紀子さまがとんでもない行動に!天皇家のごく近いところにスパイがいるのではないかと心配になります。

0

トナムの国家主席夫人から絶賛される雅子さま 今月11月28日、天皇皇后両陛下は、来日中のベトナム国家主席夫妻を招待して、昼食会を開催されました。 昼食会は、終始和やかな雰囲気で行われたようですが、 タム夫人は「皇后さまの笑顔で緊張が一気にほぐれた」と雅子さまのお人柄を絶賛していたそうです。 天皇皇后両陛下がベトナムの国家主席夫妻を皇居に招き、昼食をともにされました。 別れ際には立ったまま話し込まれる珍しい場面もありました。  28日、両陛下が出迎えられたのはベトナムのトゥオン国家主席夫妻。 タム夫人はベトナムの民族衣装「アオザイ」、雅子さまは薄いグリーンの着物姿です。  ベトナムは皇室とのゆかりが深い国の一つでもあります。  14年前、天皇陛下は皇太子時代にベトナムをご訪問。 当時、雅子さまは同行されず、お一人での滞在になりました。  帰国の際には雅子さまだけでなく、当時7歳の愛子さまがお出迎えに。 離れていたのは1週間ほどですが、父親との再会に愛子さまは笑顔です。  今回のトゥオン国家主席の来日では、両陛下がそろっておもてなしされました。  タム夫人は「皇后さまの笑顔で緊張が一気にほぐれた」と話したということです。  話がよほど弾んだのでしょうか。 当初の予定時間を大幅に超え、45分オーバー。  別れ際には、両陛下は玄関先に立ったまま約7分間話し込み、最後は車が見えなくなるまで手を振られていました。 またしても、皇后雅子さまが大活躍された今回の、ベトナムとの国際外交ですが、ニュースサイトのコメント欄には、 両陛下の対応を称賛する意見のほか、相手側から、呼ばれてもいないのに、 ノコノコと参加して姿を見せられた秋篠宮ご夫妻に対する批判意見も書き込まれています。 ようやく報道されました。 ベトナム国家主席ご夫婦が来日され嬉しく思います。 秋篠宮夫妻が行かれた際には正しく報じる日本のメディアはなく、大変驚きましたが、心配されたのはベトナム国でしょう。 二度手間になり申し訳ない気持ちを感じましたが、 天皇皇后両陛下の日本らしさや趣向を凝らしたメニューによる心を込めてのおもてなし。 皇后陛下の美しいお着物姿は日本の伝統美。 ベトナム国家主席は天皇皇后両陛下を再度ご招待なされたとの事、ベトナムとの友好関係が深まります事期待いたします。 皇室外交は両陛下が中心となり、多大な利権忖度から切り離してほしいと願います。 お金では買えないものが其処にはあります。 やはり国際親善には、天皇皇后両陛下が最適で、ベトナムには皇嗣夫妻が行かれたけれども、 そのお返しに両陛下がベトナム国家主席夫妻をもてなす形になったのでしょうか。 この映像を見ても、両陛下がおもてなしに心を尽くされている印象で、ベトナムには本当に皇嗣夫妻が行っても良かったのか、 国際親善に水を差すことのないように、海外訪問は相手国に失礼の無いようにご招待があった皇族を行かせるべきだと思いました。 やっと出ました!見たかったです! やはり天皇皇后両陛下は、海外からの信頼度が違いますね。 もう拝見しただけで、格の違いがはっきりわかる。 令和が長く続き、敬宮愛子様が天皇家を継いで下さいますように! キコさま、またしても衣装かぶせ まさに、格の違いが見せつけられるようなかたちとなった今回の昼食会ですが、 キコさまは、今回も、雅子さまと同色の衣装を着用され、物議を醸してしまったようです。 「皇室の行事では、班位が下位となる女性皇族は、格上の女性皇族のご衣裳と色が被らないようにずらすというのが、皇室の慣例というか、 一種の不文律となっているのですが、キコさまは、なんと、前回のキルギス大統領夫妻との昼食会に引き続き、 今回のベトナム国家主席夫妻との昼食会でも雅子さまと同色の衣装を召されておりました。 キルギス大統領夫妻との昼食会でも、「まあ、こういうこともあるのか」と、キコさまの衣装かぶせをしぶしぶ認めていた侍従職なども、 今回の2連続の衣装かぶせには、激怒し、「キコさまは、雅子さまを侮辱されている」と皇嗣職に対して、猛烈な抗議を行うこととなったようですね。

 

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *