事件が起きる!!紀子の黒い交友関係を職員が暴露。

0

昨年まこさんが巻き起こした前代未聞の強行結婚により、国民の信頼を完全に失った秋篠宮家。 現在その信頼を回復しようと懸命に公務に励まれているのですが、 残念ながら効果のほどはあまり感じられないようです。 そんななか、 12月3日にある小学校の開校150周年記念式典に出席されたキコさまが、 とんでもない礼儀作法を小学生に強要したらしいのですが··いったいどういうことなのでしょうか。 今回はそちらについて書かれた記事を見つけましたので、 紹介と詳しい解説をしていきます。 まず1つ目は、ひさひとさまに関する話題をお届けします。 ここからは一部引用を含みます。 さて、 今年4月から都内有数の進学校の一つである筑波大附属高校に進学されたひさひとさま。 入学した経緯もさることながら、 ひさひとさまの成績が芳しくないなどといった報道が今年は相次ぎました。 実際に同級生との実力差を実感されるタイミングもあるのではないかと、 内情に詳しい宮内庁職員は次のように述べています。 「いささか意地悪な言い方をすれば、 同学年の生徒達と比べてひさひとさまの成績が低いのは周知の事実ですから、 推薦されるわけがないだろうという指摘があったのは事実です。 さらに踏み込めば、 その成績が筑波大附属高で通用するものなのか否かが注目されてきました。 そんな逆境の中で迎えた入学から半年が経過した10月以降、やはりひさひとさまの成績が芳しくないのではないかとの報道が相次いだのです。 私がこれまで聞いた話を総合すると、 思ったよりも大学合格につながる成績向上につながっておらず、 逆に同級生らのレベルの高さを改めて感じられているという状況のようです。 筑波大附属高に進学される際に懸念材料として取り沙汰されていた、 同級生との実力差が持ち上がってきているということなのかもしれませんもともと、 お茶の水から筑波に移る決断をした時点で、 それはある意味で予想されたことなので、 現時点で悲観することなど全くないのですが··· どうやらひさひとさまご自身は、 少し気にされているようなのです。 先ほど触れた報道では、ひさひとさまのほかにキコさまもナーバスになられているとの指摘もありました。 さらに、 キコさま自身がひさひとさまを東大へという希望を持たれているという報道もされていますが、 その真偽のほどはともかく、 母親としてもう少し勉強に打ち込んでほしいとの思いがあるのは事実なようです。 確かに母親がわが子の成績に一喜一憂するというのは、 どこにでもある話かもしれませんが··· 肝心のひさひとさまは今、 少し反抗期のような状況とも伝え聞いています。 あの世代なら普通にあるようなことだと捉える人もいるのですが、 成績面で結果が伴っていないことについて不甲斐なさを感じられているとの見方もあるようです。 いずれにせよ、 勉強を嫌がるような姿勢があるわけではなく進学先が決まるまでまた時間の 猶予がありますから余裕を持って臨んでもらえたらというのが我々職員の願いなのですが···」以上が1つ目の記事の内容です。 なんといいますか、 提携校進学制度を使って無理に筑附に押し入れた時点で、 悪い結果になるのは予想された事態だと思いますよね。 しっかりと入学する前から計画を立てて、 自分の実力で入学して自己実現するならば、 それは大変素晴らしいとだったはずです。 国民も納得したでしょうし喜ぶ状況になったでしょう。 しかし、 実際のところはキコさまの欲望が最優先され、 実力不足なのに何から何までお膳立てされて筑附高に進学したわけです。 最近はひさひとさまが反抗期を迎えているといった報道も多くなってきていますが、そうした報道がされる原因は、 母親の問題が大きい気がします。 親が子の品格を損ねるような真似ばかりして、 いったいキコさまは息子をどうしたいのでしょうか。 再びノブレスオブリージがないと受け取られかねないし、 愛情と甘やかしを履き違えるのはひさひとさまの教育にも良くないから、 絶対にやめるべきですよね。

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *