Tháng: Tháng Hai 2023

紀子真っ青!! 信子さま…電撃発表…

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos こんにちは。1月2日に行われた新年一般参賀ですが、この時に秋篠宮さまが愛子さまに対して行なった不敬行為が、現在でも話題となっているようです。そんななか、皇族の中でも一番お怒りになっていたのが寛仁親王妃の信子さまであったと言われています。どうやらキコさまに対して、とんでもない苦言を呈されたようなのですが···。 いったいどういうことなのでしょうか。 今回はそちらについて書かれた記事を見つけましたので、紹介と詳しい解説をしていきます。まず1つ目は、佳子さまに関する話題をお届けします。ここからは一部引用を含みます。さて、秋篠宮家の次女である佳子さまが、思わぬ形で注目を集めています。昨年12月29日、佳子さまが28歳の誕生日を迎えたのに合わせて、宮内庁は最新動画を公開し、それが報道されたのですが···。 一部SNSやネット民から、心無い反応をされているようなのです。 内情に詳しい皇室ジャーナリストは、次のように述べています。「宮内庁が公開した動画で佳子さまは、お住まいの赤坂御用地の庭を散策され、東屋で休憩する姿も映されています。動画の終盤、それまで木の枝を見つめていた佳子さまがカメラに視線を移して顔をほころばせるのが印象的な内容なのですが。 ところが、この動画がネット上で『興奮する』『いい女だよな』など、心ない反応を招いてしまっているのです。結果的に、佳子さまの動画は不謹慎なネット民の格好のターゲットとなってしまいました。母親であるキコさまは、ご一家の世間での受け止められ方について極めてナーバスになっておられます。 ご一家のお出ましを報じるニュースや、ご家族の評判についてネットでお調べになることも度々あるようで··· 当然、今回の反応についても認職されているはずです。キコさまのご心労が重なる事態に、宮内庁は頭を抱えているとも伝え聞いていますよ。毎年、誕生日を迎えるたびに佳子さまの近況映像は公開されているのですが、ではいったいなぜ今回だけ不敬な反応が目立ったのか。姉の眞子さんが皇室から抜けた後、佳子さまは以前にも増してご公務に積極的に取り組んでおられました。 宮内庁としては、そんな佳子さまの健気さをアピールする映像を作ろうと気合を入れたのだと思います。 また、秋篠宮家は眞子さんと小室圭さんの『結婚騒動』で世間から好奇の目で見られるようになりました。そのイメージを払拭しようと今回のような親しみやすい映像を作ったのでしょうが···。そんな宮内庁の狙いが完全に裏目に出てしまったといえます」以上が1つ目の記事の内容です。 そもそも秋篠宮家は、なぜ批判的にみられているのか自分達でも気付いていない気がしますよね。天皇家のような、国民に寄り添ってくださる感じはあまり伝わってきません。夫妻揃って明治神宮を参拝した際にキコさまの弟が催す下着販売会に赴いていた問題や、悠仁さまの作文コンクール不正など。 小室家以外の問題が山ほとあるわけです。冗談抜きにして、秋篠宮家に対しては公認会計士などによる会計監査をして国民に公表する必要があると思います。 では2つ目の記事に移ります。さて、今月2日に行われた新年一般参賀ですが、この時秋篠宮さまが愛子さまに対して行われた不敬行為が、現在でも話題となっているようです。内情に詳しい皇室ジャ-ナリストは、次のように述べています。「問題となっているのは、3度目のお出ましの際の秋篠宮殿下の立ち位置です。 後に愛子さまに注意を促され、本来の立ち位置に戻られたものの、愛子さまに声を掛けられるまで立ち位置を間違っていることに気付かずセンターに陣取られていたのです。しかしながら、今回の間違いは秋篠宮さまではなく愛子さまであるとする意見も多数ある状況です。 週刊誌でもはっきりと、『秋篠宮さまが3回目で位置を勘違いされたのか、雅子さまのすぐお隣に立たれていたのです』と書かれているにも関らず、です。 実際にTwitter上では、エッセイストの竹内久美子氏を筆頭に、いまだに立ち位置を間違えたのは愛子さまだなどと主張する者もいるのです。ですが、この立ち位置に関しては、かの秋篠宮家信者として名高い、政治評論家で作家の竹田恒泰氏ですら、『立ち位置を間違えたのは秋篠宮殿下である』として、次のようにツイートしています。『一般参賀立ち位置について。個々の序列と家族単位の序列があり、通常の儀式では前者、一般参賀では後者が用いられたということ。 両者の間に矛盾はない。愛子内親王殿下は天皇陛下ご一家としてあの位置となった。また平成以降は両陛下が同列で中央と運用されてきたので、皇后陛下の隣で正しい。今回は、天皇陛下ご一家を中央に、次席に上皇陛下ご一家を配置したという考えでしょう。未婚の娘をご一家の一員としたのは、国民的な感覚とも一致します。 お示しのプランでは佳子内親王殿下を秋篠宮家の一員としつつ、愛子内親王殿下を天皇ご一家の一員として扱わない矛盾が生じています』ところで、このような秋篠宮殿下の不適切な振舞いに関して、中でも特にお怒りになられたのは、寬仁親王妃の信子さまであったようです。...

