私のチャンネル: https://www.youtube.com/@newsjapanonline5901/videos

年ぶりとなる新年一般参賀が行われましたが、秋篠宮ご夫妻の入場順の無視や、殿下の中央陣取りといったトラブルにより、波乱の一般参賀となってしまいました。 また、佳子さまの派手で毒々しい真っ赤なドレスなども話題となる一方で、愛子さまと雅子さまのさりげないリンクコーデなどもネットニュースで注目を集めていたようです。1月2日に、3年ぶりとなる新年一般参賀が皇居で行われ、天皇、皇后両陛下は上皇ご夫妻や秋篠宮ご夫妻らとー緒に皇居·宮殿ベランダに立ち、訪れた人々の祝意に手を振って応えられました。 成年皇族となった愛子さまにとっては、初めての一般参貨です。天皇陛下は『3年の月日を経て、今日、こうして、皆さんと一緒に新年を祝うことを誠にうれしく思います。いろいろ大変なこともあるかと思いますが、本年が、皆さんにとって、安らかで良い年となるよう願っています。

年の始めに当たり、我が国と世界の人々の幸せを祈ります」と述べられました。 天皇ご一家は大変仲睦まじく、天皇陛下のネクタイと雅子さま、愛子さまの服の色をさりげなく揃えることが多いことで知られています。実は、愛子さま初めての一般参賀となったこの日も、雅子さまと愛子さまは気づかれないくらいさりげなくリンクコーディネートをされていました。愛子さまはペールブルーのドレスをお召しに。上品に立ち上がった襟は、この日最もお若い皇族としてのフレッシュな品格を表現されていました。 一方、雅子さまはエクリュのカシュクール風の切り替えが美しいドレス。ともに表情のある織り地で、色の濃度·トーンを揃え、肩のシルエット、袖の筒の太さ、デコルテのラインや袖口の6つのくるみボタンに至るまで、デザインが似ていらっしゃいます。言われないと気づかないくらいの共通点ですが、母娘の強い絆が感じられます。 雅子さまとしては、初めて一般参賀のベランダに立つ愛子さまを気遣い、またご一家で並んだときの印象を想像されてご準備されたドレスだったのではないでしょうか。

雅子さまはこれまでも、お立場やベランダに並んだときのバランスを考えて一般参賀のドレスをお選びになっていました。 このように、慎ましくも、確かな母娘の絆を感じさせるリンクコーデや、天皇ご一家の神々しいお姿に、ネットニュースのコメント欄では、数多くの称賛コメントが書き込まれています。新年の上皇ご夫妻への挨拶の時、車内の雅子さまと愛子さまは、揃いの帽子とロープモンタントドレス姿だった。 一般参賀の時のロープモンタントは、雅子さまはクリーム色のロープモンタント、愛子さまはライトブル一のチャイナカラーのローブモンタント、袖とバックのファスナ一部分は、クルミボタンで飾っていた。 次の2月23日の天皇誕生日の一般参貨では、どんなコーデが見られるのだろうか。愛子さまは、大学を卒業すると、公務に本格参加になる。新年の講書始の儀や歌会始、宮中晩さん会、圓遊会と宮中行事参加機会も多くなる。雅子さまの過去のドレスを着回しすることもある。 愛子さまのドレスやスーツの着こなし術をもっと見てみたい。天皇皇后両陛下と愛子さまは品の良さと知性と温かさが内面から滲み出ていらして、お召し物も大変素敵でお姿を拝見するだけで幸せな気持ちになります。御一家からは言葉では表現できないくらい素敵なオーラが放たれていらっしゃり、TV画面ではなく実物のお姿を拝見したらより一層オーラが感じられることと思います。 御一家にとって素晴らしい一年になりますように、そして令和の時代が末永く続くようにと願っております。

