。 2010年3月5日、定例会見にて学習院初等科の男子児童が愛子さまを含め、他の児童に乱暴していることが原因であると、愛子さまの欠席が続いていることについて明らかになり、具体的な内容こそ明かされませんでしたが、愛子さまも乱暴なことの対象になっているのだと思う、と言及されました。 ここだけ見れば、不特定多数に対するいじめの対象の中に、愛子さまがおられた、というように理解することもできますが内部通報者の書き込みによれば、愛子さまをターゲットにしたキコさまの策動だったことがわかります。 内部通報者によれば、いじめを行っていた2人の生徒は、席に大人しく座っていることができないほどの問題児童とされており、問題行動は、授業中に教室で縄跳びの縄を振り回す、椅子を担ぎ上げてお神輿ごうこをする、物を投げる、廊下で騒ぐ、他の生徒達を階段から突き飛ばす、といったものだったそうです。 この二人の生徒のうち、1人はキコさまの父親である川島さんと懇意にしていた同僚の孫で、愛子さまが帰るために玄関にいた際には、愛子さまにわざと勢いよくぶつかったり愛子さまの足を蹴ったり、下駄箱に頭を突っ込もうとしたり、といったことまでしていたようです。 つまり、キコさまのご実家といじめの主犯である2人の児童は、親密な関係にあったということです。 現在愛子さまに天皇として即位してもらいたいという国民からの声は、ますます高まっており、そうした声は、愛子さまが中学高校時代にも少なからず存在していました。愛子さまが天皇として、将来即位する可能性が完全にゼロではない以上、キコさまは、なんとかして愛子さまへの国民からの敬愛をなくし、悠仁さまが天皇として即位できる未来を確実なものにしたかったのでしょう。 そうした辛い経験をしたにもかかわらず、愛子さまはいじめの主犯である同級生たちを憎むことなく、慈愛を持って接されているようです。学習院の関係者は、「実は当時、"いじめっ子"といわれた男子児童もバスケットボールクラブに所属しているんです。 でも、愛子さまは怖がる様子を見せられることは一切なく笑顔で接していらっしゃるようですね」と話しています。 みなさんは、悠仁さまと愛子さま、天皇としてふさわしいのはどちらだと思われますか?「愛子さまに天皇として即位してもらいたい」と思いますよね。では、続いての記事に移ります今回の記事では、素晴らしいと絶賛されている、雅子さまが先日公表されたお誕生日文書について紹介していきます。 12月9日、59歳のお誕生日を迎えられた雅子さま。お誕生日に際し、雅子さまの側近から「今の率直な思いをストレートにお書きになってはいかがですか?」という提案が上がり、雅子さまは、率直な思いを文章に記されたそうです。コロナ禍で困難に直面する人々に対して、雅子さまは、「コロナ禍や最近の物価高などにより、多くの人々が様々な困難を抱えながら生活していることに心が痛みます。 3年近くにもわたって制約のある生活を続けている子どもたちへの影響も案じられます。」と綴っておられました。こうした常に国民の女全や状況に気を配っておられるというのは、雅子さまらしさを感じるとともに、そのような配慮をしてくださっていることに、心が打たれますね。 雅子さまは、ご自身の人生について、「今回、50代最後の誕生日を迎えるに当たり振り返ってみますと、私が、当時の皇太子殿下との結婚により皇室に入りましたのが平成5年6月9日、ちょうど29歳半の時でした。本日の誕生日で、その時からちょうど29年半になります。いつの間にか人生のちょうど半分ほどを皇室で過ごしてきたことに、感慨を覚えております。 これまでの人生を思い返してみますと、29歳半までの前半にも、また、皇室に入りましてからの後半にも、これまでの人生を思い返してみますと、29歳半までの前半にも、また、皇室に入りましてからの後半にも、本当に様々なことがあり、たくさんの喜びの時とともに、ときには悲しみの時も経ながら歩んできたことを感じます。」こうした雅子さまの文書に対して、国民からはお誕生日を祝福する声と、今後の雅子さまの活躍を期待する声が寄せられていました。 では、続いての記事に移ります今回の記事では、雅子さまが先日公表されたお誕生日文書について紹介していきます。ぜひ、コメント欄にあなたの感想を記載して下さい。12月9日に公表された雅子さまのお誕生日を迎えてのご感想からは、雅子さまの心の内を感じ取ることができます。雅子さまが今回公表された文章の中には、世界の状況が良くなることを願う雅子さまの気持ちが記されていました。 文書の中で、雅子さまは「世界各地での自然災害」「世界各地での戦争」「平和な世界」というように日本だけにとどまることなく、·世界問題に目を向け、心痛めておられました。雅子さまは、かつて外交官として活躍しておられましたから、その当時から抱いていた"世界に少しでも貢献したい"という思いが、文章に表れたのかもしれませんね。...

まさに天皇陛下はて怖いです…天皇陛下 電撃発表!!

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos こんにちは。上皇さまが生前退位され、天皇陛下が即位して今月で3年目に入りました。 昨年の上皇さま87歳の祝賀行事は新型コロナウイルスの感染拡大で国民の生活が一層厳しくなっていることから、全てお控えになりました。宮内庁によりますと、上皇さまは新型コロナウイルスの日々の感染状況を注視し、関心を向けられているそうです。 上皇さまの体調については特に異常はなく、年齢からくる勘違いがあれば、美智子様と笑いながら日々を穏やかに過ごされでいるそうです。 その上皇さまが、美智子様にかけられたという言葉に称賛の声が上がっています。一体どういうことなのでしょうか。その内容と合わせて、これまでのお二人の歩みなども一緒に紹介していきます。ぜひ、コメント欄にあなたの感想を記載してください。 天皇皇后両陛下は今月12日、熊本県と鹿児島県の小学校などをオンラインを使って視察なさいました。子どもたちとも交流し、いろいろな質問をなさって微笑まれていました。「こどもの日」の前後に、子どもの施設を訪れるという上皇さまから引き継いだご公務で、天皇陛下は、ICTの活用が非常に有効であり、公務にもいろんな可能性が広がっているように感じたとおっしゃいました。 最初にオンラインでの公務を取り入れられたのは、コロナ禍における水防災についての国際会議でした。 宮内庁は当初、オンラインての公務は「両陛下のお気持ちが伝わりにくいのでは」と危惧していたようですが、運用を重ねるうちにオンラインの有用性について認めているようです。 天皇陛下と雅子さまは今年、九州の豪雨を受けた被災地と東日本大震災被災地の見舞いをオンラインで行われました。オンラインでの被災地訪問は、現地に足を運ぶ交流と比べ、限定的な交流になってしまう一方、交通の便が悪く、両陛下が訪れることが難しい場所の被災者らと交流できるというメリットもありました。 このように天皇陛下と雅子さまは上皇ご主妻から天皇·皇后の責務を受け継いで2年、両陛下は令和の天皇·皇后として立派につとめを果たしておられるようです。それを見守っておられるという上皇ご夫妻。 上皇さまと美智子様はどうやって出会われたのでしょうか。 戦後になって、皇太子のお妃を皇族や華族から選ばなければならないという皇室典範は廃止されましたがそれならどうなるかというと、宮内庁などの関係者がしかるべき女性を選出するということになりました。そのお妃選びですが、ある時期、その候補者の数が800人にものぼったりと、大変難航しなかなか適任者が見つかりませんでした。 やはり皇室に嫁くとなると、当時は旧皇族·旧華族の適齢期の女性が有力とされていました。候補の中には元皇族で北白川宮永久王と永久王妃祥子さまの長女である島津肇子さんも挙げられました。そして昭和32年のある日、上皇さまはテニスで負けてしまいました。上皇さまは、後になって、このとき勝った相手チームの1人が日清製粉の社長令嬢、美智子様であることをお知りになりました。 美智子様は聖心女子大から宮内庁へ、お妃相手として推薦をされていたのですが、いわゆる旧華族や皇族ではないため最終的にはリストから外されていたのでした。宮内庁が相手選びに頭を痛めている中、上皇さまと美智子様はテニスを通じて交際をゆるやかに深められていました。翌年になって、一向に決まらないお妃選びでは、選考の範囲を民間の子女まで広げることにしました。 その際、上皇さま自身が、美智子様を候補者に加えることを希望なさったといいます。正田家は、家柄が違うといって頑なに辞退しましたが、なかなか首を縦に振らない正田家になんと上皇さまが自ら直接、美智子様と電話で話し、必死に説得されたそうです。 そんな熱心な上皇さまの思いが通じ、正田家は昭和33年11月13日受諾の返事をしました。 皇室典範の改正のために、皇族や旧華族ではない民間人が初めて皇太子妃になるということで、国民は大盛り上がり。週刊誌には「世紀のご成婚」などの見出しが躍り、美智子様が着用した服装などは「ミッチーブーム」として大流行しました。 お二人は、天皇陛下に即位後、全国を2巡するほどの公務に励んでこられました。平成の日本は、阪神大震災、東日本大震災など、数多くの自然災害に見舞われましたが、お二人で被災地を訪ね、被災者の方々にましの言葉をおかけになっていらっしゃいました。 震災発生直後から「早く見舞いたい」というお気持ちを抱かれると同時に「救援や復旧活動に務めている関係者の支障になることは避けたい」と、現場で活動する人々の立場もよくお考えになりました。...

謎の眞子さん上げの記事? 国民の怒り爆発。 不敬な資料が流出!!

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos こんにちは。本日も皇室の話題を取り上げて参ります。7月末に3度目となる司法試験にチャレンジした小室圭さん。結果次第では帰国も十分あり得ることから小室さんがパラリーガルとして勤務していた多くの法律事務所が小室さんを受け入れるために動き始めているようです。 小室さん自身は、今回の司法試験に不合格となってしまい、サンドラ事務所を解雇された場合は、多くの法律事務所に帰ればいいという気楽な考えを持っているようで、小室さんからは絶対に合格したいというような熱意を感じることはありませんしかし、それで困るのは小室さんではなく眞子さんです眞子さんは日本国民と決別するかのように一方的な会見を行い、 ニューヨークでの海外生活を始めてしまいました眞子さんは断固として帰国の意志を見せないはずですそれにもかかわらず、小室さんが眞子さんの意思に反して帰国するとの決定をすれば、小室さんと眞子さんの関係はさらに悪化することでしょうこうした状況の中、 眞子さんが産婦人科で見かけられているという情報が報告されているようです現地のジャーナリストはカメロン夫妻に関しては、 すでに複数のメディアが妊活を行っていると報じていますから、眞子さんを産婦人科で見かけたという目撃情報があることはそれほど不自然なことではありませんですが、気になるのはデイリー新潮が報じた秋篠宮ご夫妻と小室夫妻との間で交わされた約束ですね同メディアが報じるとごろによると小室夫妻は秋篠宮ご夫妻との間で、 小室圭さんがニューヨーク州司法試験に合格するまでは子どもを作らないという約束を交わしているとされていますそうなると、もしかすると、眞子さんがニューヨークの産婦人科に通われていたのは妊活に成功し妊娠し、出産の準備を進めるためではなく秋篠宮ご夫妻との約束を守るために子供を堕胎しようとしているのかもしれないですね、 現時点で宮内庁などからは何も報告はなされていませんから様子を見守りほかありませんが、秋篠宮ご夫妻との約束を守るために初の妊娠で子供を脱退したとなれば、もともと複雑性PTSDという障害を患われている眞子さんにとって、さらに大きな精神的負荷がかかることは間違いないでしょうと話します。 