美智子さま…「恥ずかしくて生きてられない」

こんにちは。本日も皇室の話題を取り上げて参ります。平成の時代から天皇家と秋篠宮家は不仲であることが報じられてきましたが、元々秋篠宮さまは目立ちたがりな一面も持ち合わせており、とりわけ若い頃から皇太子さま(現天皇陛下)には、並々ならぬ対抗心を持たれてきたと言われています。 当時の内情に詳しい、元宮内庁職員の小誠ー氏は、次のように述べています。「親しい記者からのインタビューに答える際には、ご自身のうっかりエピソードや、やんちゃエピソードをお話になる時、必ずと言っていいほど皇太子さまを引き合いに出されていたほど、強烈に意識されていました。例えば、『私は料理はしません。兄もしないと思います』とおっしゃったり、『妹が小さいころ、兄と二人でよく泣かせた』といった感じです。 また、陛下よりも秀でていたいという意識も、強くお持ちだとお見受けしています。その一方で、やはり陛下にはどうしてもかなわないという劣等感もお持ちで、平成の立太子の礼を何度もご覧になっては、『俺もこんな風に祝われたかったな』と、本音を漏らしてもいます。 皇室の儀式を巡っては、それだけ複雑な感情でいらっしゃるのです』そんな秋篠宮さまを常に支え、最も愛情を注いできたのは、母である上皇后美智子さまであるといいます。 美智子さまが皇后時代、自立心のある東宮家よりも、ご自身にべったりの秋篠宮家に『寵愛を注いできたことはよく知られています。先ほどの小内氏は、こう続けます。「それが公に示されたのは、平成最後の新年一般参賀でのことです。美智子さまは、所在なさ気な秋篠宮さまの腕をそっと掴んで、センターポジションへと立たせたのです。本来であれば、次の天皇陛下である皇太子殿下と雅子さまにこそ、そういったお気遣いを見せられる場面でしょうが···。 敢えて美智子さまは、秋篠宮さまを皇室の中心と国民の前で示されたのです。 これには、陛下への劣等感を持つ秋篠宮さまを元気づけたいという意味もあったでしょう。また、陛下に対して『早く礼宮に皇位を譲るのです』との静かなる警告を示されたのではないか、とも言われています。また、このご配慮のために雅子さまは中央から遠くへ離された場面も、映像として残っています。 これについてキコさまは『雅子さんもこれでご自分の立場を弁えるはず』と喜ばれたかもしれませんね。いずれにしろ、美智子さまは秋篠宮家による『立皇嗣の礼』の規模には、決して満足はなさっていないと聞き及びます」普段は見えない皇室の内情ですが、国民の想像以上に秋篠宮家と美智子さまの繋がりは深いようです。皆さんはどのように感じましたか。 いったいどうして、美智子さまはここまで秋篠宮家ばかり贔屓するのか不思議でならないですよ。せめて孫を同じように可愛がってくれていたら、美智子さまに対する国民感情も、もう少し好意的に見ることが出来たのではないでしょうか。美智子さまは当時、『皇太子夫妻が、愛子をあまり連れてきてくれない』と嘆いたことがありましたが、雅子さまをいじめた張本人がそんなことを言っても、連れていきたくないのは当然だと思いますよね。 おそらく雅子さまは、秋篠宮家や美智子さまなどの身内のみならず、宮内庁上層部によって四面楚歌状態に追い込まれ、とても平常心ではいられなかったはずです。では、続いての記事に移ります。「公」よりも「私」を優先し夫とともに日本を離れ、新天地ニューヨークで生活を始めている眞子さん。小室夫妻が日本を離れてもなお秋篠宮家に対する不信感·批判の声は数多く聞かれています。 そんな中、秋篠宮様は自身のお誕生日会見の際、眞子さんについて「彼女は結婚するまでの間、常に公的なものを優先してきたと私は思います。結婚するということは、私的なことだとは思いますがこれを優先させたとしても、結婚することを公にしてすでに4年経っている訳であってこれが『優先させた』『優先させている』ということになれば10年、20年経っても、結婚はできないことになってしまいます。」と話していました。 秋篠宮様のおっしゃる通り「『私』を優先する結婚が許されない」のであれば皇族は結婚できないのか、国民の了解を得られないと結婚できないのかという考えになってしまいます。しかし、今回のケースは極めて異例であり、特殊です。今まで女性皇族の方々がご結婚をされた際批判の声は一切なく、祝福の声ばかり聞かれていました。 もちろん、眞子さんが婚約内定記者会見を発表された際も「お似合いの二人」幸せになってください!」といった二人の幸せを願う声が数多く聞かれていました。しかしその後『金銭トラブル』や『小室親子にまつわる暴露』等が週刊誌で報じられ始めは心配する声が多く聞かれていましたが小室夫妻の対応が良くなく「心配の声」が次第に「批判の声」に変わりました。 そして国民が納得できない状態が続く中で二人は結婚し、渡米。会見時の眞子さんの発言もあり、小室夫妻に対する印象は最悪なものになっています。 結果論にはなりますが、そういった対応·態度含めて国民は小室夫妻に対し「『公』よりも『私』を優先した」と批判しているのではないでしょうか。火のない所に煙は立たたぬと言いますが批判する内容が無ければ、する必要はありません。秋篠宮様から見たら、眞子さんは可愛い我が子です。 会見時の発言は、我が子を思ってのことだとは思いますがこの会見を聞いた際「『私』を優先し結婚をしても、本来であれば特に批判されることなく祝福されるはずでは。」と思ってしまいました。 この記事についてネット上では「好きな人と結婚したいけど、これまで同様の豊かな暮らしを続けたい。皇室という制限のある苦しい生活はしたくないけど、皇室の特権は使っていきたい。旦那の収入が少なくても、元皇族として生活品位を保てるよう公費を使います。 ってことでしょ?許される訳ないじゃん」「別に『私』優先でも問題はないし、批判することもないけど皇室が嫌でしょうがない癖に公費使って留学とか進学や奨学金について皇室の権威を利用しているから、国民は怒っているんだよ。「仮に一般人になられた黒田清子さんに、同じ様な警備等の費用が公費として発生してもここまで批判の声は大きくならなかったと思う。 それは何故か?という点が分かっていない秋篠宮様は、一生悩んでいればいいと思います。 といった様々な声が多く聞かれています。国民の声を聞き入れず、全て誹謗中傷と捉えている秋篠宮家に対し特に期待することもなければ、求めることもありません。ただ言えることは、うやむやにしている部分をそのままにせず国民に対して公表してほしいです。では、続いての記事に移ります。...

佳子様 悲報 !! 「皇室から追放を」

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos こんにちは。本日も皇室の話題を取り上げて参ります。今回は、 公務に邁進される佳子さまの狙いが話題になっています。 一体どういうことなのでしょうか。 佳子さまは、2019年3月に大学を卒業されたのですが、その後、 大学進学や海外留学などの進路はもちろん、 就職先すらも不明でした。 ス前その年の夏の皇嗣職の定例会見で記者から、「普段いったい何をされているのか?""大卒女性が社会に出ていちばん忙しい時期なのに、ご本人はどのように過ごされているのか?"」といった質問があがるほど、全く音沙汰がなかった佳子さま。 空白の二年間を経て、 2021年5月に全日本ろうあ連盟に非常勤嘱託職員として、就職された佳子さまは、 新型コロナウイルス感染者数が減少傾向になった春頃を境に、 公務に邁進され始めました。 佳子さまが、 突然公務に邁進され始めた理由を、静岡福祉大学の小田部雄次名誉教授は、次のように観察しています。 『近い将来、 皇室を離れるにあたりれだけ自分はやってきたという証拠づくりをされているかのようにも見えます。ご熱心な活動が、 "公務さえやっていれば結婚は自由"といった解釈の延長にあるとすれば非常に残念です。 佳子さまは、 これまでも結婚することによってできるだけ早く皇籍を離脱したいのではないかと推測がなされてきました。皇室での生活にも佳子さまは息苦しさを感じておられるようでしたから佳子さまが皇籍離脱計画を立てておられるとしても、...

天皇陛下が大激怒!! 電撃発表…国民に責任転嫁しまくりの最低過ぎる言い訳とは?

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos さる11月30日に57歳の誕生日を迎えられた秋篠宮さまは、それに先立つ記者会見で3人のお子さまへの思いなどを語った。 全体の印象は、メディアからすれば「曖昧でつまらない内容」だったが、逆にこれまでの会見とは違い、いかにも殿下らしい発言だったのではないか。 つまりこういうことだ。これまでの秋篠宮さまの会見といえば、大嘗祭の費用に疑問を呈したり、皇太子さま(現・天皇)の人格否定発言に苦言を呈したりと、口が滑ったのか意図的なのかは分からないが、対立を煽るような発言が少なからずあった。 しかし今回の会見ではそういった発言がまったくなかったということで「つまらない内容だった」が、本来、皇族の発言とはそういうものだろう。皇族の中でも天皇や皇太子(皇嗣)の発言は重く受け止められる。政治的意図がなくても周囲がそう動く場合もあるから。だからこそ、対立を煽るようなボールを投げてはいけないのである。国民からすればじれったいかもしれないが、皇族は常にそうあるべきなのだ。 今年の会見では、小室圭さんがニューヨークの弁護士試験に合格したこともあって、秋篠宮さまからは何らかの発言があるのではないかといわれていたが、結果的に余計なことは一切おっしゃらなかった。周囲は「やはり殿下は殿下なんだと安堵した」そうである。 「国民に関心を持ってもらうことも大事ですが、逆に国民に関心を持ってもらわない方がいい時もあると判断されたのでしょう。眞子さんや小室さんの事を一切おっしゃらなかったのもそうではないでしょうか。あれは殿下らしい発言だったと思います」。  この会見で「結婚から1年が経過した小室眞子さんの近況について」たずねられた秋篠宮さまは、こう回答されている。 「本人が近況などについての自分のことについては話をするのは控えてほしいということを申しているようですので、私もここではお話を控えることにいたします」。  これだけである。この一言から、眞子さんが今も週刊誌やネットメディアに敵愾心を燃やしているらしいことが伝わってくるが、同時にここから秋篠宮家の家族関係がぼんやりとだが見えてくる。 例えばこんな推理ができるだろう。 「秋篠宮さまは、本人はしゃべらないようにと言っているので、と伝聞として述べています。ところがキコさまは、今年の9月のお誕生日会見で『近況や生活については、本人の希望もあり、お答えは控えます』と、表現がご夫婦で違っているのです。これはどういうことなのか。キコさまと眞子さんの関係は今も冷え切った関係といわれていますから、眞子さんから直接聞いたとは思えません。 おそらく佳子さま経由でしょう。キコさまは、それを直接聞いたかのように言われ、秋篠宮さまは正直に人づてで聞いたと語ったのです。つまり、今も眞子さんは両親を許していないのではないですか。しかし秋篠宮さまはそういうことを承知の上で『控えます』のひと言で打ち切りました。そこが殿下らしいですね」。 想像するに眞子さんと秋篠宮ご夫妻の親子関係は、今もって修復されていないということだ。おそらく話し合う機会もないのだろう。殿下らしい発言で周囲の評価は高まったが、もしもこのまま修復されなかったら、秋篠宮家はいったいどうなるのだろう。  眞子さんは何があっても日本に帰国しないのか…待たれる秋篠宮さまとの父娘関係修復。  秋篠宮さまは11月の記者会見で、眞子さんや小室さんに関する質問に答えを控えた。それが眞子さんたちの希望だからという理由だったが、そこからは、今も親子関係がしっくりいってないことがうかがえる。  そのことが眞子さん夫婦に跳ね返ってこないとは言い切れない。例えば、小室圭さんの父方の祖父は亡くなっているが、母方の祖父はまだ健在だ。ただ80歳を越えていて、いつ不幸があるとも限らない。 父親が自殺した後、この祖父が圭さんの父親代わりになったといわれたほどだから、もしもの時は小室圭さんが帰国しないわけにはいかないだろう。 今は小室家の一員となった眞子さんも同じだ。当然、2人が帰国すればマスコミは追い回すだろう。30億円かけて改修工事を終えた秋篠宮邸に滞在できればいいが、そうすればまたあらぬことを書かれてしまう。帰国しても帰国しなくてもいばらの道になってしまう。...

天皇陛下 美智子さまの声を「皇室に石を投げる行為」と痛烈批判。

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos こんにちは。本日も皇室の話題を取り上げて参ります。昨今の情勢から2021年以降中止が続いていた『新年一般参賀』ですが今年は三年ぶりに皇居·宮殿で行われました。愛子さまにとっては初めての出席となり国民からは喜びの声が多く聞かれています。 そんな中『一般参賀』の裏側で美智子さまとキコさまがトラブルを起こしていたそうです。 今回は「美智子さまとキコさまの身勝手な主張と行動」について、一部記事を引用していきながらご紹介していきます。あわせて「秋篠宮さまの深酒をご心配か?『メタボ専門医』を侍医に抜擢した理由」についても、一緒にご紹介していきます。それでは早速、一つ目の記事の内容に入ります。 秋篠宮さまとキコさまは、長男の悠仁さまとともに1月10日、横浜市の海外移住資料館を訪問されました。お三方揃ってのお出ましば、今年に入って初めて。資料館にある撮影コーナーでは、秋篠宮さまがスマートフオンにて悠仁さまを撮影されるなど、仲睦ましいご様子がみられています。 秋篠宮家は昨年に引き続き、今年も精力的にご活動されていることが見込まれているなか秋篠宮さまの精神·体調面について不安視する声が聞かれています。 以前からネットニュース等では、秋篠宮さまについて『うつ病』『睡眠導入剤服用』といった記事が取り上れてきました。関係者からも「長女眞子さんのご結婚のことや、ご自分の皇位継承について大変悩まれているようでそういったことで体調を崩されているようです。 といった話も聞かれています。平成から令和に変わり皇位継承順位が一位になった秋篠宮さま。重荷から解き放たれたいのか、ついアルコールに手を伸ばし深酒をされることも多々あるとか。そんな中、年末年始にかけて皇室内の職員人事に動きがあったそうです。皇室担当記者によると「二年半ほど皇嗣職侍医を務めてきた女性医師のAさんが離任し東京大学医学部附属病院予防医学センター特任助教のBさんが後任になったそうです。 Jといった話が聞かれています。 AさんとBさんは、いずれも東大病院に長年所属しており『循環器内科』の専門医だとか。Bさんは特に『肥満·メタボリックシンドローム』の研究を専門にしており複数の論文を発表しているそうです。秋篠宮さまはこれまで、とくに大きなご病気に悩まれることもなく公務に携われてきました。しかし、昨年のお誕生日会見では「私の現在の体調は、まぁそこそこといったところです。 健康に留意していることはありませんが、歩くようにはしています。」と年齢ならではのお悩みを感じさせる発言がありました。秋篠宮さまは、お若いころから細身の体系ではありますがそれほど太っていない人でも、糖尿病やメタボリックシンドロームになる人もいます。深酒をする日が増えたことや、加齢に伴う身体の衰えなど考慮した結果Bさんを抜擢されたのではないでしょうか。以上が一つ目の記事の内容になります。 『深酒』はアルコール依存症になるリスクが非常に高いです。 『体型維持』は確かに必要なことですがまずは『深酒』をしてしまう根本的な問題を解決することが、大切ではないのでしようか。続いて二つ目の記事の内容に入ります。1月2日に、三年ぶりとなる『新年一般参賀』が執り行われました。 成年を迎えられた愛子さまにとって、初めての出席となり国民からは「愛子さまにおかれましては、すでに女性天皇としての品格と威厳が感じられます。天皇家の安寧をお祈り申し上げます。」「天皇ご一家のお姿を拝見し、やはり新年の一般参賀の主役は天皇陛下御一家であり主人公が愛子さまだと感じました。愛子さまは未来の素晴らしい宝です。」「天皇御一家の3ショットは素敵でした。」といった声が聞かれています。 天皇御一家に対する好感の声が聞かれているー方で「お帰りになる際、秋篠宮さまが愛子さまの前を通るのは如何なものかと思った。』「両陛下が、いまだ上皇ご主妻に気を遣われ今にも上皇后を先にお通ししようとなさっていたのが見ていて辛い。」といった、秋篠宮さまや上皇ご夫妻に対する批判の声も聞かれ少数ではあるものの、中には「皇位継承順位一位の秋篠宮さまよりも、天皇陛下に近い中央に立つのはおかしい。 愛子さまは立ち位置を間違えられた」などと発言をした方もいました。立ち位置に関しては、事前に決まれられているものであり私たち国民がとやかく言う必要はないと思います。 いかがだったでしょうか。キコさまや美智子さまの身勝手な主張があった中でも天皇一家の素晴らしい立ち振る舞いには、胸が一杯になりました。 『令和の主役は天皇御一家であり、秋篠宮家でも皇后ご夫妻でもない。』と思った方は応援してください。応援してください。