残念過ぎる秋篠宮家このように、愛子さまにとって初のこ出席であり、また多くの国民を感動させた一般参賀であっただけに、秋篠宮家の振舞いは、一層残念であったと感じてしまいます。 度目のお出ましの際には、秋篠宮殿下が本来愛子さまがお立ちになるはずの、雅子さまの左側に陣取り、愛子さまのお出ましを妨害されていたのですが、その際、愛子さまは、困惑されたような表情を見せながら、殿下を脇に押しのけることとなりました。ですが、どうやら、紀子さまなどは、成人されたばかりの愛子さまが、殿下のことを邪魔くさそうに押しのけられたことに、大変な不快感を覚えられたようですね。 紀子さまは逆切れ「実は、愛子さまが、秋篠宮殿下を脇に押しのけられた際に、紀子さまは、大変激怒されていたようです。そのため、押しのけられた殿下を再度、中央に押し戻すように、押し返されていたのですね。 結局、殿下は、右往左往したまま、愛子さまを押し返されるようなことはなかったのですが、結果として、確かに秋篠宮ご一家が脇に押しのけられるようなかたちになってしまったのは事実です。とはいえ、このような立ち位置になってしまった原因も元を辿れば、美智子さまが無理やり、一般参賀に出席されることを希望され、上皇陛下と共に、無理を言って強引にお出ましになられたことが大きいのですけどね。 なんで狐子が怒るんだよ!!敬宮様は秋篠闇を押してはいませんでしたよ。逆に後ろで戸惑っていらしてました。狐子は秋篠闇を押していましたよね。しっかりテレビに映っていました。

とにかく皿婆とともに雅子皇后様、敬宮様に難癖つけ陥れようとしては、墓穴ほり·巨大ブーメランが返ってくるにも関わらず、また墓穴ほっているけど、相当に知能が低いことを自ら露呈している、哀れ。 しかし当の本人たちはそれさえわかっていない、皿婆は狐子よりは少しは知能はあると思っていたけど、どっこいどっこいって感。今回も何を企んでいたのか、お手振りせず上皇の横でしおらしくしていたつもりなんだが、異様だったし不快だった。もう出てくんなよ!晩節を汚しまくって地の底にいくんだろうけど、因果応報おそらく、最も気の毒だったのは佳子さまでしょう。 佳子さまの姿は一部、窓枠に遮られてしまい。一般参賀に訪れた国民の中には、佳子さまのお姿をよく眺めることができなかった方も多かったようです。

また紀子さまは、一般参賀を終えた後にも、愛子さまへの怒りが収まらず、皇嗣職らの前で”一体、あの小娘は、何のつもりで私たちを端に追いやったの? ちょっと国民から人気があるからといって調子に乗ってるんじゃないわよ”うちの佳子の方がすっと美人じゃない!”あの子の人気も悠仁が東大に入るまでのちょっとした盛り上がりでしかないわ!などと言いたい放題に暴言を吐かれていたようです」愛子さまが秋篠宮を押しのけたとか失礼なことを言わないでください。 愛子さまは映像でもわかるとおり、場所をふさいだ無礼な秋篠宮がどくまでじっと待っておられましたよ。秋篠はキコさんになんか言われて慌てて飛びのいたんでしょ。

無様な宮サマです。秋篠宮殿下が立ち位置を間違え、愛子さまが隣へ誘導し、紀子さまが殿下を押し返す。 一瞬の出来事でしたが、TwitterなどのSNSでは、大変な注目を集め、「佳子さまがグイグイセンターめがけて押している!「危険行為だわ」といったコメントが書き込まれていました。 皆さんは、このような秋篠宮家のやりたい放題のご振舞いについて、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。 本日も最後まで動画を見ていただきありがとうございました。また皆さんに感じたこと意見などをコメントしていっていただけら嬉しいです。もしよろしければ評価などもお願いしますでは次回の。

Topics #KK夫妻 #ニュース #三笠宮家 #上皇家 #上皇陛下 #久子さま #佳子 #佳子さま #佳子内亲王 #信子さま #天皇家 #宮内庁 #小室圭 #小室圭さん #小室夫妻 #小室家 #小室母 #小室氏 #彬子さま #悠仁 #悠仁さま #愛子 #皇室ニュース #眞子さま #秋篠宮家 #秋篠宮様 #秋篠宮殿下 #美智子さま #美智子様 #雅子さま