私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos

皇宮警察本部の年頭視閲式に両陛下ご出席。 今月1月20日、皇宮警察本部の年頭視閲式が行われ天皇皇后両陛下が揃って出席されました。 冷たい風が吹く皇居・東御苑で、1月20日に皇宮警察本部の年頭視閲式が行われた。この行事はコロナ禍のため中止されており、3年ぶりの開催だった。 護衛官のシンボルである赤い肩紐を着けた総勢280人が、険しい面持ちで並んでいる。彼らが緊張していたのは、天皇皇后両陛下が、初めてそろってこの式典に出席されていたからだ。

「年頭視閲式は1985年に初めて実施され、皇宮警察の新年を飾る恒例行事となっています。創立100周年だった1986年に、皇太子となられる前の天皇陛下が出席されたことはありましたが、天皇皇后両陛下のご出席は初めて。これまで一度もなかったわけで、きわめて異例のご臨席であるといえます」。 天皇陛下とともに会場に到着された雅子さまは、淡いベージュのロングコートをお召しになり、帽子を目深にかぶられていたが、時折厳しい表情も見せられて――。 「昨年6月に『週刊新潮』が、皇宮警察内部で皇族方への悪口が横行していると報じました。幹部職員が学習院初等科時代の愛子さまを、陰で侮蔑的な言葉で呼んでいたり、渋滞にはまって苛立つキコさまの表情を“般若”と揶揄する職員もいるなど、皇室の方々を守るための組織で“皇族誹謗がはびこっている”という記事の内容は衝撃的でした」。 報道から半年がたったが、皇室の方々と皇宮警察の間にできた溝は、浅くなかったようだ。 「報道後に、両陛下や秋篠宮家など各宮家に対して、皇宮警察幹部が“お詫び行脚”を行いました。特に愛子さまへの誹謗は幹部職員によるものと報じられており、陛下と雅子さまもひどく心を痛められていたと聞いております。以来、宮内庁内では皇宮警察への不信感が高まっていました」。

愛子さまクソガキ呼ばわり事件。 こちらの記事で触れられている皇宮警察の皇族方への悪口の問題に関しては、当チャンネルでも取り上げましたので覚えている方も多いでしょう。皇宮警察の叩き上げのトップの地位にあった山口孝幸元護衛部長が、陰で愛子さまのことを「クソガキ」と呼んでいたという事件です。 天皇皇后両陛下や皇族の護衛、皇居の警備などを任務とする皇宮警察。そのトップである皇宮警察本部長や副本部長などは警察庁キャリア組のポストで、高卒、大卒で皇宮警察に入ったプロパーの職員が上がり詰められる最高のポストは、護衛部長だ。現在、叩き上げのトップであるその地位には、山口孝幸護衛部長(58)が就いている。 「山口が愛子内親王殿下のことを“クソガキ”と呼んでいることは、皇宮警察の内部では有名な話です。私は、山口がそう悪態をつくのを直接耳にしたこともあります」。 と驚くべき証言をするのは皇宮警察関係者。 「以前、山口が赤坂護衛署の副署長を務めていた時のことです。当時、愛子内親王殿下は、学習院初等科に通学されており、我々は、往復の際の護衛配置についていました。ただ、愛子内親王殿下は時間にアバウトなところがおありで、40~50分の遅刻もよくありました。その際、あまりに遅くて苛立ったのか、山口は私の目の前で“このクソガキがっ!”と言っていました」。 いくら遅刻に苛立とうが、相手は護衛対象である皇族。その任務中に「クソガキがっ!」と吐き捨てるとは、万に一つもあってはならない言動という他ない。

このようなとんでもない不祥事が報じられ、完全に国民からの信用を失墜してしまった皇宮警察ですが、皇宮警察本部の年頭視閲式に天皇陛下と雅子さまは、あえて出席されることで、国民からの信頼回復のためのご助力をされたようです。 雅子さまは“母の覚悟”を固めて年頭視閲式に臨まれていた。 「皇室の方々の護衛を担当する護衛官のことを側衛官といいます。彼らは時間と場所を問わず、常に安全を守るために皆さまの側にいます。お互いの信頼関係がなければ、公務もスムーズに行えません。 またそうした背景から、側衛官人事は護衛対象となる皇室の方々の意向も考慮しつつ行われます。ある皇族が、こんなことをおっしゃっていました。 『家族よりも一緒にいる時間が長く、いつも話をしています。気が合う人でなければ、一緒に行動できません』と……。 雅子さまも同じ気持ちをお持ちだと拝察しますし、一時は大切な愛子さまを傷つけるような言葉が飛び交っていたとしても、失われた信頼関係を再生しなければならないと、かねてお考えになっていたのだと思います。式典での真摯なご姿勢からは、改めてそのご覚悟の強さを感じました」。 不敬幹部に天皇陛下激怒。 こちらの記事では、陛下と雅子さまは“皆さんを信頼しているし、これからもお世話になる感謝の気持ちを表したい”というお考えを示すために、年頭視閲式へ初めて出席することをお二人で決断されたと書かれているのですが、その他に、気持ちを引き締めさせるという意味合いもあったようです。

「実は、天皇陛下は、護衛部長であった山口氏が愛子さまのことをクソガキなどと呼んでいたことを知った際には、大変なショックを受けられておりました。また、同時に、強い憤りの感情を抱かれていたようですね。 陛下は、ご自身のことをお怒りになることは、あまりないのですが、一方で、雅子さまや愛子さまが侮辱されるようなことがあると、大変強くお怒りになることが多いのです。 今回の年頭視閲式には、山口氏も出席していたのですが、どうやら、式が開始される前に、陛下は山口氏は呼び出して、“犯してしまった過ちは仕方ない”として、“このような失態を二度と起こさず、国民からの期待と信頼に応えられるように任務に励んで欲しい”と仰られると同時に、“ただし、このようなことをもう一度でも繰り返せば、決して容赦はしない”ということをそれとなく伝えられたようです」。

このように、陛下がお怒りになられたのも愛子さまを愛するが故の感情であるのかもしれないですね。皆さんは、こうした陛下の毅然とした態度について、どう思いますか? 「最後までご視聴ありがとうございましたー!」 「まだの人はチャンネル登録とー 新着動画の通知を 受け取れるようにベルマークのボタンを押していってねー」 「動画がおもしろければ高評価、 つまらなければ低評価、 どっちでも良いから好きな方押して行けよな」 「それではまた次の動画でお会いしましょう」

Topics #KK夫妻 #ニュース #三笠宮家 #上皇家 #上皇陛下 #久子さま #佳子内亲王 #信子さま #天皇家 #宮内庁 #小室圭 #小室圭さん #小室夫妻 #小室家 #小室母 #彬子さま #悠仁さま #愛子 #皇室 #皇室ニュース #秋篠宮家 #秋篠宮様 #秋篠宮殿下 #紀子 #紀子さま #美智子様 #陛下 #雅子さま