もう限界…本気の反撃!! 秋篠宮家【助けて!】

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos 今回取り上げるニュースはこちらです。記事の一部を引用してお伝えします。 雅子さまのお誕生日文書に隠されたメッセージ先月11月30日には、秋篠宮殿下のお誕生日、そして、続けて今月12月1日には愛子さま、9日には雅子さまと、皇族方のお誕生日が続きました。 そうした中、秋篠宮殿下のお誕生日会見には、批判意見が殺到する一方で、愛子さまや雅子さまには称の声が相次ぐこととなりました。また、雅子さまは、今年もお誕生日に伴い、感想の文書を発表されましたが、そこには重大なメッセージも隠されていたようです。 精神科医の香山リカさんによれば、今回公表されたご感想から、雅子さまが抱かれているご決意が読み取れるという。「この内容からは、雅子さまが"自分は病気である""今も快復の途中だ"という意識から離れようというご決意を抱かれていると感じました。 皇后としてすべてを完壁にこなされるのではなく、ご体調の波"と付き合いながら、要所要所のお務めを果たされていくスタイルを、肯定的に捉えられるようになっているのだと思いました」雅子さまは今年の秋から、直接足を運ばれる形で地方でのご公務を再開させ、皇居の外へお出かけされる回数も増えている。 しかしその一方で国民からは見えないところで奮闘されていた。「都内や地方で国民と交流されたり、海外からの賓客をもてなすような行事では、雅子さまは元気そうなこ様子に見えます。しかし、そうしたお姿に見えるよう、そのタイミングに向けて必死に体調を整えられておられます。 国民には伝わりにくいところですが、毎回大変な努力を重ねられていると理解しています」(前出·宮内庁関係者)雅子さまが懸命に努力される原動力は、どこにあるのかーー長年、雅子さまのご体調を取材し続けてきた皇室ジャーナリストはこう振り返る。 「適応障害と診断される前の2004年3月から、雅子さまはご実家の小和田家が所有する井沢の別荘で1カ月ほどお過ごしになりました。その後東宮御所に戻られる際の雅子さまの沈んだご表情は、いまも忘れられません。 雅子さまもかなりおつらい状況だったといい、お部屋にこもりきりで、側近との会話もなく、お願いしたいことがあるとドアの下にメモを挟まれてお伝えになっていた時期もあったと聞いています。 苦痛に満ちた日々の中で、天皇陛下の献身的なお支えや、すくすくと育たれる愛子さま、温かい声援を送る国民の存在は、雅子さまの心のよりどころとなっていたのでしょう」温かく応援してくれた「国民に恩返しを」という雅子さまのお気持ちが、 ご感想での"全快宣言"というべきメッセージにつながっていたのかーー愛子さまの皇位継承を願う国民の声また、こうした雅子さまのお誕生日に関する記事を報じるニュースサイトのコメント欄には、雅子さまを称える意見と共に、密かに愛子さまの皇位継承を願う意見も書き込まれているようです。 難しい言葉は分からないし使えないけど、私は天皇陛下、皇后陛下、愛子さまのご家族が大好きです。時折報道やニュースでそのお姿を目にすると、安らぎを感じ、心があたたかくなります。女性が天皇になることは難しいのかもしれません。 ですが、天皇というのは国民の象徴となり、国民から愛され尊敬されるような存在だと思います。それは誰かから強制されるようなことではありません。そんな方は皇室に愛子さま以外におられないと思っています。 愛子さまが色々なことを乗り越えられ、素敵な女性成年皇族として国民から敬われているのは、何よりご両親である天皇陛下と雅子さまの賜物であると心より思います。 制度ももちろん大切ですが、過去と比べましても現在は皇族が減少傾向にありますし、何より本来の天皇の存在意義を第一に考えて頂きたいと思います。 最近の皇室に関わる出来事で皇族の中には良識に大きな疑問や不安を感じる方々もおられる中皇后陛下がしっかりとした良識をお持ちで天皇ご一家の存在は人々に安心感を与えてくださり心から感謝しております。 先日のお誕生日に「たくさんの喜びの時とともに、ときには悲しみの時も経ながら歩んできたことを感じます」とのお言葉がございましたが私たちには知り得ないご苦労をされて来られたのではと思いました。 皇室の悲しい出来事が聞こえる中愛子さまのご成長や皇后陛下のご回復はとても嬉しく感謝の気持ちが沸く出来事でございます。...

