コロナウィルス感染拡大の影響も落ち着きを見せる中、秋篠宮ご一家は、これまで以上に様々な公務に積極的に取り組まれているようです。そうした公務の中の一つに、宇都宮市の県立特別支援学校宇都宮青葉高等学園の視察がありました。

秋篠宮ご夫妻は28日、第22回全国障害者スポーツ大会開会式出席などのため、栃木県を訪問された。1泊2日の日程で、この日は宇都宮市の県立特別支援学校宇都宮青葉高等学園を訪れ、軽度の知的障害がある生徒たちが就労に向けて実習する様子を視察した。

2年生の生徒6人が参加し、車いすに座った要介助者役の生徒をベッドに安全に移す練習をした。近くで見守った秋篠宮さまは「難しいですか」と尋ねていた。

その後、県農業大学校に移り、最先端技術を使った温室で、収穫期を迎えた名産のイチゴの状況を見て回った。

宿泊先のホテルでは、大会に臨む栃木県選手団の激励会に出席した。

この秋篠宮ご夫妻の特別支援学級ご訪問の報道に関して、ニュースサイトのコメント欄では、「一体、何のために訪問したのですか?」「お車代目当ての点数稼ぎではないか?」といった厳しい意見が数多く書き込まれることとなりました。

特別支援学級(自情障)の担任をしています。「難しいですか?」…秋篠宮さんは この生徒たちの何を知りたいのですか?事前に支援学校の事を調べて この「見学」に臨んだのですか?この生徒たちの日々の生活や それを支える親御さんや学校職員のご苦労も多少は理解しているのですか?全く何の意味も無い訪問です。

順序として、秋篠宮はこのような特別支援する学校の視察に出て当たり障りのないコメントを述べる前に、ひさひと坊ちゃんの様子を国民に明らかにする方が先に思います。

国民の理解や支持を得られたいのであれば、そこから全てを見直した方が良いと考えます。

えっ?何の為に見学(視察)しに行ったの?

いって何かしてくれるの?

なにもしないのに、ただ見に来ただけならじゃまだなぁって思ってしまいそう。

批判殺到の秋篠宮ご夫妻の特別支援学級訪問ですが、このご夫妻の栃木県訪問の後に、秋篠宮家の食卓では、少々気になる会話もなされていたようです。

「普段は、あまり喋ることもなく、無言のまま、黙々と食事をされる事の多いひさひとさまですが、この日は、ご夫妻の公務の内容について、その様子について詳しく質問し、熱心にご夫妻の話をお聞きになられていたそうです。

そして、特殊学級の生徒らが、それぞれのハンディキャップを抱えながらも、生徒たち皆が仲良く学校生活を送られているということをご夫妻が語られた際に、ひさひとさまは、突然、目に涙を浮かべられながら、“支援学級なら僕にも友達ができたのに”などと仰られているそうです。

すると、突然、ご夫妻は気まずそうなご様子で、そわそわしはじめ、その後、周囲の職員らに、ちょっとひさひとと大事な話があるので、席を外して頂けないかしら、などと仰り、ご一家以外の職員などは皆、部屋から外に出してしまいました。

ただ、部屋を追い出された職員が語るところによると、この時には、“アナタを普通に育てたかったのよ”とすすり泣きしながら、仰られるキコさまの声が部屋の外まで届いていたそうです」(秋篠宮家関係者)

ひさひとさま涙のわけは?

果たして、何故、ひさひとさまは、突然「支援学級なら僕にも友達ができたのに」などと仰られたのでしょうか?その理由について、この秋篠宮家関係者は、次のように語ってくれました。

「まず、始めに、ひさひとさまにご学友がおられない、というのが第一の理由として挙げられます。それから、考えられる可能性としては、一部ネット上で繰り返し噂がなされているように、ひさひとさまが発達障害などの何らかのご病気を抱えられていること。

それから、学校での成績があまりにも悪すぎるうえに、そのような悪い成績について、キコさまから大変厳しいお叱りの言葉を受けてしまったために、“自分は頭に障害があるのかもしれない”と考えてしまったという可能性もあります。

特に、筑附に入学して、最初の中間試験で、学年最下位の成績を取られた際には、キコさまは大変お嘆きになり、“なぜ、アナタは、そんなに頭が悪く勉強ができないのですか?”“これでは、私がどんなに努力しても東大に入学させられないかもしれないですよ”などと執拗になじられたそうですから、ひさひとさまがすっかり自信喪失し、自分は頭に障害を抱えているのではないか?という被害妄想のようなものを抱かれてもおかしくはないでしょう」(前出の秋篠宮家関係者)

果たして、ひさひとさまが、なぜ、「支援学級なら僕にも友達ができたのに」などと仰られたのか、その正確な理由は定かではないのですが、「ひさひとさまは発達障害なのではないか?」という疑惑に関して、ネット上では次のような噂話も広まっているようです。

第一に、ネット上で、流れていた、キコさまとひさひとさまを都内の発達障害等の専門の病院で見たという目撃情報です。

第二に、ひさひとさまが小学生の頃に、特別支援教育の専門家である竹内恵子先生が運動会の見学に来ていたことです。

ひさひとさまの状態を確認するために、福井大学の元准教授で小児科医の竹内恵子先生が、ひさひとさまの運動会のときにやってきたそうなのですが、この竹内恵子先生は言語聴覚士、発達心理士、そして特別支援教育の専門の先生なので、ひさひとさまの状態を観察するために来たのではないかと噂されています。

また、この運動会では、ひさひとさまが大玉送りで、一人ボーっと宙を眺める様子も写真に撮られていたため、こうした噂は、真実ではないかとしてネット上で広まることとなりました。

第三に、ひさひと様が現在通われているお茶の水女子大付属小国立大学法人の附属学校が「教育実験校」として、健常児と知的障害者が一緒に学ぶ「統合教育」を試されていることです。

そのため、お茶の水女子大学の附属校では、中学生でありながら、幼稚園児レベルの授業を受けることもできるそうです。

果たして、事実なのか、妄想なのか?皆さんは、ひさひとさまの障害疑惑について、どちらが真実なのだと思いますか?

この問題に関するいくつかのオンライン意見は次のとおりです。

まず、発達障害と勉強が苦手なことはイコールではないと思うのですが。
お父上も勉強が大変苦手でいらしたようなので、単に似ただけなのではないでしょうか?

そんなに東大にこだわるなら、お母様が勉強してご自分が東大目指したら良いと思います

特別支援学校に行かなければいけないほどの障害をひさひとさまがお持ちならば、やはり普通学級はしんどいと思います。ましてや筑附高校は進学校ですから余計しんどいはずです。
しかし、そんなに不正を積み重ねては、もう仮に特別支援学校に代わられてもしんどいと思います。
秋篠宮家の悪事はもう明るみに出てしまっていますから。

もう特別支援学校に行くと他の生徒にご迷惑をおかけすることになりますし、散々人様にご迷惑をかけて入学した筑附ですから、しんどかろうがひさひとさまは我慢するしかありません。

自宅学習が一番でしょう。
特支に入るにしても、クラスでちゃんとやっていけるように、協調性などを身につけてからにするべき。