眞子さん号泣!結婚したら別人になった小室氏の態度に「実家に帰らせて頂きます」秋篠宮さまが娘を呼び戻す日…記事の一部を引用してお伝えします。

婚約内定から4年以上の歳月を経て、ようやく入籍した秋篠宮家長女の眞子さんと小室圭さんは、米ニューヨークに拠点を移した。ところが好事魔多しで、圭さんは7月に受験したニューヨーク州の司法試験に不合格。法律事務所でロークラーク(法務事務員)として働きながら、来年2月に再チャレンジすることになるが、メドはどうなのか。国内で実務経験を重ねてから渡米し、3度目の挑戦でニューヨーク州の資格を取得したベテラン弁護士に、司法試験の受験事情などを聞いた。

山中さんはニューヨーク州、ワシントンDCの弁護士資格を取得しています。ニューヨーク州司法試験の難易度はどうですか。

難易度が高いといわれる日本の司法試験とは性質が異なります。法律の勉強をしている米国の学生にとっては、運転に必要な運転免許のようなもので、基礎が問われる試験です。そのため、ロースクールを卒業する5月から試験のある7月までの間に、必死に勉強してパスするケースが大半です。

日本のように何年も司法浪人を続ける人はまれです。とはいえ、英語を母語にしない外国人にとっては簡単な試験ではありません。運転免許の試験が全部英語であることを想像すれば、お分かりいただけると思います。

小室さんが受験した7月の試験の合格率は、受験者全体で78%なのに対して、外国で教育を受けた受験者は46%です。

ネーティブとの英語力の差は当然大きいと思います。まず外国人は問題を読むスピードが遅く、エッセー(小論文)も米国人の半分も書けないのが普通です。制限時間はアメリカ人と同じなわけです。また専門用語が分かっていても、一般的な単語でつまずくケースが出てきます。

例えば配管工を意味する「plumber(プラマー)」という単語が分からないと問題に詰まってしまうように。ほかにも、米国人であれば誰でも分かる人名、現地の地理感覚がつかめないと解けない問題など、つまずきやすいポイントはたくさんあります。

この記事皆さんはどう思われましたか。ではこのニュースを見た人々の反応を見ていきましょう。仮に離婚されても、秋篠宮両殿下の頼みであろうと、赤坂御用地内や旧宮邸は住めないし、皇族復帰も許されないよ。

宮内庁、外務省、在米日本総領事館殿、もう忖度する価値無いんだよ‼️税金垂れ流すの辞めなよ。

離婚しても一般人みたいに出戻りはできないのでしょう?これから何十年もいっしょにいれるの?あの男化けの皮少しずつ剥がれてきてますね

眞子さんを見ているととても30歳とは思えない物の考え方がいつまでたってもいつもその場その場で行き当たりばったりでまるで幼いと感じますもうお子さんまでいらたっしゃるんでしょ?そこら辺もよく考えてのご決断ですか?