愛子さまはご自身のお気持ちをしっかりと示されました。 あいこ様も成人され 外交にもかかわってくださるでしょう たのさみがふえますね

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos 殿下の中央陣取りといったトラブルにより、波乱の一般参賀となってしまいました。また、佳子さまの派手で毒々しい真っ赤なトレスなども話題となる一方で、愛子さまと雅子さまのさりげないリンクコーデなどもネットニュースで注目を集めていたようです。 1月2日に、3年ぶりとなる新年一般参賀が皇居で行われ、天皇、皇后両陛下は上皇ご夫妻や秋篠宮ご夫妻らとー緒に皇居·宮殿ベランダに立ち、訪れた人々の祝意に手を振って応えられました。 成年皇族となった愛子さまにとっては、初めての一般参賀です。天皇陛下は『3年の月日を経て、今日、こうして、皆さんと一緒に新年を祝うことを誠にうれしく思います。いろいろ大変なこともあるかと思いますが、本年が、皆さんにとって、安らかで良い年となるよう願っています。年の始めに当たり、我が国と世界の人々の幸せを祈ります」と述べられました。 天皇ご一家は大変仲睦まじく、天皇陛下のネクタイと雅子さま、愛子さまの服の色をさりげなく揃えることが多いことで知られています。実は、愛子さま初めての一般参賀となったこの日も、雅子さまと愛子さまは気づかれないくらいさりげなくリンクコーディネートをされていました。愛子さまはペールブルーのドレスをお召しに。 上品に立ち上がった襟は、この日最もお若い皇族としてのフレッシュな品格を表現されていました。一方、雅子さまはエクリュのカシュクール風の切り替えが美しいドレス。ともに表情のある織り地で、色の濃度·トーンを捕え、肩のシルエット、袖の筒の太さ、デコルテのラインや袖口の6つのくるみボタンに至るまで、デザインが似ていらっしゃいます。 言われないと気づかないくらいの共通点ですが、母娘の強い絆が感じられます。雅子さまとしては、初めて一般参賀のベランダに立つ愛子さまを気遣い、またご一家で並んだときの印象を想像されてご準備されたドレスだったのではないでしょうか。雅子さまはこれまでも、お立場やベランダに並んだときのバランスを考えて一般参賀のドレスをお選びになっていました。 このように、慎ましくも、確かな母娘の絆を感じさせるリンクコーデや、天皇ご一家の神々しいお姿に、ネットニュースのコメント欄では、数多くの称賛コメントが書き込まれています。新年の上皇ご夫妻への挨拶の時、車内の雅子さまと愛子さまは、揃いの帽子とロープモンタントドレス姿だった。 一般参賀の時のロープモンタントは、雅子さまはクリーム色のロープモンタント、愛子さまはライトブルーのチャイナカラーのロープモンタント、袖とバックのファスナ一部分は、クルミボタンで飾っていた。 次の2月23日の天皇誕生日の一般参賀では、どんなコーデが見られるのだろうか。 愛子さまは、大学を卒業すると、公務に本格参加になる。新年の講書始の儀や歌会始、宮中晩さん会、園遊会と宮中行事参加機会も多くなる。雅子さまの過去のドレスを着回しすることもある。愛子さまのドレスやスーツの着こなし術をもっと見てみたい。天皇皇后両陛下と愛子さまは品の良さと知性と温かさが内面から滲み出ていらして、お召し物も大変素敵でお姿を拝見するだけで幸せな気持ちになります。 御一家からは言葉では表現できないくらい素敵なオーラが放たれていらっしゃり、TV画面ではなく実物のお姿を拝見したらより一層オーラが感じられることと思います。 御一家にとって素晴らしい一年になりますようにそして令和の時代が末永く続くようにと願っております。 残念過ぎる秋篠宮家このように、愛子さまにとって初のご出席であり、また多くの国民を感動させた一般参賀であっただけに秋篠宮家の振舞いは、一層残念であったと感じてしまいます。 3度目のお出ましの際には、秋篠宮殿下が本来愛子さまがお立ちになるはずの、雅子さまの左側に陣取り、愛子さまのお出ましを妨害されていたのですが、その際、愛子さまは、困惑されたような表情を見せながら、殿下を脇に押しのけることとなりました。 ですが、どうやら、キコさまなどは、成人されたばかりの愛子さまが、殿下のことを邪魔くさそうに押しのけられたことに、大変な不快感を覚えられたようですね。 なんで狐子が怒るんだよ!!敬宮様は秋篠間を押してはいませんでしたよ。逆に後ろで戸惑っていらしてました。狐子は秋篠闇を押していましたよね。 しっかりテレビに映っていました。とにかく皿婆とともに雅子皇后様、敬宮様に難癖つけ陥れようとしては、墓穴ほり·巨大ブーメランが返ってくるにも関わらず、また墓穴ほっているけど、相当に知能が低いことを自ら露呈している、哀れ。しかし当の本人たちはそれさえわかっていない、皿婆は狐子よりは少しは知能はあると思っていたけど、どっこいどっこいって感。 今回も何を企んでいたのか、お手振りせず上皇の横でしおらしくしていたつもりなんだが異様だったし不快だった。...

秋篠宮さま大騒ぎ!! 宮内庁…完全拒絶!!

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos こんにちは。本日も皇室の話題を取り上げて参ります。眞子さんの結婚騒動以来、眞子さんと秋篠宮ご夫妻との間には大きな亀裂が生じていると報じられてきましたが、秋篠宮さまとキコさまの間にも修復不可能な亀裂が生じているようです。今回は、秋篠宮さまが放たれた衝撃の一言が、キコさまとの仲の悪さを窺わせるとして話題になっています。 一体どういうことなのでしょうか。その内容をお伝えしていきます。 今年の4月に筑波大学附属高校に入学し、充実した高校生活を送っておられる悠仁さま。夏休みには、小倉百人一首かるた部間の会場を秋篠宮ご夫妻と共に訪問:され、選手たちが、素早く札を取り合う様子に見入っておられました。他にも、別の会場で書道や写真、美術·工芸などの各部門を観賞された際には、「墨の調整はどうするのですか」と質問されるなど、夏休みを楽しんでおられるようすも報じられました。 しかし、悠仁さまに関して、心配になる面もあります。それは、ご学友づくりがうまくいっでいるのか、という点です。 キコさまは、その点をとても気にかけておられるようです。というのも、愛子さまは、放課後に赤坂御用地に友人を招いて、ご学友と遊んでおられたものの、悠仁さまは学校以外でほとんどクラスメイトと交流されることがないそうです。 また、男子生徒との交流がないこと以上に、キコさまは女子生徒と交流がないことを懸念しておられるといいます。キコさまが、男女共学の学校に進学させた理由には、おそらく、将来の悠仁さまのお妃探しに苦労しないようにという意図が絡んでいたようです。 しかし、バドミントン部に入った後も、女子生徒との交流はなく、かえって避けられているという報道もありますから、こうした点は、キコさまにとって大きな懸念点になっているのでしょう。 宮内庁は、すでに悠仁さまの結婚相手を探しているようですが、眞子さんの結婚時のような失敗が起こらないようにと、慎重にことを進めているそうです。入れ禁止将来の皇后となる悠仁さまのお相手には、皇室に入った後もかなりの重圧がかがることになりまず。実際、美智子様は失声症を、雅子さまは適応障害を患われました。加えて、悠仁さまのお相手には国民から敬愛されることが必須であり、どうしても恋愛感情のみで結婚することはできないでしょう。 そうした点だけを考えても、悠仁さまの将来の結婚相手を探すというのは、困難を極めることがわかります。 小室夫妻のように、国民の理解を得られたとは言い難い結婚になってしまっては、皇室制度自体が揺るぎかねないため、宮内庁は慎重に進めているといいます。そんななか、秋篠宮さまは、宮内庁に悠仁さまの結婚相手に求める条件を提示しておられるようです。 秋篠宮家の関係者は、「実は、宮内庁が悠仁さまのお相手となるお妃探しの準備を開始するにあたって、秋篠宮殿下が第一条件として挙げられたのが、キコさまのように中流階級出身でありながら分不相応な野心を持つた女性は避けること、ということでした。まあ、そういう意味では、小室圭さんも、同じような条件に当てはまるかもしれませんが、なにしろ、悠仁さまのお相手となった場合、将来の皇后となるわけですから、その重要性は全く違います。 ただ、どうやら、こうした秋篠宮殿下のアドバイスは、キコさまにも漏れ伝わってしまったようで、それも"キコのような女は避けること"とだけ伝わってしまったようなのです。そのため、キコさまは激怒し、またしても、激しい口論に発展してしまったようですね」と話します。悠仁さまが結婚されるのは、まだ少し先の話ではあるものの国民にとって重要な関心事であることは間違いありません。 「ご学友づくりがままならない悠仁さまには、結婚は難しい」と思ってしまいますよね。では、続いての記事に移ります。今回の記事では、、宮内庁で愛子さまへの世界デビューの期待が高まっていることについて紹介していきます。ぜひ、コメント欄にあなたの感想を記載して下さい。10月1日に、栃木県宇都宮市を訪問された天皇皇后両陛下。 2年8ヶ月ぶりに地方で生活する国民と触れ合うことができた喜びからか、雅子さまの表情はとても晴れやかでした。宮内庁関係者は、「たしかな自信がにじんでいるようにお見受けした。強行日程でしたが、無事にエリザベス女王の国葬へ参列できたことに、強い手ごたえをお感じになっておられるからでじょう。慣例では天皇は葬儀に参列されませんので、きわめて異例のことでした。 先日の訪英で、両陛下が国際親善における"慣習の壁"を超えることもいとわないというご姿勢を、はっきりとお示しになったとも感じています。早ければ来春に執り行われるチャールズ新国王の戴冠式においても、王室や国民に祝意をしっかりとお伝えになりたいというお気持ちがあると拝察しております」と話しています。 70年ほど前に行われたエリザベス女王の戴冠式には、皇太子時代の上皇さまが参列されました。 雅子さまは、愛子さまにさらなる活躍の場が与えられることを願っておられるようです。ある皇室ジャーナリストは、「チャールズ新国王の戴冠式に、天皇陛下のご名代として愛子さまに参列していただきたいという声も宮内庁内から聞こえてきます。愛子さまは"絶対に両陛下へ感染させてはならない"というご覚悟で、コロナ禍以降は外出を自粛されています。 そのため成年を迎えられても、国内での行事はおろか、対外的な国際親善の場でのご公務デビューもできない状況が続いています。...

愛子さまに対抗心を燃やす紀子さま…

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos こんにちは。今回は、新年一般参賀を終えた愛子さまに対して、キコさまが放たれたという見当違いの発言が話題になっています。一体どういうことなのでしょうか。 その内容をお伝えしていきます。あわせて、小室佳代さんが、小室夫妻と同棲する可能性についても一緒に紹介していきます。 ぜひ、コメント欄にあなたの感想を記載して下さい。昨年10月、アメリカのニューヨーク州司法試験に合格した、秋篠宮家長女眞子さんの夫、小室圭さん。 2月に、弁護士登録などを経て、2月以降には本格的に弁護士としての仕事を開始すると見られています。ニューヨーク州の新人弁護士の平均年収は、2000万円ほどと高い一方で、パラリーガルたちよりもかなりのハードワークを強いられるようです。また、求められる成果やスキルも高く、競争率は一層激しくなるそうです。 実力や成果が重視されるアメリカ社会で、働く小室さんは相当なプレッシャーにさらされることでしょう。小室さんにとって本当に大変なのはこれからということになります。眞子さんは、過去に子供を二人、可能であれば3人ほしいと語っており、収入の安定が見込める状況になった小室夫妻が次のステッに進んだとしても、おかしくありません。 宮内庁担当記者は、今後の小室夫妻のニューヨーク生活について、「妊活のため、現地のセレブ産院に通院していると複数のメディアに報じられました。元皇族が異国の地で生活しているため、宮内庁と外務省が連携して現地総領事館のサポートの中暮らしている眞子さん夫妻ですが、さすがにお子さんが生まれたら、子育てのサポートには身内が必要になるでしょう。」と話しています。 昨年の暮れには、小室佳代さんが自宅からスーツケースを発送したことが、報じられており、小室佳代さんが渡米する可能性も浮上しています。ニューヨークを訪れるにしても、小室夫妻と同棲するための準備なのか、単純に司法試験に合格した小室圭さんを祝福するために、渡米する予定なのかは分かりませんが、小室佳代さん自身の中には、小室さんに会いたいという気持ちがあることは間違い無いでしょう。 そうした生活の変化が予想される眞子さんのことについて、去年の記者会見で秋篠宮さまは、「本人が話を控えてほしいと申しているようです」と話しておられました。小室夫妻の結婚生活をめぐっては、国民からネガティブな声や意見が多かったため秋篠宮家への批判につながることを恐れ、眞子さんはそのように秋篠宮さまに伝えたのかもしれませんね。 しかし、キコさまは、秋篠宮家への批判につながる言動を平気で取っておられるようです。一月二日、3年ぶりとなる新年一般参賀が行われましたが、秋篠宮ご夫妻は入場順を無視したり、殿下が中央を陣取ったりといったトラブルによって、波乱の一般参賀となってしまいました。一方で天皇ご一家の立ち居振る舞いは国民から多くの賞賛を受けていました。 ネットニュースのコメント欄では、「新年の上皇ご夫妻への挨拶の時、車内の雅子さまと愛子さまは、揃いの帽子とローブモンタントドレス姿だった。一般参賀の時のローブモンタントは、雅子さまはクリーム色のロープモンタント、愛子さまはライトブルーのチャイナカラーのローブモンタント、袖とバックのファスナー部分は、クルミボタンで飾っていた。 次の2月23日の天皇誕生日の一般参賀では、どんなコーデが見られるのだろうか。愛子さまは、大学を卒業すると公務に本格参加になる。新年の講書始の儀や歌会始、宮中晩さん会、園遊会と宮中行事参加機会も多くなる。 雅子さまの過去のドレスを着回しすることもある。 愛子さまのドレスやスー-ツの着こなし術をもっと見てみたい。』「天皇皇后両陛下と愛子さまは品の良さと知性と温かさが内面から滲み出ていらしてお召し物も大変素敵でお姿を拝見するだけで幸せな気持ちになります。御一家からは言葉では表現できないくらい素敵なオーラが放たれていらっしゃり、TV画面ではなく実物のお姿を拝見したらより一層オーラが感じられることと思います。』といったコメントが多数書き込まれていました。 愛子さまにとって初のこ出席でありながら、多くの国民の心を動かした一般参賀だっただけに、皇嗣である秋篠宮さまが、立ち位置を間違われたことは、多くの批判を集めていました。秋篠宮さまが、立ち位置を間違ってしまったために、結果的に愛子さまが秋篠宮さまを、押しのけた形になったわけですが、どうやらキコさまは、愛子さまを責められたようです。 「自己中心的な秋篠宮家に皇統を移してはいけない」と感じた方は応援して下さい。よ、し興味があるものがありましたら是非、御覧ください。

