小室圭さんのニューヨーク州司法試験合格の報に隠れがちですが、秋の深まりとともに皇族方の公務も活発化しています。新型コロナウイルスの猛威も和らぐ中、皇族方の日常も戻りつつあります。

天皇皇后両陛下は、10月22日から23日まで、即位後初めて沖縄を訪問され、国民文化祭の開会式に臨席されました。

「コロナ禍などの諸事情があったため、今年5月15日の「沖縄復帰50周年式典」に天皇皇后両陛下は現地参加できず、リモート参加にせざるを得ませんでした。今回の訪問で戦没者慰霊にも赴かれており、昭和・平成から受け継がれた皇室と沖縄の深い結びつきを再確認させるものです。とくに雅子さまはご体調を一月前から整えられ、この度の沖縄訪問に臨まれたと伺っています。現地でも多くの市民が、天皇皇后両陛下の麗しいお姿に感動の声をあげています」(宮内庁関係者)

天皇皇后両陛下の崇高でありながらも仲睦まじいお姿に、SNSでは「皇后雅子様こそ慈愛のお方と言えるでしょうね。平成のどなたかは今となれば自愛でしたが」「今上天皇御一家がいつまでもお元気で令和が長く続く様願っています。日本国民を脅かすあの一家は破壊の一家です。皇統を移したら終わります」など、平成から令和に続く皇室の複雑な内情を吐露する声が多く聞かれた。

また、かこさまは10月28日、春日・若宮神社で、ご神体を戻す祭式に臨席されました。今年秋からのかこさまの活躍は目覚ましく、9月10日は「高校生の手話によるスピーチコンテスト」に、9月14日は眞子さんから引き継がれた「日本伝統工芸展」などなど、合計七つの公務に参加されています。昨年までは「かこさまは公務嫌いでダンスばかりしている」と批判されていましたが、かこさまに何が起きたのでしょうか? さる皇室ジャーナリストは次のように推測します。

「かこさまの豹変ぶりにはマスコミも驚いております。かこさまは皇籍離脱をして一般国民になりたいと切に願っており、皇族として勤める公務が大嫌いです。今更、公務が好きになったりすることはないでしょう。おそらく、臣籍降下した後に悠々自適に暮らせるようになるために、今のうちに荒稼ぎしておきたいのではないでしょうか」(皇室ジャーナリスト)

たしかにヤフコメやSNSを見ても、かこさまの公務を好意的に評価する声は、ほとんど聞かれませんでした。見せかけだけの慈愛は、美智子さまと同じく“自愛”であることを国民はしっかり見抜いているようです。

秋篠宮で珍事

このように秋の公務が平常運転される中、珍事件が起きたのは秋篠宮家の公務です。

秋篠宮ご夫妻は28日、29日に開幕する第22回全国障害者スポーツ大会の開会式に出席するのにあわせて、宇都宮市京町の特別支援学校・宇都宮青葉高等学園を訪問し、福祉実習を視察されました。

「障害者福祉は近代皇室が代々受け継いできた重要な公務です。ご夫妻は特別支援学校で、障害のある生徒たちが介護実習の授業に取り組む様子を見守り、殿下は「大変ですね、頑張ってください」などと声を掛けられました。

またキコさまは、殊の外、障害者福祉に熱心で『どのような勉強法をさせているか』『一般社会で溶け込んで生活させるにはどのような工夫が必要か』『大学受験はどのように対策しているか』など熱心に質問されていました」(同前・皇室ジャーナリスト)

このようなキコさまの余りの熱心さに、特別支援学校の関係者は「ぜひ、ひさひとさまも来てください」と言ってしまったのだそうです。

「あくまで、この学校関係者は『公務として特別支援学級の視察に、ひさひとさまも来てください』と言ったのですが、何を思ったのかキコさまは『ひさひとさまを特別支援学級に入学させてください』の意味だと誤解されたようです。大変、狼狽され『あなた、何てことを言うの!ひさひとは、まだ大丈夫です』『ひさひとはショーライのテンノーです!』と絶叫され、周囲を凍りつかせました。なぜキコさまがここまで過剰反応を示されたのかは謎ですが、ひさひとさまに何かあるのかもしれませんね」(秋篠宮家付き宮内庁職員)

この珍事は、ヤフコメ上でも話題になっており、「ひさひとさまのヒミツと関係しているのは明白でしょ」「キコさま必死だな、もうもう分かっているのだから隠さなくてもいいのに」と同情の声が集まりましたが、数日後にはこれらコメントは一斉に削除されました。

しかも同日、ヤフーは、記事へコメント投稿するためには、アカウントと電話番号の紐付けを義務化することを発表しました。このような一連の流れにSNSでは、「秋篠宮家の言論統制が強まっている」との声が上がっています。

ひさひとさまの日常

さて、そんな噂の渦中にいるひさひとさまですが、どのような日常をお過ごしなのでしょうか。かつて『週刊新潮』には次のように内情が暴露されました。

放課後、ひさひとさまが宮邸に帰宅なさると、ご学友の代わりに職員が遊び相手になるといい、

「トランプなどカードゲームのお相手を務めるのですが、ひさひとさまは負けると途端にご機嫌を損ねられ、感情を露わになさいます。そのため職員は、わざと負けて差し上げることもあるというのです」

「このころと今もひさひとさまの状況は変わっていません。キコさまが偏差値偏重の教育ばかりなさるのでなさるので、情緒面で不安定なところがございます。このごろは囲碁や将棋に熱心なのですが、職員相手に全戦全勝の状態です。ですがひさひとさまは『オレのご機嫌を取ろうと、わざと負けたんじゃないのか!?』と声を荒げることも多く、わざとらしくない負け方をする演技が大変です。

もちろんひさひとさまは思春期ですし、反抗期の一種だと信じたいのですが…。ひさひとさまには皇位継承などという大任を背負って気を病まれるのではなく、引退され、のびのびと沖縄あたりで猫や犬に囲まれて過ごされるのが幸せだと思うのですが…」(同前・秋篠宮家付き宮内庁職員)

秋篠宮家が抱える難題は、小室夫妻だけではなく、ひさひとさまの健康な成長も前途多難のようです。国民が望む愛子天皇が実現すれば、すべて解決するのですが…。

この問題に関するいくつかのオンライン意見は次のとおりです。

ひさひとさまが特別支援学校に行くと他の人に大変なご迷惑がかかります。

特別支援学校は、心身に病があったりする方が行く学校です。そこへ通う親達は、「常に神経を使っています。」
もちろん、そこへ通う子供もそうです。

ひさひとさまが通学使用がしまいが関係ありません。
「特別支援学校は、健常者が通う学校より親子して神経を使う場」なんです。

こんな非常識不正だらけの秋篠宮家ややりたい放題盗撮野郎ひさひとが行くなど、言語道断です。

特別支援学校に通う子は、小さいころから社会性のトレーニングを積んで、親子ともども頑張っている子たちだろう。
そういうところに、トレーニングを全く受けておらず、甘やかされてダメになった子が行ったら、かなり迷惑ではないのか。

だからもう国民は「お察しする」ではなくて、「お察ししている」なのに。
でも10月末の公務で『ひさひとはショーライのテンノーです!』と絶叫したということは、やっぱりキコはヒサを将来の天皇にする予定で、そして、秋は11/30のお誕生日会見で即位辞退を宣言する可能性がある。
こうなるとやはり皿&キコは、このままヒサを皇位継承第一位にするつもりなんですね。
でもそんなこと、遺伝的な障碍を抱えているヒサが持ちこたえられるはずがないのに。
本当にそこのところをどうするつもりなんだろう。