眞子さんの複雑性PTSDは快方へ向かっていると思われていましたが再び悪化してしまうかもしれませんしかし、残念ながら秋篠宮家ではすでに問題が起きてしまっていたようです秋篠宮家の関係者は、これまで日本にの帰国を元生に拒否していた眞子さんがある日、突然秋篠宮ご夫妻に連絡し、今すぐ日本に帰国したいと言い出したようなのですねどういうことなのかとキコさまが事情をたずねると、なんと一刻も早く日本に帰って水子供養をしたいと言い出されたというのです。 はたして眞子さんが想像妊娠でもしたのか、実際に妊娠して子供を産んだのかはわかりませんが、ほとんど半狂乱のようなご様子で身体が重い呪われているなどと絶叫していたようですからちょっと精神については心配ですねと話しています眞子さんはニューヨークで海外生活を始めてあと少しで1年が経ちますが、思い描いていた理想と現実のギャップに苦しんでいるのでしょうその他にも、 小室さんがなかなか司法試験に合格できないことは眞子さんの大きなストレスとなっていることでしょう1年経たないうちに小室夫妻の結婚生活は破綻してしまうのでしょうか10月にある司法試験合格発表次第では離婚もありえるのではないかと思ってしまいますよねでは、続いての記事に移ります今回は、天皇、皇后両陛下が地方訪問を本格的に再開され多くの日本国民から敬愛を得ていることについて紹介していきます。 ぜひコメント欄にあなたの感想を記載してください。 先日国体出席に伴い栃木県を訪問された天皇皇后両陛下は、2020年に新型コロナウイルスが大流行して以降、両陛下はリモートで地方行事に出席してこられました両陛下はこれまでも国民の中に入っていく皇室を目指し、人々との触れ合いを重視したいとの意向を示してこられましたが、一方で感染拡大への懸念もしておられました2019年2月、 即位を控えた天皇陛下は国民の中に入り、国民に少しでも寄り添うことを目指し、国民と接する機会を広く用いを心掛けてまいりましたと述べられ、即位後からは全国植樹祭や団体などの恒例の地方行事、台風で被災した宮城福島の訪問などで13府県を眞子さまと訪問してこられましたしかし、2020年にコロナが国内で確認されて以来、相次いで地方行事が見送りとなりました。 天皇陛下は2月の誕生日の会見で、別々の場所にいる人に同時に会うことができたり、離島などを訪問が容易ではない地域の人と交流できたりといったオンライン訪問の利点に触れておられましたが一方でさまざまな場所を実際に訪れ現地で多くの人々と直接お話をしたり同じ体験を共有したりしながら、その土地その土地の雰囲気を肌で感じるなど、実際の訪問でなければ成し得ない部分もあるとも述べておられ、直接での訪問のメリットにも言及してこられました。 宮内庁の西村泰彦長官は、両陛下が自らの目で地方事情をご覧になり、地方で暮らす方の思いを受け止めることに大きな意義があると話しています。両陛下は10月22日23日に即位後初めて沖縄を訪問する予定で以降、地方の訪問を本格化させていく予定とのことです。 地方訪問が本格化すれば、 より1層国民との距離が縮まり、陛下が行っておられた国民の中に入っていく皇室がさらに実現していくことになりますでは、続いての記事に移ります今回は、次期皇位継承の準備を宮内庁が始めていることについて紹介していきます。 ぜひコメント欄にあなたの感想を記載してください眞子さんの結婚騒動や佳子さまの交際報道ひさひとさまの作文問題など秋篠宮家をめぐってはさまざまなニュースが報じられてきましたそんな中、宮内庁は御用掛として吉田直正の特権疾走を実務の司令塔となる総務課長に鈴木強長官官房参事官を配置したことが明らかになりました。...

天皇陛下の笑顔を奪った秋篠宮家のヤバい発言。国民も我慢の限界!!

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos 秋篠宮さまついに皇籍離脱へキコさまとも離婚で悠仁さまも離脱か!デイリー新潮に小室圭のことが書かれていましたね。小室圭のNY司法試験3回目の挑戦を発表したことを受けて宮内庁がその後についての本格的な趣味レーションを始めたようです。そもそも一般人でなんのシュミレーションなんですかね。 まぁ昨年結婚するまでは試験も自信がありますとか言って宮内庁や秋篠宮ご夫妻が騙されたのかよくわかりませんが今はー般人ですからね。自信がありますで結婚2日後に不合格でまぁわかっていたけども日本国民としたら衝撃でしたよね。散々メディアは小室圭なら成績優秀だし大丈夫とか言われていましたからね。ちなみに2回目の試験も合格の可能性は高いと伝えていたようです。 秋篠宮さまは2度目の不合格を聞いて虚しさのようなものを抱かれているということだったようです。最初は全学年でた一人の奨学金全額免除とかで何でも思い通りになっていたかもしれませんが司法試験だけは忖度が効かなかったようですね。まぁ最初の試験のリモートが最後のチャンスだったかもしれませんね。 学力の問題ではないということでやはりインカムでカンニングするつもりだったでしょうが、あそこでもっとインカムとかのリハーサルが出来ていたら試験も受かったのでしょうね。まぁ仮に次の3回目の司法試験に受かったとしてもピザの問題もあるしそもそも2回も不合格になっている奴が石ころ投げれば弁護士に当たると言われているNYで仕事の依頼があるのかという疑問ですね。 ちなみに小室圭は事務所側から法務助手として解雇されることはなさそうだということです。まぁここにはどんな力が働いているんでしょうね。国から仕事とかかなり国会議員とかも関わつていそうですね。 ただいくら解雇されないとは言っても仕事内容が単なる雑用でパシリですからね。小室圭が何かと何かを結びつけるような役回りということでこれがデリバリーサービスとかの宅配の事なんですかね。 さすがにパシリとは言えないでしょうからね。3回目の司法試験不合格の後にどんな風に生活していくのか宮内庁側もまだ予想が出来ていないようですね。誰が裏で操っているのでしょうね。お金とかは秋篠宮家や美智子さまでしょうが政治家もたくさん絡んでいるでしょうからね。立憲民主党とか自民党を攻撃したい人はここを集中的に調べてもらいたいですよね。 ちなみに奥野弁護士に紹介した立川ジュリアさんも最初は弁護士資格が取れたらぜひ自分のアシスタントとして働いてほしいといっていたようです。 つまり眞子さんという名前を使って皇室ヒシネスを考えていたのかもしれませんね。ただ立川ジュリアさんも小室圭がここまで出来が悪いとは思ってもいなかったのではないでしょうか。それで今は身を潜めているのかもしれませんね。 まぁ誰も予想が出来ませんよね。一橋大学院いいってフォーダム大学に行って法律事務所で弁当の受け取りやコピーとか郵便物の受け取りとかやって週3勤務ですからね。それで試験勉強ぐらいはしているのかと思ったら夜中までゲームですからね。だから立川ジュリアさんも国際基督教大学の普通の学生課ちょっと学力が低い学生かもというぐらいにしか思っていなかったのでしょうね。 それがこれまで試験を受けたことがないとんでもないオバカさんだったと気付かされたわけですね。 まぁ小室圭も毎年1000万円のお小遣い貰ってメイドサーヒスも政府がつけてくれて就職も心配ないし頑張って試験に受かろうなんて気にならないですよね。秋篠宮家や政治家たちは甘やかし方を間違っているんですよね。日系人会の電話にも眞子さんが出て自分あての電話なのに眞子さんですかと聞いたらいいえいませーんってもうここまでね。 元皇族だし常識感覚がちょっと違うかもということは思っていたかもしれませんが馬鹿だとは思いませんよね。日系人会の人達もあきれているでしょう小学生低学年レベルの受け答えですからね。まぁこんな間抜けな小室夫妻を助けるために国の税金が使われていると思うとなんかやってられないですね。 それにしても眞子さんもMETに何らかの形で特別職員として雇う代わりなのか日本の正倉院とかで一般公開されていない美術品を大口の寄付してくれた客に見せる約束とかなめていますね。金に困ったら美術品を大口の寄付してくれ人に売って秋篠宮家のお小遣いにするのですかね。 そもそも正倉院って宮内庁が管理しているから宮内庁がMETに対して許可を出したってことになりますよね。 「最後までご視聴ありがとうございましたー!」 「まだの人はチャンネル登録とー 新着動画の通知を...