美智子さまが 驚愕発表…雅子に衝撃 !!

私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos 雅子さまは「適応障害」で長らく療養していた。そのあいだ週刊誌は雅子さまの病状・現状をあることないこと書き立てていたことはよく知られる。実はこの週刊誌の記事は、美智子さま主催のお茶会での「酒の肴」になっていたのだ。 雅子さまの病状。 天皇皇后両陛下と愛子さまは昨年12月28日の夕刻、人だかりを避けるために事前予告なしに映画『Dr.コトー診療所』をご覧になった。 ご一家そろっての映画鑑賞は、2020年1月以来のことである。沿道には多くの国民が集まり、これに天皇陛下と雅子さま、愛子さまの三人は笑顔で手を振られて応えられたという。 平成時代の東宮家の艱難辛苦を思うと、雅子さまと愛子さまに「笑顔」が戻ったことは、国民として喜ばしい限りだ。「天皇陛下万歳!」「雅子さま万歳!」「愛子さま万歳!」という声が常に沿道に賑わすのは、天皇家の振る舞いが国民に寄り添っている証左だろう。 私は宮内庁に長年勤めていたが、東宮家と密接な関係をもつ部署に配置されていた期間は長くはない。よって雅子さまの「適応障害」の具体的な症状については、知り合いの東宮職(皇太子ご一家担当部門)から又聞きする程度しか知らない。また陛下や皇族の健康状態に関する情報はトップシークレットなので、東宮職に配置されていたからといって、雅子さまの健康状態の仔細をつぶさに知りえるわけではない。 だが雅子さまの病状や行動などの一部事実が、どうしてかメディアに漏れ、あることないこと悪意の解釈をもって報道されることには、東宮職のみならず宮内庁も頭を痛めていた。内部情報が漏洩していることは事実で、職員の配置換えを頻繁にするなどして対策を取ったが、どうにも漏洩が止まらなかったことは苦い思い出だ。 国民誰しもが知るように、雅子さまが「適応障害」に苦しんでおられるのは事実だ。だからこそ国民がこれに理解を示し、雅子さまを応援できる環境になるようメディアは努力すべきだったのではないだろうか。 だが、当時のメディアは、悪意をもってこれを報道し、それを読んだ多くの国民が「雅子さまは皇后に不適格」と踊らされてしまっていたのが実情ではないかと考えている。 だが雅子さまが皇后となられるや満面の笑顔をもって公務や祭祀にあたる姿を国民に示したことで、これまでメディアが展開していた論調が“杞憂”に、より端的に言えば“ウソ”であったことが明白になっただろう。 御所からスパイが? このように平成の世で大流行した「雅子さまバッシング」は、信ずるに値しないデマでしかないわけだが、未だにこれを逐語的に信じている人も多いので驚く。もちろん当時の報道全てが虚実だったわけではなく、非常に生々しい内部のやり取りがリークされてしまい、それが悪意を持って報道されてしまっているので信じてしまうのも無理はない。 たとえば、雅子さまが愛子さまの校外学習に付き添われ1泊12万円「インペリアルスイート」に泊まられたことを、それこそ週刊誌(『週刊文春』2011年9月29日号)が「雅子さまの人格否定」とばかりに批判的に取り上げた。 だが、皇太子妃ともあろうお方がスイート以外のどこに泊まれと言うのだろうか。品格の観点のみならず警備という実際の問題からも、皇族方が最上階の最上位の部屋にお泊りいただくことは、雅子さまに限らず美智子さまや紀子さまも同様であるし、 ホテル側としても沽券にかかわるから皇族方には最上位のお部屋にお泊り頂きたいと願うものだ。よって私からすれば当時の週刊誌報道は、明らかに度を越えて悪意をもったものであった。 この「雅子さまバッシング」の時期には、宮内庁への情報公開請求が山と来た。皇室関係の書類はプライベートに関するものも多いため、請求がきても黒でベタ塗りされて開示されるのが通例である。にもかかわらず週刊誌では黒で塗られる前のままで資料が公表されたことが2度3度とあった。 特に記憶に残るのは2006年の雅子さまのオランダ静養の費用を批判的に報じた『週刊文春』2013年3月21日号である。これはプライベートなものであるから本来は開示されるべきではなかったと私は考えている。 思えば雅子さまバッシングは、皇室批判の一線を明らかに超えていた。いまは秋篠宮家に批判的な論調が目に付くが、まだまだ生易しいものだろう。...